お金のかからないお葬式を希望する方が増えています。なぜなら、葬儀費用は突然の出費になることもあるからですね。

 

しかし、一概に、費用を抑えたいだけという考えではなくて、故人との最後の時間を葬儀の準備におわれることなくゆっくりと過ごしたい、安いだけではなくて家族の思いやりが感じられる葬儀でありたいという願も垣間見えます。

 

ここで、もう1つ、お金がかかることがあります。そう、宗教者へのお布施(おふせ)ですね。

 

お寺さんへのお布施はお葬式の費用には含まれていない、全く別の費用だということを頭の隅においておくべきでしょう

 

さらにもう1つは、火葬をするために火葬場又は市区町村に支払う火葬料金です。

 

葬儀担当葬儀担当

葬儀費用を考えるときには、「全部でいくら必要なのか?」をはっきりさせることが重要です。

新人さん新人さん

請求金額が、思っていた金額と違うわ!

 

こんなことになってはいけませんので、「お葬式の費用」と「お寺のお布施」と「火葬料金」、この3つのポイントをからめながら、お金のかからないお葬式スタイルを説明します。

 

お金のかからないお葬式【直葬編】


お金のかからないお葬式の方法として、一番にあげられるのは、火葬のみを行う「直葬」です。

 

お寺を呼ばないで、もちろん祭壇などの装飾をほどこさず、火葬場へお連れするの形なのですが、この「直葬」こそが最も基本となり、人を送るために必要不可欠な品目を示しています。

 

直葬に含まれているものを知ることによって、葬儀費用の節約方法が見えてきます。

 

一般的に葬儀費用はわかりにくいと思われていますが、これから、直葬には何が含まれているのか、本当に必要なものは何かをわかりやすく説明します。

直葬に最低限必要なもの

葬儀屋さんに「直葬で」と、いってお願いすれば、どこでも同じだと思っていませんか?

 

葬儀担当葬儀担当

大きな間違いですよ!

「直葬」はではありませんので、直葬には、これだけの物を含みなさいといったような定義がなされてないのです。

当たり前ですが、直葬を扱っているのは葬儀社ですよね。葬儀社は葬儀の種類ごとに、セット価格を打ち出している傾向があります。

 

直葬一式〇〇円といったように、直葬をするなら〇〇円でできますよと、いう具合ですが、一見わかりやすくて、親切にも思えるのこの表示方法ですが、実はここに落とし穴があるのです。

 

ここでは、直葬をする時に、「病院で亡くなった場合」を例に最低限必要なものを説明します。

 

高齢化が進む中、在宅介護を推奨する国の動きもありますが、まだまだ、病院で最後の時を迎えられる方が多いのが現状だからです。

 

  1. 病院からご自宅までの搬送車
  2. 故人用の搬送布団(白い布団)
  3. お棺
  4. ドライアイス
  5. 骨壺
  6. 火葬場へお連れする霊柩車

 

この6品目が直葬に必要な品目になります。

葬儀社ごとに直葬の料金が違う驚きの実例

先ほどもお話したように、1~6までの品目が揃うことで、人を送ることができるのです。

 

そうなると、「直葬を承ります」と言っている葬儀屋さんのプランには、最低でも含まれているだろうと思いがちなのですが、よくよく聞いてみると、

 

とある葬儀社では、
1.病院からご自宅までの搬送車は、ご自宅で亡くなった方だと使わない場合があるの、という理由から直葬プランには含んでいない。

 

と、言うことは、病院から自宅まで搬送してもらおうと思う時には、直葬一式〇〇円と書いてあっても、さらにお金がいるということ。

 

また、別の葬儀社では、
6.火葬場へお連れする霊柩車は、お好みの車種で霊柩車を選んでいただきたいので含んでいないという理由から。

 

と、言うことは、直葬〇〇円でできますよではなくて、できませんよ、になるわけです。

 

更には、人件費をサービス料と名を変えて別料金にしている葬儀社もあります。

 

新人さん新人さん

えーっ!だったら本当はいくらかかるのか、わからないままじゃないですかー


直葬一式〇〇円や直葬プラン〇〇円のような広告を鵜呑みにして、価格が安いからと言って葬儀社を選ぶのは危険!

お金のかからない直葬を知ろう

では、どのように見極めれば良いだろうか?

 

直葬に最低限必要な品目はわかったところで、もう2つ、お金がかかるかもしれないことにも注意をしてほしい。

 

  1. 病院からご自宅までの搬送車
  2. 故人用の搬送布団(白い布団)
  3. お棺
  4. ドライアイス
  5. 骨壺
  6. 火葬場へお連れする霊柩車

 

この中で、
1.病院からご自宅までの搬送車に注目してみます。

 

タクシーを利用した時のことを思い浮かべてみてください。長く遠くに乗れば料金が上がりますよね。深夜に乗ったら?深夜料金が適用されてやはり料金が高くなります。

 

これと同じことが搬送車でも起こる可能性があるのです。

 

4.ドライアイスですが、基本に含まれているのは1日分ですから、友引や火葬場の兼ね合いで日にちが延びる場合もあります。

 

そうなると自ずともう1日分のドライアイスが必要になるわけです。

 

新人さん新人さん

結局、いくらかかるのかは前もってわからないって事ですか?

 

新人さん新人さん

もう~わからなくなってきちゃいました~

 

葬儀担当葬儀担当

心配になってしまうと思いますが、そんなことはありませんよ。
私がお勧めする直葬プランがあります!

 

お葬式は旅行のように前もって計画することができないため、このような不確定な部分を残してしまう訳ですが、これを全て補ってくれる葬儀社を探せます。

 

  • 基本の品目が全て入っている。
  • 希望により追加することもできる。
  • 直葬の費用が一目でわかる。
  • 火葬料金も含めて総額がわかる。

 

葬儀担当葬儀担当

あなたの近所にいい葬儀社がありますよ。

 

直葬の費用が明確で、安心できる葬儀社を選ぶ時には、1社に決めてしまう前に、2~3社の見積もりを比較する必要があります。

 

あなたが1社ごと聞いて回るのは大変ですよね。

 

だからこそ、後悔しないためには、電話をするだけで見積もりを取り寄せることができるサービスを利用するべきなのです。

 

葬儀担当葬儀担当

もちろん無料ですよ。

 

そして、直葬の場合でも、お寺さんにお経を読んでもらうことが可能です。希望されるのであれば、その際の料金も明確なので、直葬の費用と共におたずねください。

 

参考:火葬のみの費用が知りたい!直葬の費用や納骨の費用は総額10万円?

 

まとめ


お金のかからないお葬式を考えるときには、

 

お葬式の費用」と「お寺のお布施」と「火葬料金」、この3つがポイント。

 

直葬一式〇〇円や直葬プラン〇〇円と書いてあっても、追加のお金が必要な時がある。

 

これらを全て補ってくれて、安心のプランがある。

  • 基本の品目が全て入っている。
  • 希望により追加することもできる。
  • 直葬の費用が一目でわかる。
  • 火葬料金も含めて総額がわかる。

 

葬儀担当葬儀担当

資料請求をして納得!です。