葬儀の親族席はどこまでが範囲で、席順に順位があるのなら嫁や孫はどこに座ればよいのか、葬儀では頭を悩ますひとつの問題です。

 

これらは、どなたが喪主を務められるのか。

 

故人様からみて、ご親戚とはどのような関係なのかで決まってきます。

 

 

葬儀担当葬儀担当

家族単位で考えれば、シンプルでわかりやすですよ。

 

ご遺族様はもちろん、親族に至っても全てご家族の皆様を一つに括ってみることで、後は、基本的な葬儀の並び順に当てはめてみればよいのです。

 

これから、わかりやすく説明します。

 

葬儀の親族席はどこまで?席順に順位があるのなら嫁や孫はどこに座る


葬儀の親族席の中でも特に重要なのは、ご遺族席ですね。つまり、喪主の家族が座る場所が最前列となります。

 

お父さんを亡くされ、長男が喪主を務める場合についてみていきましょう。

 

葬儀の席順を決める意味

なぜ、このように葬儀には席順が決まっているかというと、一般の会葬者にも、喪主が誰だかわかるようにというのが一番の理由です。

 

ご親族様なら、当主を亡くして、この家の長男が喪主を務めることがわかるのですが、故人様の関係で参列をして下さった方々は、喪主を務める長男さんと、面識がない場合もありますから。

 

そして、葬儀は僧侶を招いての仏式で行われることが多いでしょう。

 

お式の中で「焼香」作法があります。この焼香の順番こそが、喪主家族、親族に席順があることで、スムーズに行われるのです。

 

 

葬儀司会者からのアナウンスで、

 

葬儀担当葬儀担当

これよりは、ご遺族ご親族様の焼香でございます。喪主〇〇様、ご焼香へとお進みください。

このような時には、席順があることによって、次は、自分の順番が回ってくることもわかり、式場内でも、皆様の焼香への誘導がしやすいのです。

 

親族の席順にはルールがある

冒頭でもお話したように、葬儀の時の着席順は、家族が一つの単位であることから、このような順番になります。

 

  • 喪主
  • 故人様の配偶者(故人様の奥様)
  • 喪主の配偶者(喪主の奥様)
  • 喪主の子供(故人様からみたら孫)

 

このように、故人様と最も関係が深い方が、祭壇に一番近い場所へ座るのです。

 

さらに、葬儀の席にも、上座と下座があり、「祭壇を正面に見て右側が上座、左側が下座」になりますので、当然、喪主や喪主家族は、右側の席へ座ります。

 

 

では、ご遺族に続かれて座る方はどなたでしょうか?

 

新人さん新人さん

喪主様のご兄弟ではありませんか?

そうですね。喪主の弟、妹さんとなるわけですが、もし、ご兄弟姉妹の中で、嫁いで見える方があれば、たとえ長女であっても、兄弟姉妹の席順でいえば、最後になりますよ。

 

  • 喪主の弟とその家族
  • 喪主の妹
  • 喪主の姉と家族(嫁いでいる場合)

 

故人様と同じ苗字の方が先にと覚えると良いかもしれませんね。

 

そしてここでも、家族ごとに着座するのが基本です。

 

 

では、次にとなりますと、

 

  • 故人の兄弟姉妹
  • 故人の配偶者(奥様)の兄弟姉妹
  • 喪主の配偶者の両親

 

このような順番になります。

 

甥や姪の席も家族単位で考えていただけたら、自ずと席が決まりますね。

 

とはいえ、遠慮されて、親族席の後ろの方に座られる方もみえますが、親族の焼香が行われている時に、出ていただけるのでしたら、さほど問題はありませんよ。

 

そして、司会者が、ご遺族、ご親族の名前を読み上げるために記入をしていただく、「焼香順位帳」があります。

 

式中にお名前の読み上げができる人数が20名~30名ほどです。

 

 

ご親族が50名を超えるお式では、全員の方のお名前を読み上げできないこともありますので、親族であっても血縁関係が薄い方にも、とりあえず親族席にさえ座っていただけたらよいのです。

 

葬儀担当葬儀担当

焼香順位帳にフルネームを書いてもらうのですが、あれ?下の名前は何だったかな。となることが多いですよ。

新人さん新人さん

でも、仕方ないですよね。普段は、〇〇ちゃ~んって呼んているんですから。

葬儀の時だけは、正式なお名前が必要になりますね。

 

参列をされた親戚は全員、親族席へ着席をすることで、お式の進行がスムーズであるということ。

 

地域のルールで親族よりも前に座る一般会葬者

先ほど、祭壇に向かって右側が上座、左側が下座とお伝えした通り、ご遺族、ご親族が概ね30名~40名だとすると、右側に20名、左側に20席を用意します。

 

しかし、左側の下座席の一番前には、親族よりも、先に座っていただく方があるかもしれません。

 

それは、

  • 地域の政財界関係者
  • 喪主の会社社長や会社の組合長
  • 町内会長
  • ご近所組

 

地域によっても違いますが、この方々は、故人の兄弟姉妹が焼香を済ませたくらいから、名前を読み上げ、紹介をする形で、残りの親族よりも先に焼香をすることがあります。

 

一般的な並び順は、喪主を始めとする遺族、親族、そして、その後ろに一般会葬者の着席が主な席順です。

 

葬儀は1回きりの取り返しがつかないこと。

 

着席する順番も地域によって異なるため、詳しくて頼りになる葬儀社担当者に出会っていただきたい。

 

参考:葬儀社の選び方探し方!葬儀屋のおすすめポイント決め方は7つ

 

まとめ


葬儀の席順は、一般の参列者側から見ると、「喪主はどなたなのか」を知りたいと思うものです。

 

そして、親族の席順は故人に近い方から着席します。

 

  • 葬儀の親族席は家族を一つの単位として考えること。

 

  1. 喪主
  2. 故人様の配偶者(故人様の奥様)
  3. 喪主の配偶者(喪主の奥様)
  4. 喪主の子供(故人様からみたら孫)
  5. 喪主の弟とその家族
  6. 喪主の妹
  7. 喪主の姉と家族(嫁いでいる場合)
  8. 故人の兄弟姉妹
  9. 故人の配偶者(奥様)の兄弟姉妹
  10. 喪主の配偶者の両親

 

  • 血縁関係が薄い親戚も親族席へ座ること。
  • 地域によっては、独自の親族の着席ルールがるため、慣習に従うこと。

 

葬儀担当葬儀担当

席順について悩んだときは、遠慮なく葬儀社のスタッフに相談してください。

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


冠婚葬祭ランキング