通夜は、何時から始まって何時まで行われるのが一般的なのかと、疑問を抱いている方も多くいらっしゃいます。

 

そして、家族葬だから開始時間が早い方が都合がつくのにな、とも。

 

通夜を行うスケジュールは、寺院の都合と、葬儀社との打ち合わせで決まりますが、

 

葬儀担当葬儀担当

一番多い時間帯は、18時から、もしくは19時からですよ。

そして、一般的に通夜が開始される時間が、18時からや19時からなのは、仕事終わりでも、駆けつけることができるように配慮した時間でもあります。

 

しかし、どうでしょうか?家族だけなら、家族の都合で決たいものですよね。

 

本来、通夜というのは、遺族、近親者のみで夜を通し行い、故人との最後の別れを惜しむための儀式です。

 

ですから、こちらに則った考え方で、通夜をするのであれば、もう少し早めの時間でもある夕方頃に設定することも可能に思えるのですが、実はそこには、ある事情が隠れているのです。

 

ある事情とは?それはこちらです。

 

通夜は何時から何時まで


通夜は、何時から始まって、何時までに終わるのか。知っておきたい理由は、その前後に、それぞれの方の予定があるからでしょう。

 

葬儀の日程は、突然の知らせで事が運びますので、どなたにも都合がいい日取りで行われるとは限りません

 

まずは、通夜の流れから順にみていきましょう。

通夜の流れ

ここでは、家族や親族だけの少人数で通夜を行った場合について、流れを解説します。

 

概ねですが、通夜が始まる30分前には、通夜の流れや、焼香方法を司会者もしくは葬儀担当者から説明があります。

 

そして、通夜の流れは、

時間
式場集合 1時間前
通夜式 40分
通夜食 ふるまい 1時間~2時間
合計 約3時間~4時間

 

こちらで示した時間が大きく変わることはありません。

 

導師によって、読経や法話の時間が前後しますが、通夜を始める時間は、家族、親族が、集まれる時間を選ぶことが重要です。

 

参考:【葬式の流れ】葬式の日数は亡くなってから何日後?日程の決め方ポイント5つ

住職の都合

あなたは、お付き合いがある住職がいますか?連絡先を教えて下さい。

 

葬儀社は、仕事の依頼をいただいた時に、真っ先に考えることが3つあります。

 

  • 式場は空いているのか?
  • 住職の都合はどうなのか?
  • 火葬場(斎場)の予約できる時間帯は何時なのか?

 

葬儀担当葬儀担当

この3つが決まれば、葬儀全体の8割、段取りが付いたと言っても過言ではないのです。


この中に、住職の都合がありますよね。

 

いくら、こちらが希望する日程で進めたいと思っても、住職の都合がつかなければ、日程を変更するしかないのです。

 

ですが、希望日を伝えることで、今ある予定を別の時間にできないものかと、検討される住職も少なくありませんよ。

葬儀社の都合

先ほども話をした、葬儀社が葬儀依頼をいただいた時に真っ先に考える3つの内の1つ、「式場は空いているのか」が、通夜の時間を決めるのに影響してきます。

 

式場は、希望通り通夜・葬儀の日程で使えるとして、あなたが通夜を早めの16時から行いたいと思っても、その日に、葬儀を行っている別の家族がいるかもしれませんよね。

 

例えば、16時からお通夜を始めようと思うと、その式場準備を少なくとも2時間前から始めなくてはならないのです。

 

葬儀担当葬儀担当

ですが、希望が叶うときもありますよ。

なぜなら、葬儀社所有の式場であれば、空いてさえいれば、早く通夜を始められるかもしれません。

 

しかしこれが、公営式場になると、通夜の準備時間を指定されているので、ほぼ許可はしてもらえないと考えた方がいいでしょう。

 

どの葬儀社にも自社の葬儀プランを紹介しているパンフレットやホームページがありますが、この中の「式場費」の欄には、「通夜、葬儀・告別式 2日間の式場費 〇〇万円」と記載されています。

 

この2日間?確かに日付をまたぐので2日間という表記は間違ってはいないのですが、通夜は夜に始まって、翌日の午前中には葬儀を終えて火葬場(斎場)へ出棺しますので、実際にあなたが式場にいる時間は24時間以内なのです。

 

どちらの式場も、夕方から通夜の飾りを始めて、翌日の遅くとも14時までには出棺を終え、そして、その日の夕方、また通夜の飾りをする。

 

このサイクルで、365日、葬儀社は動いているのです。

通夜を始める時間を決める

あなたが希望する早めの通夜は、条件さえ整えば、何の問題もありません。

 

葬儀社所有の式場に空きがあり、住職の都合も良く、家族の予定も合うのであれば、むしろ早めの通夜をお勧めしたい。

 

それは、このような理由からです。

 

ある家族のお母さんが、老人施設に入所されおり、夕食の時間が17時半なので、食事の前には施設に連れて帰りたい。夕食の後は安静を保ちたいのだと言われました。

 

長年、連れ添われたご主人の通夜に参列させたいお気持ちが伝わります。

 

そしてまた、ある家族は、長男が夜勤で、どうしても休めない。

 

しかし、この長男は初孫だったので、故人は大変可愛がり、もちろん長男も通夜の参列を望んでいる。とのことです。

 

このようなことは、一般の弔問がある場合には難しいのですが、家族葬ならできることです。

 

早めに通夜を始めることは可能なのです。

 

新人さん新人さん

何よりも、故人様との最後の夜をゆっくりと過ごしていただけます。

 

参考:葬儀社の選び方探し方!葬儀屋のおすすめポイント決め方は7つ

まとめ


このように、通夜の流れを把握した上で、通夜の開式時間を考えることで家族みなさんの都合を合わせることができます。

 

  • 通夜を通常よりも早めの時間で設定することができること。
  • 住職の都合を確認すること。
  • 式場の空き状況を確認すること。
  • 通夜の晩は故人とゆっくり過ごせること。

 

葬儀担当葬儀担当

こちらのいい葬儀では、あなたに代わって近所の葬儀社に問い合わせをしてくれますよ。