檀家にならないで葬儀や戒名、法事をしてほしいと思う方が増えているが果たして可能なのか。そして、気になる葬儀費用のお布施はどれくらいなのか。

 

このような背景には「檀家制度に縛られたくはないが、葬儀や法要には読経には来てほしい」という需要が多いためです。

 

仏式のお葬式では、僧侶を呼んで読経していただくのが一般的ではあるのですが、

 

葬儀担当葬儀担当

檀家と違って、毎年の会費を払う義務が発生しない、「信徒(しんと)」と呼ばれる形がありますよ。

 

そして、檀家にならずとも葬儀の読経を引き受けてくれるお寺も増えています。

 

これから、あなたがどちらかを選びやすいように、檀家(だんか)と信徒(しんと)の違いについて見ていきましょう。

 

 

檀家にならないで葬儀や戒名、法事をしてほしい!費用はどれくらい?


檀家にはならないで葬儀や戒名をもらえることはわかりましたが、では、このような形で僧侶をお願いすると費用はどれくらい必要なのでしょうか?

 

檀家とは

そもそも檀家とは、「寺院に所属する家」のことを指します。自分の家が檀家になっているのかどうかわからない、という方も多いかもしれません。

 

そうなんです。「〇〇町の、ほら、コンビニができた斜向かいにあるお寺が、多分菩提寺なんだけど・・」と、菩提寺の名前も定かでない方がおみえです。

 

新人さん新人さん

ちっ、地図を持ってきます!

 

そして、家族のどなたが亡くなると、その家族で代々お世話になっているお寺に葬儀を依頼し、お寺の管理するお墓に埋葬するのが一連の流れなのです。

 

このような、一つの家族が代々に渡り葬儀や法要をしてもらうお寺を菩提寺といい、それを利用する人を檀家といいます。

 

檀家と信徒との違い

檀家になることは一般的に、入檀料を支払う必要があります。檀家になった後も寺院の運営を支えるため、お布施などで経済的支援を行います。

 

それぞれの寺院にもよりますが、入檀料とは、檀家契約書や墓地契約書などの必要書類に記入し、その費用は10万~30万円が相場と言われています。

 

また、別途、位牌を安置する位牌堂の費用も必要な場合があります。

 

その代わりに、お寺からは手厚いケアをしてもらえることが挙げられます。檀家の場合はお寺の境内にある墓地で供養してもらるのです。

 

一方、信徒(しんと)とは、広義でいえば、その宗派(寺院)を信仰していれば、寺院と直接的なかかわりがなくとも良いとされる人です。

 

信徒であれば、お寺への入檀料や志納金は不要ですし、菩提寺の宗教的な決まり等に従う必要がないのです。

 

檀家にならずに葬儀をしてもらうには?

葬儀の読経をお願いしたら、必ずしも、このお寺の檀家にならなくてはいけないのではと思う方もみえますが、そのようなことはなく、檀家にならずに信徒として、葬儀後の仏事ことを依頼することが可能です。

 

近年では、葬儀社から紹介をした僧侶が読経におもむくことが、頻繁にあります。ですが、どのような僧侶を紹介されるのかと心配でしょう。

 

  • お客様が希望している宗派のお寺であること。
  • あなたのご自宅に近いお寺であること。
  • お布施の金額に偽りがないこと。
  • 親しみやすい住職であること。

 

葬儀担当葬儀担当

このようなことを考えてご紹介しています。

 

葬儀社からの紹介であれば、お布施や戒名料も葬儀社が明確にお伝えします。

 

紹介される寺院と直接、お布施の交渉などはありませんよ。

 

そして、宗旨宗派にもよりますが、お布施は、お通夜、葬儀、初七日までの読経を僧侶1人でお願いすると、15万円~です。ただし、宗派によって金額は一律ではありません。

 

戒名についても、ランクがありますが、信士・信女でしたら0円~2万円ほどになります。

 

もちろん、葬儀だけのお付き合いでも良いですし、今後もお付き合いをしていきたいと思うのであれば、葬儀後の忌明け法要をあなたから依頼すればよいのです。

 

新人さん新人さん

一周忌法要や三回忌法要もお寺さんから言われるのではなく、こちらから依頼をすれば受けてもらえるということですね。

そうですよ。信徒さんですので、あなたが主体になるということ。

 

もし、知り合いのお寺があれば、ご自身でお寺の住職に確認をされてもよいかもしれません。

 

檀家にならなくても法要をお願い出来ないか聞いてみると、割と受け入れてもらえるでしょう。

 

心当たりのお寺さんがないのであれば、創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介「いい葬儀」にメールで問い合わせすることもできますよ。

まとめ

近年では、檀家である人が、離檀といい、菩提寺を離れて檀家ではなくなる方向へ進みつつあります。

 

あなたが今から檀家になる、ならないが選べる立場であるのなら、ここは慎重に事を運んでいただきたい。

 

  • 檀家とは、代々に渡りこの家の葬儀、供養をしてもらうお寺がある人のこと。

 

  • 信徒とは、寺院と直接的なかかわりがないが、その宗派を信仰している人のこと。

 

  • 檀家にならず葬儀のみの読経をお願いすることは可能であること。

 

  • 葬儀後の法要を望むのであれば、自らお寺へ依頼をすること。

 

  • 万一、相性が悪いということであれば、別の寺院へ依頼することもできる。

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


冠婚葬祭ランキング