葬儀代は誰が払うのか?

 

最近では家族葬や近親者だけでの葬儀も人気があり、そもそも香典を辞退する事も多くなってきていますよね。では、葬儀にかかる費用というのは本来誰が支払うものなのでしょうか?

 

まず、大前提として、

 

葬儀担当葬儀担当

葬儀費用を誰が支払うべきなのかは法律では定めてはいませんよ。

しかし、実際には長男が喪主を努めて、葬儀費用も負担する傾向は根強く残っています。相続人は法律で定められた割合で平等に財産を分けるのが原則ですので、長男に全てを負担させるのは不公平と言えるでしょう。

 

兄弟で負担するケースがあっても良いということ。

 

ここでは、どのように葬儀費用の負担割合決めればよいのか、やはり、喪主が支払うのかについて考えていきます。

 

参考:葬儀費用がない?市役所の補助金制度で葬儀代が払えない不安を解消!

 

葬儀代は誰が払うのか?

葬儀代は誰が払うのかを考える時に、故人に財産がある場合、葬儀費用は相続財産から支払っても良いとされているので充当することをお勧めしますが、そもそも葬儀費用に当てるお金がないということであれば、共同相続人が相続分に応じて負担するものと考えられます。

 

さらに、香典をいただかれる場合がありますねよね。

 

香典はそもそも遺族の経済的負担を減らすための相互扶助的な意味合いをもって喪主に贈られるものですから、香典がある場合はまず香典が葬儀費用に充ててもかまいませんよ。

 

  1. 香典を葬儀費用に充てる。
  2. 足りない分を故人の相続財産から充てる。
  3. 共同相続人が相続分に応じて葬儀費用を負担する。

 

このような順番で考えるのか、一般的すね。

 

喪主

やはり、葬儀費用は喪主=長男が払うとものだと思っている方が多いのですが、親の土地や家も含めて財産を引き継ぐのであれば、これは致し方無いのでは。

 

さらに、兄弟姉妹が財産を放棄したということであればなおのこと長男が負担することになるでしょう。

 

ですが、「喪主」が、葬儀式についても葬儀費用についても全般を請け負うものだと勘違いされている方があります。葬儀内容や費用については「施主(せしゅ)」が主な役割を果たすのです。

 

お式の中で「喪主からの焼香~」「喪主挨拶」など式中の代表としての役割を担うのが喪主であって、この葬儀内容を決めた人、葬儀費用に関して葬儀社と打ち合わせをして、葬儀見積書にサインした人が誰なのかによって、誰が支払うのかが違ってくるのです。

 

 

葬儀担当葬儀担当

葬儀社は「施主様はどなたですか?」といつも聞いているのですよ。

このように、葬儀費用に関して知らされていない喪主に対して、「後は払っておいてね~」では、納得がいきませんよね。施主が喪主を務めるケースが最も多いことも事実です。

 

兄弟姉妹

そして、兄弟姉妹に対しても葬儀費用を負担しなくてはならない場合があります。

 

故人に財産がない場合には、それぞれの方の合意のもと、費用負担の割合を決めるケースが多いですね。誰がどれだけと言ったような決まりはなく、年齢や収入などを考慮して、それぞれの負担割合を検討してください。

 

最近の傾向としては、親の世話を長男ではなく、長男の姉、妹がしていることが多く、この場合、親の年金支出や財産を把握していることがあるため、喪主以外の方が、施主として葬儀内容を決めたのであれば、たとえ喪主を務めなかったとしても葬儀費用の支払い義務が生じます。

 

新人さん新人さん

先週の喪主さんは長距離トラックの運転手さんで、お通夜ギリギリに間に合いました!

