湯灌(ゆかん)に親族が立ち会いをして、納棺の儀を終えるまでに必要とされる時間は約1時間から1時間半ほどになります。

 

よく、「エンゼルケア」と同じことだと勘違いされる方もあるのですが、こちらは病院などで施してくれる基本的な処置の事で、止血をしたり体の水分が漏れないようにと、看護師さんが施してくれます

 

病院によっては、メイクやお好きだった服へのお着替えもしてくれるところがありますが、この処置料は病院への支払い料金に含まれているようです。

 

ちょっと豆知識

葬儀担当葬儀担当

もともとは外国の火葬しない国で宗教的な儀式として行われていたんですよ。

あなたが湯灌に立ち会う機会はそうそうありませんよね。湯灌にはどのようにして施され、どんな意味があるのか見ていきましょう。

 

湯灌に親族が立ち会いそして納棺の儀


湯灌に親族が立ち会い、そして納棺の儀を行うにあたっては、湯灌師を依頼することになりますが、プロの技もさることながら、あなたと一緒にお体をきれいにしたり、メイクをほどこしたり、着替えを手伝っていただくことで、これまでの感謝と労いを伝えることができます

湯灌の意味

現世の汚れを落とす

湯灌の「湯」とは入浴を意味します。あなたが一日の疲れを癒すためにお風呂に入るのと同じように、この世の汚れを洗い落とすために施されます。

新たな来世への生まれ変わり

赤ちゃんが生まれた時に産湯に浸かるように、新たに来世へ生まれ変わるためにという願いが込められた儀式でもあります。

衛生面での役割

ご遺体は、亡くなったときから腐敗が進すみます。治療のため多くの投薬があった方は腹水が溜まっていたり、皮膚が変色したりしますので、故人を美しい姿でお見送りするためにも、湯灌が必要な場合があります。

 

しかし、湯灌は必ずしも必要な儀式ではありません。経験上、5割くらいの方が希望されているような感覚ですよ。

湯灌の種類と親族の役割

初めに、湯灌の種類についてですが、

 

1.バスタブを持ち込んで本格的に湯船に浸かっていただく「湯灌(ゆかん)」

こちらは、故人の肌を見せないようにタオルをかけ、浴槽に移します。

 

次に、ご遺族や親族の方々に交代で「逆さ水(さかさみず)」とよばれる適温のお湯を故人にかけ、体を清めるやり方で、「最後にお風呂に入ってさっぱりしてほしい」と望まれる方に好評です。

 

しかし、ご高齢で皮膚が弱い方は剥離(はくり:皮膚がめくれてしまうこと)が起こる可能性がありますので、注意が必要ですよ。

 

2.清拭(せいしき)と言って、アルコールを含んだ脱脂綿で体を拭く「古式湯灌(こしきゆかん:簡易湯灌)」

 

こちらは、湯船には浸からず、アルコールを含んだ脱脂綿で体を拭いて、お体をきれいにします。

 

どちらも、ご遺族や親族の方々にお手伝いをいただきながら、今までの感謝を込めてしっかりと清めてあげましょう。

 

身体を清め終わったら故人を布団に移し、白い着物や生前お好きだった洋服に着替えさせて身支度を整えます。

 

髪をセットしたり、男性の方でしたらひげを剃ったり、女性の方はお化粧をしたりなどをして、故人を美しい生前の姿に整えます。

 

新人さん新人さん

女性の方は10歳は若返ります!

湯灌の料金

1.バスタブを持ち込んで本格的に湯船に浸かっていただく「湯灌」は、目安としては10万円から。

 

2.清拭(せいしき)と言って、アルコールを含んだ脱脂綿で体を拭く「古式湯灌(簡易湯灌)」は、6万円からと、決してお安くはありませんので、費用とご相談ください。

 

また、湯灌は葬儀プランに含まれていないことがほとんどですから、葬儀社に料金を確認し、不要なトラブルは避けて下さいね。

 

また、葬儀社によって、湯灌師との契約内容が異なるため、費用もさまざまであることが実情です。

 

葬儀費用に比例して、葬儀代の設定が高い葬儀社であれば、湯灌の料金も高くなる印象です。

 

