家族葬だと親族や親戚はどこまでが呼んでもいい範囲なのかを、明確に説明できる方は少ないのではないでしょうか。

 

  • 家族葬だから、身内だけで送るものなのか。
  • 生前に故人と親しく付き合っていた友人には声をかけてもいいのか。
  • 親戚でも、ほとんど付き合いのないのに声をかけるべきなのか。

 

このように、迷われる方が多いのですが、家族葬には、声をかける範囲に決まりがないのが実情です。

 

但し、一般葬と大きく違うところが1つあります。それは、

 

葬儀担当葬儀担当

広く、案内をしない!

つまり、呼ぶ人を限定するということ。
呼びたい、来てほしいと思う方に、直接、葬儀日程を案内をするのことで、お通夜、葬儀の参列人数が把握できます。

 

それでは、家族葬を案内する範囲は、何を基準にして決めれば良いのかを解説します。

家族葬の親族の範囲


家族葬の親族の範囲を考える時に、真っ先に浮かぶのは、故人となられた方のお子さんやお孫さんではないでしょうか?しかしこの方々も、ご都合がつかない場合もありますよね。体調が優れない、今、外国にいるなど。

 

ですので、あまり固く考えずに、「最後のお別れに来てほしい」と希望する人をあなたが決めればいいのです。

 

では、どのように家族葬の範囲を決めているのか、見てみましょう。

家族葬で声をかける範囲

実際のお式の中で、「ご遺族、ご親族様の焼香です」と司会者からアナウンスがありますが、この、「遺族」とは、故人となられた方の配偶者とその子供にあたります。この方がはやはり家族葬に欠かせない方々になります。

 

呼ぶ方を考える中で最優先になりますね。

 

次にくるのは、「親族」なのですが、

 

  • 故人となられた方のご兄弟とそのお子さん方。
  • 配偶者のご兄弟とそのお子さん方。

 

しかし、遠方であったり、ご高齢であったり、そもそもお付き合いがない場合は、案内をしない方が良いでしょう。

 

ただ、逝去したことを知らせたいと思われるのでしたら、身内だけで送る家族葬を行うことや故人の遺志により参列を辞退することをはっきりと伝える必要があります。
家族葬の案内を出さなかった方には、葬儀を終えた後に、家族葬を身内だけで行ったことを、手紙で報告することで礼儀を尽くすことにもなりますよ

 

お通夜だけは家族だけで

ご兄弟が3名いらっしゃる、長男、次男、長女さん方が、お母様を亡くされました。それぞれの方にお連れ合いさんとお子さんがおみえですが、

 

お通夜の晩だけは、家族だけで過ごしたいのです。葬儀には、叔父や叔母にも参列してもらいますが・・」と、言われ、お柩を囲み寄り添われる姿がありました。

 

葬儀担当葬儀担当

私も早々に退散!

新人さん新人さん

待ってください!私も退散します。

このように、決して、家族以外を拒否したいわけではなく、喪家となられたご家族の「心の整理」の付け方が色々ありますし、また色々あって当然です。

家族葬に声をかけたい人

「遠くの親戚より近くの他人」ということわざがありますが、どうでしょう、ご親族以外に、家族ぐるみの付き合いをしていた方には、いっしょに故人を偲んでもらいたいと思われますよね。迷う必要はありませんよ。是非、案内をしてください。

 

もしかしたら、昔話に花が咲いて、初めて聞く話があるかもしれませんよ。この機会を逃しは一生知らないままかも。

 

最近では家族葬が浸透してきていますので、お通夜式の後に顔を出してくださる方もありますね。

 

あなたの心が少しでも癒えるのであれば、逝去されたことと合わせて案内をされるのも良いでしょう。その際には、家族葬で行う旨も伝えることを忘れずに。

家族葬の案内に注意する

こちらは主に会社関係に当てはまります。喪主であるあなたの会社には慶弔休暇の申請が必要になるため、自ずと供花や弔電などの手配が進む一方、代表者の方が参列の意向を示されます。

 

家族や親しいご友人ばかりのお式におみえになる方の多くは、大変バツが悪い思いをされる方がありますので、配慮を要します。

 

少人数のお式であればあるほど、かえって恐縮される、居場所に困るというわけです。

葬儀社が決める家族葬の人数とは?

では、葬儀社が勝手に定義している家族葬とはどのようなものなのか。

 

先ほども話したように、案内する人を限定することもそうなのですが、葬儀社ごとの家族葬プランの多くは、30名までのお式を家族葬としているところが多いのです。

 

なぜ、30名という数字が出てくるのかというと、主に、式場の広さとスタッフの人数をこの30名に対応できる内容でセットにしてあるためなのです。

 

新人さん新人さん

「以前、別の葬儀社でやった時に、こんなに人が来るのは困ると怒られたことがある」と教えてくださった方がありましたけど?

その葬儀社の確認不足が一番の原因ではあるけれど、あらかじめ人が増えることが予想されるのであれば、せめてスタッフだけでも増やしておく必要があるよね。

 

ただ、こういったことは、追加費用を請求されかねないので、呼ぶ人数が概ねわかってきたときには担当者につたえておくといいですよ。

 

悔いのないお葬式をするには、臨機応変に対応してくれて、費用が明確な葬儀屋を選んでください。

 

参照:葬儀の親族席はどこまで?席順に順位があるのなら嫁や孫はどこに座る

 

まとめ


家族葬に呼ぶ範囲に決まりはありませんが、これらのことに気を付けて心残りなく送っていただきたい。

 

  • 家族葬とは、呼ぶ人を限定するということ。
  • 遺族、親族を優先する。
  • 最後のお別れに来てほしいと希望する人に案内する。
  • 会社関係の参列はできるだけ辞退の意向を伝えること。