葬儀の受付がいない時は誰に頼むのか?親族や孫が受付をするのはいかがなものかと気に病むとことです。人数は1人でも可能なのでしょうか。

 

まず、受付の基本として、特定の誰かに頼まないと失礼ということはありませんよ。故人のご近所をはじめ、ご友人や、会社関係の方など信頼できる方であればどなたに頼んでも大丈夫ですし、マナー違反にはなりません。

 

葬儀担当葬儀担当

ですが、ご遺族や直系の親族の方は、受付係をすることを避けた方がよいでしょう。

 

その理由としては、葬儀の開式前には着席し、参列をしたほうが良いためです。

 

では、葬儀の受付を頼める人がいない場合、どのように対処したら良いのか、受付は最低何人が必要なのか見ていきましょう。

 

葬儀の受付がいない時は誰に頼むのか?親族や孫の人数は1人でも可能


受付係の一番の役割は、お金を管理すること。ですから、どなたでもとはならず、慎重に選ぶべきです。

 

受付係は誰にお願いをすべきか

一般的に受付係をされる方々は次の通りです。

 

  • 喪主の会社関係である、総務部や所属の部署。
  • 自営なら、従業員や同業者組合。
  • ご近所さん、町内会、自治会。
  • 故人の直系ではない親戚。

 

こちらの方々にお願いすることは決してマナー違反ではありません。地域にもよりますが、葬儀となった場合、訃報案内や寺院への連絡など、陰で動いておられるケースもあります。

 

そして、この方々がそれぞれの弔問客に対して、面識があることも理由の1つでもあります。喪主の会社関係が訪れた際には、受付でどのような立場なのかがわかり、もし、来賓者であれば指定の席へ案内を促せますから。

 

町内会においてもこれと同様のことが言えるのです。

 

そして、親族においては、会社関係者も町内会も知り得ない方々になりますので、やはりどなたか、故人様から見て一番遠縁のご親戚に頼まれるのが理想的なのです。

 

しかし、遠縁のご親戚がどなたもお見えにならない、もしくはご高齢ともなると、お願いしづらいのが現状です。

 

葬儀担当葬儀担当

このような場合は、故人のお孫さんが立たれることも、いたし方ありませんよ。

 

始めからお式に参列していただきたのはもちろんですが、概ね、親族方が遅れて到着されることが少ないですし、また、式中であっても、式場内の席の場所を工夫することで、違和感なく焼香への案内もできるというもの。

 

少子高齢が本格的になってきた今、柔軟な対応こそが求められると言うこと。

 

その他の受付係の方々にも順次焼香を案内するのですが、受付が空になっては、香典の管理ができませんので、やはり、最低でも2名以上で考えなくてはなりません。

 

受付係をする際の挨拶と仕事内容

受付係をお願いされると、慣れている方もみえますが、ほとんどの方が、作法にお困りです。

 

一般的には「本日はお忙しい中お越し下さいましてありがとうございます」と、挨拶をしていただければ良いでしょう。

 

お通夜の際には「ご弔問(ちょうもん)ありがとうございます。」

また、葬儀の際には「ご会葬(かいそう)ありがとうございます。」

 

このように使い分けをされる方は、数々の葬儀ごとにご尽力をされた方に違いない。

 

最近では、香典辞退の立て札もよく目にするようになりましたが、香典辞退をされない場合ですと、返礼品や香典返しをその場で用意しています。これらをお渡しするのも受付係の仕事になります。

 

 

お通夜、葬儀に来てくださった方に、まずは、受付カードに記帳していただき、受付係が記帳カードと香典を受け取ります。そして、「ありがとうございます」と頭を下げ、香典返しを渡します。渡した後に、「葬儀場はあちらでございます」と案内すると、スムーズに流れるため、受付の混乱を避けることできますよ。

 

新人さん新人さん

受付の近くには葬儀社のスタッフもおりますので声をかけてください。

 

香典箱はお式の後にまとめて喪主へ渡しましょう。それまでは肌身離さずです。

家族葬の受付係

これまでは、一般に多くの会葬者ある場合について話しましたが、では家族だけで行う家族葬の受付は、どのようにしたら良いのでしょう。

 

家族葬の受付係こそ、遺族のどなたかが立たれることが増えています。喪主に直接渡す方も。

 

遺族、親族のみの場合でも、やはり直系以外の親戚の方で受付をおこなっていただくことが一般的でしたが、改まって、記帳カードを書いていただかなくても、お越しくださった親族は把握ができていることが多いため、略式傾向です。

 

普通に受付係をおこなうわけではなく、かなりフランクな感じで開式までの時間が流れます。

 

また、家族葬ですと、親族が揃うまで開式をしない、少々の時間なら待ってからお式を始めますので、どなたが受付に立たれても、大切なお式を妨げるといった事にはなりませんよ。

 

 

まとめ


このようなことから、葬儀の受付係を誰に頼むのかは柔軟に考えてよいことがわかります。

 

  • 一般葬であれば、喪主の会社関係、町内会へお願いをすること。
  • 親族の中で、受付係を探せない場合は、遺族の中で検討をすること。
  • 家族葬であれば、参列者が把握できているため、受付係にこだわらなくても良いこと。

 

葬儀担当葬儀担当

香典辞退であっても、受付ガードには名前を書いてもらうと記録として残りますよ。

 

参考:喪主は長女か長女の夫なのか嫁いだ娘で娘しかいない場合の決め方3選

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


冠婚葬祭ランキング