葬式は高すぎる、お金がかかりすぎると感じた方は少なくはないのでしょう。確かに葬儀は突然の出費になることが多く、これは、家や車の次に高額な買い物なのかもしれません。

 

しかし、最近では、

葬儀担当葬儀担当

明朗会計を唱えている葬儀社が増えたことは事実ですよ。

 

以前に比べて、葬儀社内で「葬儀単価」と呼んでいる、1件の葬儀につき葬儀費用の合計金額のことなのですが、葬儀社が把握しているの中で平均値を出すと、明らかに下がっていますから

 

 

これには、一般の方が、情報を簡単に入手できるようになったことや、葬送儀礼への関心の薄さ、宗教離れなどの理由が考えられますが、一番は、これまでのお葬式のあり方について、疑問を持つ方が増えたことでしょう。

 

 

昨日、他者の葬儀担当者とたまたま病院で出会った時の事。

 

こちらのI葬儀社は、地元の裕福な方に人気があり、葬儀費用もけた違いな葬儀社なのですが、いや、だったのですが、この担当者の口から、「最近では30万円のお式もするんだよ」とのこと。

 

このI葬儀社で葬儀をすることがステータスだった時代から時は流れ、若い方々は見栄を張らず、賢くなったのではないでしょうか。

 

ここでは、納得のいく葬儀の為に何をするべきか、考えていきましょう。

 

参考:葬儀費用がない?市役所の補助金制度で葬儀代が払えない不安を解消!

 

葬式は本当に高すぎるのか


葬式は高すぎると感じてしまう。なぜこんな金額になるのでしょうか?

 

そこには大きな2つの理由があり、また、賢く葬儀社を見極める方法もわかります。

 

いい葬儀社の見つけ方

希望する葬儀をできるだけ安く済ませたいと誰しも思うことなのですが、成功に導く方法は一つしかありません。

 

葬儀担当葬儀担当

いい葬儀社を見つけることです。

 

葬儀を依頼した葬儀社に「儀式の段取りや手配」を全て任せてしまうことになるのだから。

 

いい葬儀社とは、あなたの希望を叶えてくれる葬儀社のことなのですが、普段から接することがない葬儀社の見分けは付きませんよね。

 

葬儀社へ一社ごとに電話をして尋ねるのも一つの手ではありますが、時間がかかってしまいます。

 

このよう時は、葬儀社の紹介をしてくれるいい葬儀へ電話をしてください。

 

あなたに代わって、近所にある葬儀社の見積もりを調べてお伝えします。1件だけではなく2~3社は比較をするのに必要でしょう。

 

2~3社の葬儀社の見積もりが電話1本で済ますことができるのですから、利用しない手はないということ。

 

葬儀担当葬儀担当

安心してください、もちろん無料です。

 

どうして、いい葬儀を勧めるのか気になりますよね。理由は簡単です。私が勤務している葬儀社とも取引があるからです。

 

取引があるからといって、忖度(そんたく)しているわけではないのです。だって他にも葬儀社の紹介をしている会社があり、付き合いもある中で、やはりいい葬儀を利用することが一番良いと感じています。

 

いい葬儀が選ばれている理由は3つ。

 

  • 直接、葬儀社と話をする前に葬儀社の情報をもらえること。
  • あなたの近所にある葬儀社の比較が一度にできること。
  • わからない事や疑問にもすぐに答えてくれること。

 

電話をすると、2~3件の葬儀社の見積もりが届くわけですが、私が勤めている葬儀社もこの中の1社になることがあります。

 

だからと言って、弊社に葬儀依頼が来るとは限りませんが、このような時には「要望が叶う葬儀社が他にあったのだ」と、残念に思う反面、安堵する気持ちもあります。

 

短時間で葬儀社の比較をすることができるこの仕組みは、後悔しないお葬式を行うための始めの一歩なのです。

 



24時間、いつでもお電話ください。

 

人件費

実は、葬儀費用のもっとも大きい部分は、人件費なのです。ご存知の通り、24時間365日で稼働をしているわけですから、全ての時間に置いて、人を配置しておく必要があります。

 

一昨年でしたでしょうか。私は家族と一緒に紅白歌合戦を見てから、除夜の鐘を聞き、テレビでは、ジャニーズが歌い踊っていた頃に、電話が鳴りました、「お仕事ですよ」って。

 

このような時でも、もちろん病院へお迎えに行きますし、会社では、電話番やその他のスタッフも泊まり込みをして動いています。

 

どのような規模のお葬式でも、葬儀社は最低3~4人のスタッフが割り当てられ、葬儀担当者はもちろんですが、その他、搬送車(寝台車)や霊柩車の運転をしたり、式場の準備をしたり、ご注文を頂いた花や香典返し品、料理の手配など、こうした人たちをのべ人数で計算すると、最低でも5人は関わっていると言えるでしょう。

 

新人さん新人さん

私もお式のアシスタントとしてお手伝いします。

葬儀担当葬儀担当

そうでしたね。

新人さん新人さん

あっ!忘れられてる・・・

 

20年ほど前までは、近所の人にお手伝いをしてもらって、葬儀を営んだものですが、ただ最近では、葬儀社の式場を利用した葬儀が主流ですから、このような姿は見受けませんし、また、ご近所さんに手伝ってもらうことを、負担に感じる人が増えてもいますから。

 

お葬式の費用のかなりの部分は、こうした裏方でも動く人件費が必要。

 

葬儀式場の維持

あなたの近所にある葬儀式場を思い出してもらうと、ホテル並みに立派な式場もあれば、コンビニの跡地に作られた、こじんまりした式場もあるのではないでしょうか。

 

当時の葬儀式場建設には、多額の予算を投入してきましたので、この式場を維持するためには、やはり葬儀費用も維持しなくてはならないのです。

 

ですが、非日常である葬儀を行う場所が、素敵な空間であることで、癒し効果もあるのは事実ですよ。

 

これらはあくまでも、葬儀社の都合ですから、どのような葬儀式場を選ぶのかはあなた次第です。

 

事前相談の重要性

「以前行った△△の葬儀社では○○万円もかかったんですよ~」と言って、葬儀の事前相談にお見えになる方は少なくありません。これは、金額に対して満足がなかったと言えるでしょう。

 

このようなことが無いように、「葬儀一式○○万円」の広告には要注意です!決して書かれている金額では収まることはありません。

 

なぜなら、オプション品を呼ばれる品々が順を追って勧められるから。

 

  • プランのお花にさらにお花を足しませんか?
  • 霊柩車をプランのものよりグレードアップしませんか?
  • 棺を高級なものにしませんか?

 

これだけではありません。

 

初めから「葬儀一式○○万円」には、香典のお返し品や料理関係は含まれていないわけですから、当然、葬儀費用も上がると言う訳です。

 

参照:葬儀を安く済ませる!家族葬を安く行うためのお得情報4つ【家族葬】

 

まとめ


葬式は高すぎると、イメージが付いてしまってのかもしれませんが、しかし、一方で納得のいく価格と内容で満足をされた方も大勢いらっしゃいます。

 

葬儀担当者との数日間の出会いにおいても、満足感は左右するのかもしれませんが。

 

年を追うごとに、葬儀社どうしの競争も激化しており、葬儀は小規模化し、葬儀費用もお値打ちになってきています。

 

 

葬儀担当葬儀担当

ここで重要なことは、あなたが葬儀費用をしっかり見分けること。

 

葬儀の種類も多様化しており、今では、家族や近親者のみで行う「家族葬」が主流になっています。あなたが、金額と同等、又はそれ以上と思える、納得のいく葬儀ができることを願います。