浄土真宗大谷派のお布施。相場はいくらなのか?葬儀のお経代として包む金額はどれくらいなのか?

 

お布施の相場を聞いても、実際の金額はどうなのだろと、心配される方が多くいらっしゃいます。

 

新人さん新人さん

そうなんですよね~。それぞれのお寺さんによってお布施って違うんですよね。

葬儀担当葬儀担当

でも、安心してください。あるご住職から頂いた、お布施金額表をお見せします。

 

あくまでも目安ではありますが、具体的なお布施の金額を知ることで、葬儀費用を含めて計算をするのに役立ちますから。

 

今から見ていきましょう。

 

【浄土真宗大谷派 】お布施の相場は?葬儀のお経代包む金額は?


真宗大谷派の本山は、京都市下京区にあり、京都駅から徒歩7分ほどの場所、こちらの東本願寺です。

 

あなたは、「宗旨宗派」という言葉、ご存知でしょうか?

 

「宗旨」は寺院が所属している教団や宗派の名称。

「宗派」は単なる宗派の名称。

 

そして、親鸞聖人を宗祖と仰ぐ、宗旨:浄土真宗には、宗派が10派が存在するのです。

 

宗旨:浄土真宗

 

宗派:

浄土真宗本願寺派   (西本願寺)
真宗大谷派 (東本願寺)

真宗興正派
真宗高田派
真宗佛光寺派
真宗木辺派
真宗出雲路派
真宗誠照寺派
真宗三門徒派
真宗山元派

 

新人さん新人さん

こんなにあるのですか~

 

そうなんです。これから、浄土真宗の「真宗大谷派」についお話しします。

 

参考:浄土真宗本願寺派の方はこちらへどうぞ

 

真宗大谷派の葬儀のお布施

そもそも、お布施を気にする、考える時というのは、葬儀や法要ごとがあるときです。

 

ご自身でお布施を払ったことのある方は、余りお見えにならないでしょう。

 

 

葬儀社の葬儀プランに、お布施も含まれているものだと思い込んでいる方が、実は少なくないのですが、お通夜から葬儀、初七日までのお経料としてお包みする「お布施」はお寺さんに渡す費用であって、葬儀式の費用とは別のものなのです。

 

 

こちらは、真宗大谷派の住職から頂いた、お布施金額の一覧表です。

 

「お布施はおなたのお気持ちで結構です」という伝え方をされるのが一般的でしたが、最近では、このようなお布施一覧表を持ち歩く住職が増えています。

 

 

火葬炉前経 一日葬

(導師1名)

家族葬

(導師1名)

家族葬

(導師2名)

枕経
通夜
葬儀
初七日

(葬儀式中)

法名(釋)
読経時間 5分 葬儀30分 通夜30分

葬儀30分

通夜30分

葬儀30分

お布施 30,000 100,000 150,000 200,000

※院号法名「○○院釋(尼)○○」をご希望の方は別途80,000円を頂いております。

 

ご覧になって、あなたの印象はどうですか?

 

こちらは、

 

葬儀担当葬儀担当

私が触れてきた中で、最もお値打ちなお布施表と言っても過言ではありません。

 

一般的な真宗大谷派のお布施相場と聞かれると、先ほどのお布施表に5万円を足して頂く金額が妥当でしょう。

 

そして、初七日の欄には、葬儀式中と書いてありますが、葬儀の後、火葬を終え、亡くなられてから七日目に読む初七日法要を繰り上げて、葬儀式の中で、お経をもらうという意味です。

 

これを「式中初七日」と呼びます。

 

こちらは、ここ数年で広まった形でもありますが、導師が葬儀後に火葬を待つことなく、その日のお勤めが葬儀の時間のみで終わることや、ご遺族様方の葬儀にかかる時間も軽減されるやり方なのです。

 

一部に受け入れて頂けない寺院もありますが、これは、現実的な高齢化に配慮した形でもある。

 

そもそもお布施とは、目の前の導師に渡しますが、元来より本尊に捧げるものとしての意味合いから、正式に値段のつけようがないものなのです。

 

あなたの価値観、思いの丈で決まるもの。

真宗大谷派で読まれるお経「正信偈」


真宗大谷派でも読まれる「正信偈(しょうしんげ)」

 

私の生まれ育った田舎では、夏休みになると、小学生がを集めては、子供たちにお経を教えてくれる住職がいました。

 

もちろん、難しい意味など分かるはずがありませんが、平仮名と音階がふってあるので、子供にもなんとか読めるというわけです。

 

真宗門徒にとっては、宗祖である親鸞聖人。「ともに生き 皆ともに往き ともに会う」という教えが釈尊の時代から伝えられてきたことに、深い感銘をもったとのこと。

 

こちらは正信偈に書いてある回向文なのですが、

 

願以此功徳(がんにしくどく)

平等施一切(びょうどうせいっさい)

同発菩提心(どうほつぼだいしん)

往生安楽国(おうじょうあんらくこく)

 

新人さん新人さん

お経の最後で合掌をするところですね。

 

 

分かりやすくすると、「阿弥陀さまからいただいた信心をもって、自分だけではなく、周りのすべての人と一緒に浄土へ往生させていただくことを願う心」でしょうか。

 

これは、長かったお経がやっと終わるぞ~の合図になってしまうこともあるのか?

 

まとめ


浄土真宗とは在家仏教と呼ばれるように、日常生活を営み、悩みや苦しみの中で思い通りの人生を歩めない中で、阿弥陀仏の念仏によって、力強く生きていく教えとなります。

 

  • 真宗大谷派の葬儀のお布施の相場は20万円~であること。

 

  • 真宗大谷派の法名は0円~2万円程度であること。

 

  • どちらも地域や寺院によって変わってくること。

 

  • 葬儀社に支払う葬儀費用とお布施は含まれていないこと。

 

  • お布施や法名料については葬儀社に聞いてみると、地域のごとの概ねの金額がわかること。

 

葬儀と同様に、僧侶についても創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介「いい葬儀」にも相談ができますので、メールで問い合わせてみてください。

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


冠婚葬祭ランキング