葬儀の総額がわかった上で、湯灌をするのか、できるのかを考えたいものですよね。

 

このような時には、あなたの近所にある葬儀社から無料で見積もりを取り寄せることができるいい葬儀を利用してください。

湯灌後の納棺の儀

湯灌を終えると、次は「納棺の儀」になります。

 

もし、白い着物を召されたのであれば、加えて、旅支度を整えることになります。

 

水戸黄門を思い出していただくと、分かりやすいかもしれませんが、手の甲を覆っている手甲(てこう)、足には足袋(たび)、足のすねには脚絆(きゃはん)を付けて、昔は旅をしたようですね。

 

これと同じものを、故人にも着せるのです。

 

おっと、忘れてはいけないものが、まだあります。三途の川の渡し賃「六文銭(ろくもんせん:昔のお金)」も、一緒に入れてください。

 

新人さん新人さん

今は本物の六文銭がないので紙に印刷したもので代用をしています。

旅支度が終わったら、ご遺体を棺の中へそっと納め、お休みしていただきます

 

副葬品として、故人が使っていたものや、好きだったものを入ることもできます。この場に持って来るのを忘れても、後からでも入れることができますから大丈夫ですよ。

 

最後に、ご遺族や親族の方々によって柩(ひつぎ)の蓋を閉じ、これで湯灌、納棺の儀が終了します。

 

いい葬儀社の見つけ方


湯灌も含めて、希望する葬儀をできるだけ安く済ませたいと誰しも思うことなのですが、成功に導く方法は一つしかありません。

 

葬儀担当葬儀担当

いい葬儀社を見つけることです。

 

葬儀を依頼した葬儀社に「儀式の段取りや手配」を全て任せてしまうことになるのだから。

 

いい葬儀社とは、あなたの希望を叶えてくれる葬儀社のことなのですが、湯灌の流れや費用についてまで、考えが及ばないのは仕方がないこと。

 

だからこそ、葬儀社を見分けたいものです。

 

葬儀社へ一社ごとに電話をして尋ねるのも一つの手ではありますが、時間がかかってしまいます。

 

このよう時は、葬儀社の紹介をしてくれるいい葬儀へ電話をしてください。

 

あなたに代わって、近所にある葬儀社の見積もりを調べてお伝えします。1件だけではなく2~3社は比較をするのに必要でしょう。

 

2~3社の葬儀社の見積もりが電話1本で済ますことができるのですから、利用しない手はないということ。

 

葬儀担当葬儀担当

安心してください、もちろん無料です。

 

どうして、いい葬儀を勧めるのか気になりますよね。理由は簡単です。私が勤務している葬儀社とも取引があるからです。

 

取引があるからといって、忖度(そんたく)しているわけではありません。なぜなら他にも葬儀社の紹介をしている会社があり、付き合いもある中で、やはりいい葬儀を利用することが一番良いと感じているからです。

 

いい葬儀が選ばれている理由は3つ。

 

  • 直接、葬儀社と話をする前に葬儀社の情報をもらえること。
  • あなたの近所にある葬儀社の比較が一度にできること。
  • わからない事や疑問にもすぐに答えてくれること。

 

電話をすると、2~3件の葬儀社の見積もりが届くわけですが、私が勤めている葬儀社もこの中の1社になることがあります。

 

だからと言って、弊社に葬儀依頼が来るとは限りませんが、このような時には「要望が叶う葬儀社が他にあったのだ」と、残念に思う反面、安堵する気持ちもあります。

 

短時間で葬儀社の比較をすることができるこの仕組みは、後悔しないお葬式を行うための始めの一歩なのです。

 


あなたの要望を叶えてくれる葬儀社は、創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介「いい葬儀」で見つかります。

葬儀担当葬儀担当

24時間、いつでも大丈夫ですよ。

 

まとめ

 

  • 湯灌の意味は「現世の汚れを落とす」「新たな来世への生まれ変わり」「衛生面での役割」である。
  • 湯灌は必ずしも必要ではない。
  • 湯灌は葬儀プランに含まれていない事が多い。
  • 納棺は遺族、親族で行うことが望ましい。

 

 

葬儀担当葬儀担当

湯灌という儀式は、送る側に心のけじめをくれる作法とも言えるでしょう。