夜中に亡くなった場合の通夜はいつできるのかがわからないと、家族や親族に連絡のしようもありません。

 

しかし、亡くなってからいつまでに、お通夜、葬儀を行うという決まりはないのです。とは言え、ご遺体を何日も安置しておくわけにはいきません。

 

一般的には、亡くなった日を1日目とすると、2日目の夜に通夜、3日目の午前に葬儀・火葬を行うことが多いのですが、亡くなった時間はいつなのかで、1日ずれることもあります。

 

そして、通夜の日程を決める時、気をつけるポイントは4つ。

 

  • 希望の式場は空いているのか?
  • 火葬場(斎場)を予約できるのか?
  • 宗教者の都合は付くのか?
  • 家族・親族のスケジュールは?

 

何よりも、

葬儀担当葬儀担当

死後24時間以上経過しないと、火葬をしてはいけないという法律があります。

こちらも含めて、亡くなる時間によって、通夜の日程がどう変わるのか、「家族葬」を行う前提で、見ていきましょう。

 

参考:【葬式の流れ】葬式の日数は亡くなってから何日後?日程の決め方ポイント5つ

 

亡くなる時間によって通夜ができる日は違う


亡くなる時間によって通夜ができる日は違うのですが、「当日、通夜ができるのか、できないのか」をあなたが見分ける方法が1つ!

 

それは、死亡診断書に書かれている「死亡時間」を基準に考えます。

 

突然の出来事に、あなたの焦りが少しでも減らせるように、わかりやすく、時間ごとに解説します。

 

夜中に亡くなったっら

夜中に医師より臨終が告げられた場合。

死亡診断書記載時間:19日22時00分~20日5時00分

 

こちらの場合ですと、20日のお通夜が可能です。時間的にも問題はありません。

 

葬儀社へ連絡をしてから、1時間ほどで寝台車が到着し、そこから、ご自宅、又は葬儀社の安置室へ移動するのですが、20日の通夜をご希望であれば、そのまま葬儀打ち合わせとなります。

 

気がかりなのは、あなたの体力です。

 

睡眠不足のまま、これから、葬儀打ち合わせ、住職への連絡、家族や親族への連絡が始まること。

 

但し、住職への連絡ですが、住職との付き合いが、深かったとしても、朝の6時を待ってから連絡をしましょう。

 

加えて、先ほども話したように、希望の式場が空いていて火葬場(斎場)の予約ができて宗教者の都合が良く家族・親族のスケジュールが整うことで20日の通夜が可能になります。

早朝に亡くなったら

早朝に医師より臨終が告げられた場合。

死亡診断書記載時間:20日5時00分~20日8時00分

 

こちらも、慌ただしくはなりますが、何とか20日に通夜ができます

 

あなたには、死亡届の記入を1番にお願いすることになります。

 

これは、役所へ申請し、火葬許可書を20日の内に手元に持つためなのです。

 

「通夜に火葬許可書なんて、いらないのでは」と思われるのですが、20日の通夜、21日の葬儀・火葬をする場合、この20日に役所への申請を済ませる必要があのです。

 

 

新人さん新人さん

役所への申請は葬儀社で行いますよ。
火葬許可証の発行に1時間はかかります。

この後も、葬儀打ち合わせが続き、親族も近い人なら、故人のお顔を見にみえるでしょう。こちらの対応にも追われることになります。

 

葬儀社としては、通夜が始まる、18時から、又は19時に間に合うように、花の手配や式場飾り、スタッフの配置など急ピッチで事を運びます。

正午ごろ亡くなったら

お昼前後に医師より臨終が告げられた場合。

死亡診断書記載時間:20日10時00分~20日13時00分

 

こちらは、通夜・葬儀の内容によっては、20日の通夜が可能です。

 

しかし、いくら家族葬とはいえ、30名近くになり、家族、親族以外に、会社関係の代表者や、町内会などが参列する場合は、手配が整わないことが起こります。

 

葬儀社によっては、初めから20日の通夜をお断りしているケースもあるでしょう。

 

但し、20日の通夜、21日葬儀・火葬を1日延期すると・・・

 

21日の通夜、22日の葬儀・火葬となりますが、もしも、22日が友引であった場合は火葬場が休みになるところが多いため、当初の20日通夜を行うかもしれません。

 

それでも、20日通夜が難しい場合は、さらに日にちが延びて、22日の通夜、23日の葬儀・火葬になるのです。

夕方に亡くなったら

夕方に医師より臨終が告げられた場合。

死亡診断書記載時間:20日15時30分以降

 

この場合は、20日の通夜を行うことはできません。

 

葬儀社の手配が間に合わないという理由ではなく、なぜなら、21日に火葬ができないからです。

 

冒頭にも書きましたが、死後24時間以上経過しないと火葬をしてはいけないという法律に則ると、20日の15時30分から24時間後は21日の15時30ですね。

 

一見できそうにも思えるのですが、各火葬場(斎場)の受け入れ時間が、遅いところで15時30分、多くは14時までで終了するためなのです。

 

ですから、20日は仮通夜、21日に通夜、22日に葬儀・火葬となります

地域の風習について

通夜、葬儀の風習は地域によって様々あり、地域に根付いた形で進化をしています。同じ県内でも、亡くなったその日に通夜はするものだというところもあれば、亡くなった時間が早朝であっても、通夜は翌日だ、というところもあります。

 

地元の葬儀社は、このことをよくわきまえて、通夜の日程を案内してくるでしょう。

 

参考:葬儀社の選び方探し方!葬儀屋のおすすめポイント決め方は7つ

 

まとめ


このように、亡くなられた時間によって、通夜ができる日が違ってきますが、案内した内容は、全て、最短で整える内容です。

 

もう1日、故人と長くいたいと思われるのでしたら、希望は叶いますよ。

 

通夜を行う日に決まりはありませんから。

 

  • 夜中に医師より臨終が告げられた場合は、通夜が可能。
  • 早朝に医師より臨終が告げられた場合も当日、通夜が可能。
  • お昼前後に医師より臨終が告げられた場合は、葬儀内容によっては、通夜が可能。
  • 夕方に医師より臨終が告げられた場合、通夜はできません。

 

 

葬儀担当葬儀担当

通夜の時間に詳しく、人数と予算に合わせて対応できる地元の葬儀社を知りたい方はいい葬儀へお電話ください。今すぐ無料で紹介できます。