【葬式の費用】家族葬は実際にいくら必要なのか?家族葬の費用に幅があるのは、家族葬プランの内訳が葬儀社ごとによって異なっているため。

 

ある葬儀社ですと「家族葬プラン30万円~」、また別の葬儀社ですと「家族葬プラン498,000円~」と、このように料金はもちろん表示方法まで違うため、比較しづらい料金体系であることから、トラブルの原因になることも少なくないのです。

 

そうは言ってもおおよその「家族葬費用の目安」は知っておく必要があります。

 

葬儀担当葬儀担当

家族葬の最低費用の相場は50万円を目安にしてください。

 

新人さん新人さん

50万円?この50万円には何が含まれているのですか?

 

とても良い質問ですね。家族葬の費用を考える時には4つの項目の総額で検討することがとても重要なのです。

 

  1. 火葬費用(火葬をするために火葬場でかかる費用)
  2. お通夜・葬儀にかかる基本的な家族葬費用(祭壇・お棺・式場使用料など)
  3. 飲食や返礼品の費用(通夜振る舞いや精進落し、香典返しなど)
  4. 寺院関係費用(お布施)

 

先ほど、家族葬の最低費用の相場は50万円と申し上げたのは、この4つの項目を含んだ金額なんですよ。

 

2.の基本的な家族葬費用だけでも内訳がわかりにくいのですが、この4つの項目を具体的に見ていくと、家族葬を執り行うにあたって「いくら現金を用意しておけばよいのか」が、はっきりするので安心です。

 

参考:葬儀代に相場はあるの?家族葬の費用を安くして負担を減らす方法3選

【葬式の費用】家族葬は実際にいくら必要?最低費用の相場は50万円

昨日、ある火葬場の職員さんとこんな話をしました。

 

家族葬の費用も葬儀屋によってまちまちだし、お寺さんに払うお礼も住職によって金額が違うから、みなさん戸惑うよね~」って。

 

こちらの火葬場では、火葬時間である1時間~2時間ほど待つための部屋がわりと開放的な為、喪主さんや親族さん方が、こちらの火葬場職員さんと話をする機会に恵まれるのですが、家族葬でも支払総額が100~150万円以上になったことを耳にするようです。

 

喪主様が納得して行ったのであれば問題ないのですが、納得がいかないから職員さんに「ポロリ」と本音をもらすのではないでしょうか。

【葬式の費用】家族葬の火葬料金

昨今では、家族葬だけではなく、一日葬や直葬といったように葬儀スタイルは多様化しています。

 

どのような葬儀形態を選んだとしても必ず必要なのが火葬をするための費用「火葬料金」です。

 

これは火葬場の運営が各自治体であることが多いため料金の設定額も一律ではないことから、あなたのお住まいの地域を管轄する火葬場へ問い合わせてみると火葬料金がわかります。

 

地域差がありますが、火葬料無料の地域もあれば、高いところですと5万円前後必要な地域もあるのです。

 

葬儀担当葬儀担当

ですが、これには対処法がありますよ。

 

国の制度として「健康保険」や「社会保険」から葬祭費の補助金制度というものがあり、葬儀後にあなた自ら申請をして受け取ることができるのです。

 

参考:葬儀費用がない?市役所の補助金制度で葬儀代が払えない不安を解消!

 

【葬式の費用】家族葬プランの内訳

葬儀社ごとの家族葬プランを比較することで、どの葬儀社がお値打ちなのかがわかるのですが、それよりもこのように聞いてみてください。

 

家族葬に必要なものが揃っているプランはいくらからですか?

 

このように聞くことで、

  • 298,000円からですよ。
  • 30万円のプランに別途消費税が必要ですよ。
  • 38万円プランからご用意していますよ。

 

どこの葬儀社も家族葬プランが1つではなくて、3~4プランを用意しているため、設定金額の一番安いプランを知ることで、この葬儀社がいくらの価格帯で家族葬を提供しているのかわかります。

 

家族葬の総額費用を50万円以内でお考えでしたら、この家族葬プランは30万円前後を選ぶことです。

 

参考:【葬儀費用の内訳】お葬式の費用は家族葬だと安い?節約術を大公開!

 

【葬式の費用】家族葬の飲食接待費

家族葬といえども、せっかく足を運んでくださった親族へは接待をしたいと思われるでしょう。そして、親族の皆さんも手ぶらでお越しになる方は少なく「香典」を持参されます。

 

ですから、こちらの飲食費や香典のお返しに至っては、頂かれた金額内で礼を尽くせば良いのです。

 

もちろん香典金額は先にわかるものではありませんが、葬儀社へ料理を注文する際には、1人あたり2,000~3,000円くらいで考えると、持ち出し費用になることはないでしょう。

 

【葬式の費用】家族葬のお布施

家族葬の中で最も悩みが大きいのがこのお布施です。

 

初めに整理をしておきましょう。火葬料は役所又は火葬場へ支払いをします。次に葬儀の基本料金や飲食費は葬儀社へ支払います。

 

こちらのお布施は「僧侶」へ渡す費用。このように家族葬の費用が明確にならない理由の1つに支払先がそれぞれにことなることが挙げられます。

 

そして、先祖代々から付き合いがある僧侶があり、そのお寺が格式高いともなれば、家族葬プランの費用よりも、お布施の費用が上回るといったケースも沢山みてきました。

 

家族葬で、さらに少人数のお式であれば、お通夜~葬儀~初七日までの読経は全てお一人でお願いをして、お布施は15~20万円が目安でしょう。

 

お布施の費用が心配な方は、料金を明確に打ち出しているお坊さん便を利用するのがお勧めです。

 

まとめ

 

葬式の費用を検討する時には、火葬料金は葬祭費補助金でまかなえ親族の飲食接待費は頂いた香典を充てることで、持ち出し費用にはなりません。

 

しかし、家族葬のプラン料金は選ぶ葬儀社によって異なりますし、僧侶へのお布施は葬儀前に確認を怠るとトラブルになりかねません。

 

家族葬の最低費用の目安として、

  • 家族葬プランは30万円前後。
  • 宗教者へのお布施は15~20万円前後。

 

これだけの費用があれば心に残る家族葬は執り行えます。

 

もちろん、もっとお花を足したい、増やしたい、柩(ひつぎ)は少し良いものにしたいと思われるのであればプランに追加をされたら良いわけです。初めから高額なプランを選ぶことは避けてほしいのです。

 

葬儀担当葬儀担当

火葬場の職員さんが、「家族葬を全部あわせて50万円くらいでできると良いと僕は思うんだけどなぁ~」と。

 

この職員さんが、喪主様の愚痴を聞かなくなる日がくるのかな。

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
にほんブログ村


冠婚葬祭ランキング