葬儀担当葬儀担当

そうでしたね。妹さんと弟さんが施主を務めてくださいました。

 

高等裁判所で出された判決でも、質素な葬儀をあげるのか豪華な葬儀をあげるかは施主が決めることだから、決定者である施主がその責任において費用を支払いなさいとの判例もあるくらいですから。

 

葬儀代を安くする方法

最近では「お別れのかたちを選べる時代」となっていますので、故人の身分に応じた相応しい葬儀を執り行うべきです。

 

大切な人の死という事実を受け入れて見送り、お別れをするのはつらいことなのですが、多様化する葬儀形態の中から、「直葬(火葬)」「一般葬」「一日葬」「社葬・合同葬」「家族葬」「密葬」をはじめ、個人にちなんだ葬式「音楽葬・自由葬」「お別れ会・偲ぶ会」など、あなたが思う形で送られてはいかがでしょうか?

 

ここで、葬儀にかかる費用はこちらの4種類です。

 

  • 施設利用費用(火葬・施設使用料)
  • 葬儀を行うために必要なものの費用(祭壇・お棺・花など)
  • 参列者へのおもてなし費用(飲食代・返礼品など)
  • お寺から呼ぶ僧侶等への謝礼金(お布施)

 

ある統計調査では、葬儀の事前相談をする方が8割にものぼるとあります。このようなことに注意して希望のプランを見つけて下さい。

 

参照:葬儀費用を故人の貯金からカードで引き出したいけどいつまで大丈夫?

 

いい葬儀社の見つけ方

希望する葬儀をできるだけ安く済ませたいと誰しも思うことなのですが、成功に導く方法は一つしかありません。

 

葬儀担当葬儀担当

いい葬儀社を見つけることです。

 

葬儀を依頼した葬儀社に「儀式の段取りや手配」を全て任せてしまうことになるのだから。

 

いい葬儀社とは、あなたの希望を叶えてくれる葬儀社のことなのですが、普段から接することがない葬儀社の見分けは付きませんよね。

 

葬儀社へ一社ごとに電話をして尋ねるのも一つの手ではありますが、時間がかかってしまいます。

 

このよう時は、葬儀社の紹介をしてくれるいい葬儀へ電話をしてください。

 

あなたに代わって、近所にある葬儀社の見積もりを調べてお伝えします。1件だけではなく2~3社は比較をするのに必要でしょう。

 

2~3社の葬儀社の見積もりが電話1本で済ますことができるのですから、利用しない手はないということ。

 

葬儀担当葬儀担当

安心してください、もちろん無料です。

 

どうして、いい葬儀を勧めるのか気になりますよね。理由は簡単です。私が勤務している葬儀社とも取引があるからです。

 

取引があるからといって、忖度(そんたく)しているわけではないのです。だって他にも葬儀社の紹介をしている会社があり、付き合いもある中で、やはりいい葬儀を利用することが一番良いと感じています。

 

いい葬儀が選ばれている理由は3つ。

 

  • 直接、葬儀社と話をする前に葬儀社の情報をもらえること。
  • あなたの近所にある葬儀社の比較が一度にできること。
  • わからない事や疑問にもすぐに答えてくれること。

 

電話をすると、2~3件の葬儀社の見積もりが届くわけですが、私が勤めている葬儀社もこの中の1社になることがあります。

 

だからと言って、弊社に葬儀依頼が来るとは限りませんが、このような時には「要望が叶う葬儀社が他にあったのだ」と、残念に思う反面、安堵する気持ちもあります。

 

短時間で葬儀社の比較をすることができるこの仕組みは、後悔しないお葬式を行うための始めの一歩なのです。

 



24時間、いつでもお電話ください。

 

まとめ

 

  • 葬儀費用を誰が支払うべきなのかは法律では定めてはいないこと
  • 相続人は法律で定められた割合で平等に財産を分けるのが原則であること。
  • 故人の財産で支払うことができること。
  • 香典を葬儀費用に充てること。
  • 葬儀費用については「施主」が責任を持つこと。
  • 兄弟姉妹であっても年齢や収入などを考慮して、負担割合を検討すること。
  • 多様化する葬儀形態の中からあなたの希望する葬儀を決めておくこと。

 

葬儀担当葬儀担当

故人様の前で、もめごとにならないように、葬儀費用を話し合っておくべきです。