葬式しない、墓もいらないと言う言葉を、どのように受け取ればよいのか?

 

軽い思い付きから出た言葉なのか、また、悩みに悩んで導き出した答えなのかと考えさせられます。

 

この、葬式をしないということは、通夜、葬儀を省略して火葬のみを行う「直葬」のことである。

 

以前は、経済的な理由でお葬式をやらないケースが多かったが、今は、死にゆく自分に使うお金があったら、残された人たちに多くお金を残していきたいという現実的な考え方から、「価値観」で選ぶ方が増えてきています。

 

こちらは、宗教についても同じことが言えますね。

 

葬儀担当葬儀担当

憲法でも、実の親子、夫婦間でも宗教的行事(葬式、法事、ミサ、地鎮祭など)は強制されない。とあります。

 

ここでは、それぞれの事情や価値観から、直葬を選び、墓や仏壇を持たない場合のトラブル回避について解説します。

 

参考:葬式しない火葬のみだと戒名はどうすればよいのか?直葬でも必要なの

 

 

葬式しない墓もいらない

昨今、若者だけでなく高齢の方の中にも、葬儀や供養に興味がないといった希薄さも感じられますが、全国の葬儀社を対象に行った最近の調査では、直葬の割合が、なんと22.3%だとも言われています。

 

同じくして、お墓や仏壇を持たない方の割合も年々増加傾向にあります。

 

新人さん新人さん

笑顔の写真がリビングに飾ってあるから話しかけてるのよって、教えて下さった方があります。

手を合わせる対象が、お仏壇や位牌でなくても良いということでしょう。

葬儀社を決めておく

やはり、葬儀社に事前相談をされることをお勧めします。直葬をすると言っても、費用はもちろん、どのように段取りが組まれるのかを把握する必要があります。

 

直葬だから簡単なのだということは決してありません。子供さんへ「直葬」の一言で任せてしまうのは無責任です。

直葬に必要なもの

こちらは、最低限必要になる品目になります。

 

  • 病院からのご自宅又は葬儀社の安置室までの搬送車(寝台車)
  • 搬送用の白い布団
  • お棺
  • ドライアイス
  • 骨箱
  • 火葬場(斎場)までの霊柩車
  • 火葬料

※葬儀社の安置室を利用の場合は安置料

 

ご家族の方は、病院から一緒に搬送車に乗り、自宅へ戻り、その後は、日程決めの打ち合わせをこなし、役所へ届ける「死亡届」を記入しと、直葬であっても、一般的な葬儀であっても、お式以外は、何ら変わりのない形式で事が運びます。

 

葬儀担当葬儀担当

直葬でも最低でも2日間が必要で、費用は10万円が目安です。

 

あらかじめ、このような内容を相談してみると、もう1つ深く直葬がわかりますよ。

 

葬儀担当葬儀担当

あなたに代わって、近所にある葬儀社の見積もりを調べてお伝えします。こちら葬儀社の紹介へお電話下さい。もちろん無料です。

 

参考:葬儀社の選び方探し方!葬儀屋のおすすめポイント決め方は7つ

 

宗教者との付き合い方

ここでもう1つ、お付き合いのある寺院がある場合は、直葬で行うことへの理解を求めることを怠れません。

 

ですが、お付き合いがないのであれば、宗教の自由からご家族で話し合われて決められたら良いでしょう。

 

ご親戚の方で、お経が読めるとおっしゃるご年配の方をお見掛けすることがありますが、よく知らないお坊さんに読経してもらうよりも、家族が心からの感謝と悲しみをもって送ればそれで良いのではないでしょうか。

 

もちろん、無宗教を選択される方も多くいらっしゃいますので、宗教儀礼にこだわる必要はありません。

 

そもそも葬儀とは、

 

  • 残された方々が故人を失った現実に心を整えるお別れの儀式。
  • 故人の冥福を祈るためのも。

 

 

家族以外の親族への理解を得る

やはり、家族が本人の意思を尊重して、直葬を行ったとしても、親族の中には、理解に苦しむといった事でトラブルになりかねません。

 

このようなトラブルを回避する方法は、生前から自分の意志を周囲に伝えておくことが大事だということ。

 

どのような形でも良いので、本人の意思であるということを書き残しておくことで、家族が勝手に直葬を行ったという誤解を招きませんから。

 

墓や仏壇は不要

最近では、すぐ近くにあって気軽に足を運べる、「納骨堂」や「永代供養墓」などに目を向け始めているようです。

 

驚くべき数字は、ご遺骨を自宅に抱えたままの人が増えており、すでに全国に100万人から200万人はいるそうです。

 

加えて、新しくお墓を立てる人と、お墓の処分をする、墓じまいをする人の数が、なんと同じなのです。

 

「お墓」というものを改めて考え直そうとすると、そもそも、「お墓は必要なのか」に行きついてしまうことが、上記の理由からもわかりますね。

 

 

では、お仏壇はどうでしょうか。

 

よく、永代供養墓を選ばれた方からのご質問が多いのですが、永代供養とは言葉の通り、永代に渡って供養をお願いした、という意味なのですから、自宅にお仏壇を持つ必要がない。

 

しかし、個人的なお墓がないことから、遺族の心のよりどころとして備えたいと思う方もあります。

 

どちらにしても、強制的なものではなく、残された家族が前を向いて歩むためにどうしたら良いのかに重点をおくべきことではないでしょうか。

 

参考:火葬のみの費用が知りたい!直葬の費用や納骨の費用は総額10万円?
 

まとめ

葬式しない墓もいらないと言っても、残された家族に思わぬ惨事が降りかからないように、準備は必要です。

 

  • 葬式はしなくても、火葬をするための直葬を行う必要があること。
  • 直葬は葬儀社選びが重要であること。
  • 宗教についても家族で話し合うこと。
  • 近親者への理解を得ること。
  • 墓や仏壇は強制的なものではないこと。

 

葬儀担当葬儀担当

葬式しない、墓も仏壇もいらないと考えることは、近年珍しくはありません。

 

亡き人を想う気持ちが無くなるのではなくて、供養のカタチが変化していくということなのでしょう。