香典を会社からもらったら香典返しはどうするればよいのでしょうか。その中に社長からの香典があったら、一層な悩むことになるでしょう。

 

会社勤めをされているかたならご経験ある方もいらっしゃると思いますが、身内に不幸があった場合に職場からもお香典を頂くことがあります。

 

 

葬儀担当葬儀担当

会社名義のお香典や連名のお香典などにお返しは必要なのか迷った経験はありませんか?

 

会社からの頂いた香典のお返しと、親族や知人、友人の方から頂いた香典とではお返しの仕方が異なってきますよ。

 

これから、職場や取引先へのお香典返しについてポイントを説明していきます。

 

香典が会社からも「社長からの香典」があったら香典返しはどうする


こちらでは、会社から香典を頂いた場合、どなたからの名義になっているのかで、香典の返し方も違いますので、3つのタイプに分けてみていきましょう。

 

香典を会社の福利厚生の一環でもらった場合

あなたが頂かれた香典の表書きには会社名が書かれてはいませんか。

 

このような場合、企業には、福利厚生と呼ばれる、従業員及びその家族のために行われている施策がありますが、その中に「慶弔規定」が含まれていることがあるのです。

 

しかし、具体的にどのような措置が福利厚生に該当する、しないのかの基準は各企業によって内容が変わります。

 

このような取り組みには基準が企業任せな部分も含んでいるのです。

 

 

ですから、あなたが頂いた香典が、この慶弔規定に当てはまるのかを、総務部や会社の役職者に確認をしてみてください。

 

このあたりのことは曖昧なままで、その時々で対応が変わる場合もありますから。

 

 

葬儀担当葬儀担当

もし、香典の差出人が会社名義であり、慶弔規定に基づいたものであれば、香典返しはしなくてもよいですよ。

 

規定に基づいて香典が扱われたということであれば、会社は経費として賄うためです。

 

会社の社長や上司、取引先からいただいた場合

しかし、会社関係であっても、葬儀に参列をされたり、会社名義に個人名(社長や上司)が記載されているお香典ですと判断が難しい場合もあります。

 

会社社長や上司から個人名で香典をいただいたということであれば、通常と同じように香典返しをするべきです。

 

目安としては、香典に対して半分の額をお返しすると良いでしょう。

 

 

さらに、取引先からも頂いた場合も同様にお返しをします。

 

こちらは会社名義であっても個人名義であっても、お香典を頂いたのであれば必要です。

 

あなたの地域はでは、葬儀当日に、香典返し品を用意するのでしょうか?

 

もし、香典即返しの地域であれば、概ね2,000円~3,000円のお品を準備されていると思いますので、こちらを手渡しや郵送をされたら良いでしょう。

 

ですが、こちらの香典即返し品で済ませることができる香典額はが1万円までの方、だと線を引くことが多いため、お返しするには足りない、少なすぎるということでしたら、別の品を用意しましょう。

 

 

そして、香典返しを行うタイミングですが、

 

慶弔休暇後、会社へ出社した時に返す。

忌明け(35日または49日)前までに返す。

忌明け(35日または49日)後に返す。

 

こちらの3パターンが考えられます。

 

土地柄もそうですが、喪主を務めたあなたに、葬儀後、どれほど時間が取れるのも気になるところです。

 

 

葬儀担当葬儀担当

葬儀後には、役所の手続きなどにも時間を要することを私は知っていますから。

 

ゆっくりで良いとは言いませんが、無理のない範囲でお返し品を考え、持参する際には、「この度はお気遣いを頂きまして・・・」と言葉を添えれば良いのです。

 

 

会社へ香典返し品を持参したはいいけれど、いつ渡すのが良いのかと言われれば、朝に一番に越したことはありませんが、あなたの会社の業種にもよって、一概には決められませんよね。

 

ある、運送業者にお勤めの喪主さんが、

 

新人さん新人さん

「朝一番は荷物の積み込みが忙しいからなぁ~」とおっしゃってみえましたね。

 

そうでしたね。上司の方ともシフトがずれているとも。

 

但し、お顔を見たら挨拶は交わして、時間を変えてお渡しすることを伝えておきましょう。

 

所属部署・チームでもらった場合

あなたの同僚である方々へのお返しは、個人的に香典を頂く場合と、「部署一同」や「有志一同」などのように差出人が書かれている場合がありますが、

 

  • 個人的に香典を包んでくださった方には、香典額の半返しの品が必要。

 

  • 「部署一同」であった場合は、皆さんで食べていただける菓子折りを持参。

 

どちらであっても、お返しはした方が良いですよ。こちらの方々には、会社関係であっても、福利厚生として扱われるわけではありませんから。

 

 

そして、慶弔休暇とは言え、しばらく会社をお休みしていたことへのお礼も伝えること。

 

 

葬儀担当葬儀担当

丁寧にお返しをされて嫌な気になる人はいませんから。

 

ただし、今までにない前例を作ることは止めましょう。

 

今後の社内のお付き合いに迷惑をかけてしまう恐れもあります。もしかしたら、あなたの勤務先では、香典返しは一切しないものだと、暗黙もルールがあるかもしれません。

 

 

ですから、部署へのお返しは、直属の上司や同僚の方へ聞いてからにしましょう。

 

まとめ


どなたに対しても「この度は、ご丁寧にありがとうございました」の挨拶は必要です。

 

  • 香典を福利厚生の一環としてもらったのであれば、お返しは不要であること。

 

  • 会社の社長や上司、取引先方香典を個人名で頂いた時には、香典額に応じてお返しが必要。

 

  • 会社の同僚から個人的に香典をいただいた時にも、香典額に応じてお返しが必要。

 

  • 会社の部署一同のように連名で頂いた時には、香典額によっては菓子折りでお返しすれば良い。

 

  • 会社ごとに香典に対するルールがあるため、規律をみださいこと。

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


冠婚葬祭ランキング