葬式しないで火葬のみだと戒名は必要なのか。そもそも戒名とはどのような意味があるのか。

 

 

葬儀担当葬儀担当

戒名とは、出家をした証に授けられる名前で、俗名(本名)を改めて、仏弟子になった証です。

 

ですが、どうでしょうか。

 

日本人の約9割が、僧侶の読経を伴う仏式で葬儀を行うと言われていますが、最近では、形式や世間体にこだわらず、故人らしいお葬式を行う傾向が強くなってきています。

 

驚くことに、葬儀をしないで火葬のみを行う直葬は、全体の葬儀割合から見ると約3割に迫る勢いなのです。

 

あなたには、先祖代々のお墓がお寺にありますか?実はこのことが、「お葬式をしない」、「戒名はどうするのか」に大きく影響をしてくるのです。

 

参考:葬式をしない理由は親の遺言・宗教の自由そしてもう1つの深刻なこと

 

葬式しない火葬のみの直葬


葬式しないで火葬のみで行うことを「直葬(ちょくそう)」と呼びます。

 

直葬とは、宗教的な儀式であるお通夜、葬儀・告別式といったお葬式を行わず、故人を直接火葬する葬儀形態です。

 

お通夜や葬儀・告別式を行わないことで、従来のお葬式より費用も安く、時間もかかりません。

 

また、ご家族や近親者、故人と関係が深かった人のみで故人を偲び、執り行われることが多いため、参列者への気疲れはありませんよ。

 

そのため直葬とは、ご遺族にとっても負担の軽減が期待できる葬儀形態なのです。

 

とは言え、直葬であっても、各々の状況や置かれている環境で流れも変わります。ここでは、菩提寺(ぼだいじ)がある方が直葬を希望した場合の注意点を解説します。

 

直葬の流れ

近年は病院ご逝去されることが多い中、国の政策によって、自宅での看取りも微量ながら増えてきています。

 

どちらにしても、葬儀社に連絡をして、故人となられた方のご安置や火葬の予約を始めなくてなりません。

 

病院から、ご自宅へ搬送をしてもらう場合もあれば、ご自宅でご逝去をされたのであれば、自宅へ葬儀社を呼んで、部屋を整えたり、故人へドライアイスを当てたりと、着々と準備が始まります。

 

葬儀担当葬儀担当

あなたには、主治医からもらった死亡診断書の左側にある死亡届の記入をお願いします。

 

そして、火葬の時間を決めるために、打ち合わせが始まるのですが、ここで問題になるのは、あなたのお付き合いがあり、お墓があるお寺さん、菩提寺です。

 

  • 菩提寺に直葬で行うことを伝える。
  • 直葬を終えてから伝える。

 

この、2つの選択は、菩提寺の住職の考え方や性格などで大きく返答が変わってくるため、非常に難し選択です。

 

生前の付き合い方にもよりますが、伝えたことによって、こちらの意見は一切聞き入れられず、無理やり押しかけて来たケースも経験をしました。

 

また、聞き入れていただけたこともあります。しかし、今後の納骨のためにも、事前に伝えておくことが最良である

 

菩提寺の返答次第ではありますが、この後は、火葬の予約をして、明日の納棺をする時間を決めたら、本日は、打ち合わせも終了です。

 

直葬で行った場合の納骨

一般的に、菩提寺がある方は、納骨に際してもお経を読み納骨をします。

 

しかし、火葬のみの直葬は、宗教儀式を行わないため、菩提寺からすると、供養を省いてしまった、飛ばしていると言うことで、快く思わないため、直葬を行った場合は、納骨を拒否されることが多いのです。

 

やはりこのことからも、葬儀を行わないことを予め了解していただき、直葬であっても納骨ができるようにしておきましょう。

 

直葬で戒名は必要なのか

こちらの戒名も、菩提寺がある方なら、これまでの流れと同様に、授かるのが本来とされます。

 

戒名(宗派によって法名、位合など)はそれぞれの仏教ごとの宗派にありますが、戒名にもランクがあって、高い位の戒名を授かるには100万円を要することもあることから、最近では、死後に名前など必要ないと言う人も増えてきています。

 

では、菩提寺がなく、宗教とは無縁の送り方をする場合でも、戒名を授かる必要があるのか。

 

これは、戒名がどのような場面で必要になってくるのかということなのですが、

 

  • 仏壇を購入して位牌を作る場合
  • お墓を購入して石碑に刻む場合

 

どちらも、宗教者を交えて供養を行っていくケースに必要になってくるのだと考えて良いでしょう。

 

要するに、散骨のように宗教に縛りがない供養であれば、戒名も必要に迫られないということ。

 

そして、誰もが合同で入れるお墓を「合同碑(ごうどうひ)」と呼びますが、こちらは宗教法人が所有しているものであっても、戒名なしで納めることができるところもあります。

 

大切な人を送る際も、これ以降も「仏教」にこだわらないのであれば、戒名は必要ないということになるのです。

 

そして、もう1つ、戒名はいつでも授かることができますので安心してください。

 

突然の出来ごとに、供養のことまで考えが追い付かないこともあるでしょう。供養のカタチは時間をかけて検討すれば良いのです。

 

参考:火葬のみの費用が知りたい!直葬の費用や納骨の費用は総額10万円?

