葬儀は何時から始まることが多いのか?と、葬儀打ち合わせの時には必ず聞かれます。

 

葬儀担当葬儀担当

希望が多い時間は、10時開式、もしくは11時開式ですよ。

なぜなら、葬儀・告別式が行われる所要時間は1時間ですので、葬儀を終え、火葬を待つ時間がちょうど、昼食時間となるからです。

 

お式の最中に空腹を我慢したり、早めの昼食を考えたりしなくてもよいということになります。

 

だからと言って、誰もが、10時、11時開式の葬儀ができるとは限りません。これには2つの条件が整うことが、前提となるのです。

 

この2つの条件とは、

 

1.火葬場(斎場)に空きがあるのか?

 

例えば、10時に葬儀が始まると、11時に式場を後にして火葬場(斎場)へ向かいます。到着するのは、約30分後と考えると、

 

新人さん新人さん

11時30分に火葬予約がしてあるってことですね。

その通りです。そして、火葬場(斎場)によって異なりますが、この11時30分の火葬炉は何件の予約が受けられるのかで、決まってきます。

 

火葬炉の予約は、いわば、早いもの順で埋まっていくのです。

 

2.宗教者の都合は付くのか?

 

こちらもですが、葬儀となると導師が1人ではなく2人以上になることがありますので、突然の葬儀日程に即答いただけないことも。

 

このような事から、葬儀が午後からになることもあります。

 

では、午後から始まる葬儀は一体何時までかかるのでしょうか。

 

参考:【葬式の流れ】葬式の日数は亡くなってから何日後?日程の決め方ポイント5つ

葬儀は何時から始めると流れがスムーズなのか


葬儀は何時から始めると流れがスムーズなのかは、先ほども話した、10時または11時開式をすると、生活リズムと同じような時間配分になるのです。

 

では午後からの葬儀になる場合、気になるのは、最終何時までに始めなくてはならないのか。

 

葬儀を夕方から始めても良いのかと聞かれることもあります。

 

新人さん新人さん

夕方の葬儀?まだ見たことがないけど・・・

これからも、見ることはないと思うけど・・・

 

では、葬儀の日程を決めるポイントを紹介します。

葬儀の日程を決める3つのポイント

冒頭でも話した葬儀時間を決める条件2つに加えて、やはり、あなたの希望する日も重要です。

 

もっと詳しく見ていきましょう。

火葬炉の空き状況

火葬場の空き状況は、あなたが確認をしなくても大丈夫です。

 

なぜなら、葬儀社が、あなたから連絡を頂いた直後に確認を済ませているからです。

 

ただし、火葬場(斎場)によって、受け入れ時間も、1日の対応件数も様々です。

 

先ほどのように、11時30分、12時30分、13時30分・・・と1時間刻みに受け入れる火葬場もあれば、

 

また、10時、10時30分、11時、11時30分と30分刻みの火葬場

 

さらには、10時から11時の1時間の間に6件を受け入れるやり方をするところも。

 

しかしこの火葬場は、霊柩車が数珠つなぎとなり、渋滞が起こります。

 

そして、何時まで受入れが可能なのかというと、一番遅いところで、15時30。多くは14時30です。

 

このことから逆算すると、葬儀を始める時間は、13時でないとその日に出棺ができないということ。

 

各火葬場(斎場)によって異なりますが、目安として、13時開式の葬儀が最も遅い葬儀時間だと覚えてください。

宗教者の都合

このように、火葬場(斎場)との兼ね合いを考えて、次は宗教者なのですが、葬儀の時間だけ都合がつけば良いということではありません。

 

葬儀が終わり、皆さんで火葬場(斎場)へ向かわれ、収骨をしてから、再度、式場に戻って初七日法要がありますので、宗教者も同じく、再度、式場へ出向くことになります。

 

そのためにも、宗教者と都合を合わせることは重要で、都合次第では、葬儀の日程が思っていたよりも日延べをすることもあるのです。

当家の希望日

ここでは、あなたやあなたの家族の予定について、都合の問題が生じることもあるでしょう。

 

出張中であるとか、出張予定がある。学校の試験がある、修学旅行、卒業式や入社式。

 

人の都合だけではありません。台風が来るなどの自然災害を心配することもあります。

 

これらのことをまとめるのは、一見大変に思われますが、葬儀担当者は予定を合わせる為に、多くの提案ができますので意見を聞いて、葬儀日程を決めてください。

 

参考:葬儀社の選び方探し方!葬儀屋のおすすめポイント決め方は7つ

葬儀の流れ

通夜から葬儀・告別式の流れはこちらにあります。

 

火葬場(斎場)の火葬時間や、移動距離、宗教者の読経の長さなどが違うため若干時間は前後します。

時間
式場集合  1時間前
葬儀式 40分
告別式  15分
火葬場へ移動  30分
火葬 1時間~2時間
収骨 20分
式場へ移動 30分
初七日法要  30分
精進落とし(食事)  1時間~2時間
合計 約6時間~8時間

 

このことからもわかるように、13時から葬儀を始めると、全て終了するのが、18時~20時です。

 

ですが、今は葬儀式中に初七日法要のお経も一緒に読んでもらう「式中初七日」という、方法もありますので、詳しくはこちらをご覧ください。

 

参照:お葬式にかかる時間はどのくらい?所要時間は何とたったの1時間!

まとめ


葬儀日程を決めるポイントは3つ。

 

  • 火葬場(斎場の)空き状況は葬儀社が確認する。

  • 宗教者の予定を聞くこと。

  • あなたやあなたの家族の予定を合わせて、希望日を決めること。

 

葬儀担当葬儀担当

火葬場のごとの仕様を覚える必要はありませんよ。

あなたに代わって、近所にある葬儀社の見積もりを調べてお伝えします。もちろん無料です。創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介「いい葬儀」へお電話ください。