葬式の総額が200万円と聞いて「そんなに払えるかしら」と真っ先に言葉にする方も少なくないでしょう。全国の葬儀費用を調査した平均額です。

 

しかし、葬儀にもいろいろあり、10万円ほどの密葬もあれば、現役の若い方の葬儀では、参列者も多くなり費用も高くなるでしょう。

 

葬儀担当葬儀担当

肝心なことは、「だれのための」「何のための」お葬式なのかです。

 

そもそも葬儀の費用は200万円もかかるものなのか、この葬儀費用の内訳を見ていきましょう。

 

参考:葬儀費用がない?市役所の補助金制度で葬儀代が払えない不安を解消!

 

【葬式の総額】全国の葬儀費用を調査した結果/平均額の内訳

葬式の総額を調査した結果が平均で200万円だとした、この中には一体どのような項目が含まれているのでしょう。

葬儀費用の4つの内訳

葬式の総額が200万円と聞くと、この200万円は葬儀社へ支払うものだと誰もが思うでしょう。ですが、葬儀社だけではありません。

 

総額の中身は4項目に分かれていて、さらに支払先は3か所に分かれます。

 

①火葬するために必要な「火葬費用」

故人の住民登録があり、この地区を管轄している火葬場を利用することが多いでしょう。

 

火葬料金の設定額は、自治体により異なり、火葬料0円のところもあれば数万円を設定していることろもあります。

 

こちらは、「死亡届」を提出したと同時に火葬の本予約が確定する仕組みであり、火葬にかかる費用も、この時点で支払うことになります。

 

ですから、支払先は役所でありことが多く、中には火葬の当日に火葬場へ支払うケースもあるのです。

 

また、火葬場併設の葬儀式場を利用する際には、式場費の支払いも役所又は火葬場になるでしょう。

 

②葬儀に必要な品目を揃えるために必要な「葬儀の基本費用」

こちらは、ご逝去の連絡を受け、病院又はご逝去先へお迎えに上がった時点から、火葬や初七日法要を終えるまでにかかった、葬儀の品目に対しての費用になります。

 

お式を整えるための費用だと考えてください。ですからこの中には、搬送車や祭壇、お棺といった物品だけではなく、葬儀社の人件費なども含みます。

 

こちらの支払先は葬儀社です。

 

③参列者をもてなすための「飲食費や返礼品費用」

葬儀の基本プランに含まれてはいない項目になります。なぜなら、葬儀の参列者は招待客ではないため、正確な人数を前もって把握することが難しく、お式を終えてからでないと、最終的は費用を算出できないのです。

 

これらの手配に関しては葬儀社で行うことから、支払先も葬儀社になります。

 

④葬儀の読経に対してお礼をする「お布施の費用」

「葬儀とお経はセットある」と、イメージがあるのではないでしょうか。

 

お通夜、葬儀の読経に対しての「お布施(おふせ)」は、葬儀社をかえして支払いをすることはありませんので、直接、僧侶へ渡します

 

 

このように、葬式の総額とは葬儀費用の4項目を全て足した金額のことを指しているため、葬儀の平均額が200万円になるというのが調査結果なのです。

 

「火葬費用」の料金

火葬場には公営の火葬場と民営の火葬場あります。全国的に見て圧倒的に公営が多いのですが、公営だからといって、利用料金に一貫性があるわけではありません。

 

各自治体が規定している料金に従うということ

 

  • 火葬費用(公営):0円~50,000円
  • 火葬中待合室使用料0~10000円前後

 

  • 火葬費用(民営):48,500円~150,000円
  • 火葬中待合室使用料20,000円前後

 

「葬儀の基本費用」の平均と実際の料金

葬儀の基本費用というのは、お通夜、葬儀を執り行うために準備する品目になります。

 

  • ご遺体の搬送から出棺に使用する特殊車
  • お式に必要な祭壇やお棺(ひつぎ)をはじめとする物品
  • 運営をする葬儀社のスタッフ
  • 葬儀社所有の葬儀式場(葬儀ホール)費用

 

これらを合計すると、平均で120万円前後であるとの調査結果です。

 

お式の規模や地域の差もありますし、ある方は20万円の小規模な葬儀であったり、またある方は300万円をこえる大規模な形式を選ぶこともあるでしょう。

 

近年では、家族でお見送りをする「家族葬」が主流になってきました。弊社の家族葬の平均額は50万円~70万円程度です。

 

一人として同じ葬儀はありませんので、葬儀の基本的な費用の目安としてください。

 

参考:【葬式の費用】家族葬は実際にいくら必要?最低費用の相場は50万円

 

「飲食費や返礼品費用」の平均と実情

参列をされた方には、お通夜からの料理や飲み物、返礼品をお渡しするのが一般的です。こちらは会葬者数や内容などにより金額が大きく異なため、全国の平均額が約30万円であっても、全くあてにはならないでしょう。

 

地方によって、香典の仕組み自体が無くなっているところもありますし、返礼品に至っては、お通夜は渡すが、葬儀には渡さないといったように、対応がまちまちです。

 

ですが、共通して言えることは、地域の風習に従いながらも、多くを返しすぎないということ。

 

「お布施の費用」の平均と最低料金

お布施とは、読経料や戒名料などを指します。費用は寺社や教会により大きく異なりますが、全国平均は約50万円です。

 

これには、亡くなられてから直ぐに読まれる「枕経(まくらきょう)」に始まり、お通夜、葬儀、初七日法要までの読経料と戒名料が含まれているのです。

 

多くは、お布施の金額が明確でないため混乱を招きますが、弊社で最低料金と聞かれたら、戒名も含めて15万円でお願いできる僧侶と常日頃からお付き合いがあります

 

菩提寺がある方でしたら、葬儀前にはお布施の金額を確認したいものです。

 

参考:【浄土真宗大谷派 】お布施の相場は?葬儀のお経代、包む金額は?

 

まとめ

葬式の総額は4つの項目から成り立っていることがおわかりいただけたでしょうか。

 

①火葬するために必要な「火葬費用」

②葬儀に必要な品目を揃えるために必要な「葬儀の基本費用」

③参列者をもてなすための「飲食費や返礼品費用」

④葬儀の読経に対してお礼をする「お布施の費用」

 

こちらの4項を合計した金額を平均としていることからもわかるように、葬儀費用を考える時には外すことができない重要な項目でもあるということです。

 

葬儀担当葬儀担当

葬儀社の見積もりを取り寄せる際には「葬式の総額」で、と伝えましょう。

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
にほんブログ村


冠婚葬祭ランキング