別の供養方法を考える

戒名についても、多くの評論家が述べたものがありますが、こちらは、日本の宗教評論家 ひろさちや 本名は増原 良彦(ますはら よしひこ)氏の著書「終活なんておやめなさい」からの抜粋です。

 

 

仏教発祥の地・インドでは、火葬が基本で、焼かれた遺骨はすべて川に流されます。遺骨を墓に保管することはありません。

 

なぜかというと、死者は、死後49日でどこかの世界に生まれ変わるという輪廻の考え方が深くかかわっているのです。

 

だから、墓も不要で、戒名もいりません。戒名は仏門に入った証し。

 

サラリーマンの方なら、仏門とは無関係ですから、俗名のままでいいのです。同じ理由で位牌も必要ありません。

 

このような考え方は、若い方ばかりでなく、幅広く広がりつつあると感じます。

 

なぜなら、昨今、新たにお墓を建てる数とお墓を処分する、いわゆる墓じまいの数が同じだと言われており、また、宗教や供養に対しての考え方が変化してきているから。

 

しかし、菩提寺とのお付き合いがある方は、慎重に事を運ぶこと。

 

いい葬儀社の見つけ方


火葬のみの時に戒名をどうしたら良いのか、菩提寺がある方もない方も悩みの1つです。

 

そして、地域性も大きく影響してくるですが、成功に導く方法は一つしかありません。

 

葬儀担当葬儀担当

地元に詳しい、いい葬儀社を見つけることです。

 

葬儀を依頼した葬儀社に「儀式の段取りや手配」を全て任せてしまうことになるのだから。

 

いい葬儀社とは、あなたの希望を叶えてくれる葬儀社のことなのですが、普段から接することがない葬儀社の見分けは付きませんよね。

 

葬儀社へ一社ごとに電話をして尋ねるのも一つの手ではありますが、時間がかかってしまいます。

 

このよう時は、葬儀社の紹介をしてくれるいい葬儀へ電話をしてください。

 

あなたに代わって、近所にある葬儀社の見積もりを調べてお伝えします。1件だけではなく2~3社は比較をするのに必要でしょう。

 

2~3社の葬儀社の見積もりが電話1本で済ますことができるのですから、利用しない手はないということ。

 

お寺に渡す「お布施や」「戒名料」についても具体的な解決策が見つかります。

 

葬儀担当葬儀担当

安心してください、これらはすべて無料です。

 

どうして、いい葬儀を勧めるのか気になりますよね。理由は簡単です。私が勤務している葬儀社とも取引があるからです。

 

取引があるからといって、忖度(そんたく)しているわけではありません。なぜなら他にも葬儀社の紹介をしている会社があり、付き合いもある中で、やはりいい葬儀を利用することが一番良いと感じているからです。

 

いい葬儀が選ばれている理由は3つ。

 

  • 直接、葬儀社と話をする前に葬儀社の情報をもらえること。
  • あなたの近所にある葬儀社の比較が一度にできること。
  • わからない事や疑問にもすぐに答えてくれること。

 

電話をすると、2~3件の葬儀社の見積もりが届くわけですが、私が勤めている葬儀社もこの中の1社になることがあります。

 

だからと言って、弊社に葬儀依頼が来るとは限りませんが、このような時には「要望が叶う葬儀社が他にあったのだ」と、残念に思う反面、安堵する気持ちもあります。

 

短時間で葬儀社の比較をすることができるこの仕組みは、後悔しないお葬式を行うための始めの一歩なのです。

 



24時間いつでもお電話ください。

 

まとめ


葬儀の形式の種類には、仏式、神道式、キリスト教式など特定の宗教による形式と無宗教の自由葬、音楽葬、とよばれる形式があります。

 

これまで、あなたのご先祖様がどのようにお付き合いをされてきたのかで、希望通りとは、いかなくなるケースもありますが、しっかりと話し合うことで概ね解決できます。

 

  • 直葬とは、通夜、葬儀・告別式を省略して火葬のみを行うということ。
  • 菩提寺に直葬で行うことを告げるタイミングに注意が必要であること。
  • 菩提寺前もって直葬で行うことを伝えた方が、後々の揉め事が解消されること。
  • 葬儀の形式、供養の形に制約はないといこと。

 

葬儀担当葬儀担当

円満な解決のためにも、菩提寺の住職に詳しい、近所の葬儀社を選びましょう。