葬儀費用を 故人の貯金からカードで引き出したいけどまだ大丈夫ですか?と必ずと言っていいほど聞かれます。

 

葬儀担当葬儀担当

役所に死亡届を出したら、故人の銀行口座から引き出しができなくなる。

 

このような勘違いをされている方がほとんどです。

 

実は、役所に死亡届を出しても、そこから金融機関に連絡がいくことはありません。役所と金融機関が連絡を取り合うことはないのです。

 

故人の口座からお金を引き出せなくなることを「凍結」と言いますが、この凍結が起こるタイミングは、金融機関側が故人の死亡を知った時点。

 

つまり、遺族や関係者が金融機関に口座名義人の死亡を伝えた時点で口座が凍結されます。

 

故人が地域で名を知られている人の場合や、遺族や関係者以外のどこから話が伝わった場合も凍結されますので注意してください。

 

故人の預金から、現金をいつ引き出すのかによって事情が変わってきますので、順に見ていきましょう。

 

参考:葬儀費用がない?市役所の補助金制度で葬儀代が払えない不安を解消!

 

葬儀費用を故人の貯金からカードで引き出したい


本人が死亡した事実を銀行が知れば、すぐに口座を凍結してしまいます。

 

それなら、葬儀費用の支払に故人預金を当てることができるのか?亡くなる直前に、ある程度まとまったお金を引き出しておきたいと思うのが当然ですよね。

 

亡くなる前に預金を引き出すこと

日頃から介護をされている方は、医療費や介護費用を本人口座からお金を引き出すことがありますが、葬儀費用もこれと同じく、引き出すことに問題はありません。

 

ご本人が必要なお金として使っているもの、またこれから支払いをするためにということなら、あなたが頼まれて預金を管理している代理人なわけですから。

 

特に、子供が預金を引き出す代理権は民法でも定められていますので、

 

親:「代わり引き出してきてほしいの」

子:「うん、いいよ」

 

このようなやり取りで成立するという訳です。

 

亡くなる前の預金引き出しは、自身のお金を自身に使うことなので、問題はないということ。

 

亡くなった後に預金を引き出しもよいのか?

先ほどの子供が代わりに親の預金を引き出す代理人であったとしても、親の死亡とともに消滅しまいますので、預金を引き出してはいけないということになります。

 

ですが、

葬儀担当葬儀担当

カードで引き出すことはできますよ。

 

冒頭でも話したように、金融機関が、亡くなったことを知らない限り、口座の凍結はされない。

 

親さんが亡くなっても、そのことを銀行に言わないで、あなたが、銀行預金の引出しをいつも通り行うと、金額の出金ができます。

 

しかしそれは、金融機関が、亡くなったことを知らないから、いつも通りに、親さんの預金の引出しに応じるしかないからです。

 

 

では、カードではなく、金融機関の窓口へ「印鑑」と「通帳」をあなたが持って尋ねた場合はどうでしょうか?

 

金融機関は、「印鑑」と「通帳」とを持ってきた人が預金の引出しに訪れた場合、よほど高額であったり、その他の特別事情のない限り、預金の引出しに応じてくれでしょう。あなたとの通帳名義である親さんとの関係については聞かれます。

 

しかし、親さんの死亡は「その他の特別事情」に含まれます。

 

金融機関の窓口で、亡くなったことを伝えなければ、把握しようがありませんので、カードであっても、窓口であっても引き出すことが可能なのですが、これは言うまでもなく違法なのです。

 

後から他の相続人にそのことを指摘されると、面倒なことになる場合がありますので、使い道が不透明にならないように、収支ははっきりとさせておくことが賢明です。

 

ですが、

新人さん新人さん

葬儀費用に関しては、凍結の最中にも、葬儀社からの請求書や領収証を持参すれば、同額を引き出せますよ。

 

葬儀費用と認められる項目・認められない項目

実は、葬儀費用と一言で言っても項目によっては、故人の財産から支払えないケースがあります。

 

まず、第一には、「身分相応な葬式費用を故人の財産から支払うことを承認」とあるので、解釈が難しいところではありますが、妥当な範囲だと一般的に思われる葬儀規模にすることを心がけてください。

 

葬儀の費用として認められる項目

  • 搬送費
  • お通夜、葬儀・告別式に関する費用
  • 宗教者へのお布施
  • 戒名(法名)料
  • 火葬料
  • 納骨費用

 

葬儀の費用として認められない項目

  • 生花(喪主負担以外のもの)
  • 香典返し品
  • 精進落としなどの遺族用の食事関係
  • 墓地・仏具代の購入費用
  • 初七日・四十九日法要費用

 

これらの項目は、故人に使われるものなのか、遺族のためのものなのかで線引きがされています。

 

参照:葬儀費用の負担割合は兄弟で折半したいけど親の葬儀代は香典が頼り?

 

いい葬儀社の見つけ方

希望する葬儀をできるだけ安く済ませたいと誰しも思うことなのですが、成功に導く方法は一つしかありません。

 

葬儀担当葬儀担当

いい葬儀社を見つけることです。

 

葬儀を依頼した葬儀社に「儀式の段取りや手配」を全て任せてしまうことになるのだから。

 

いい葬儀社とは、あなたの希望を叶えてくれる葬儀社のことなのですが、普段から接することがない葬儀社の見分けは付きませんよね。

 

葬儀社へ一社ごとに電話をして尋ねるのも一つの手ではありますが、時間がかかってしまいます。

 

このよう時は、葬儀社の紹介をしてくれるいい葬儀へ電話をしてください。

 

あなたに代わって、近所にある葬儀社の見積もりを調べてお伝えします。1件だけではなく2~3社は比較をするのに必要でしょう。

 

2~3社の葬儀社の見積もりが電話1本で済ますことができるのですから、利用しない手はないということ。

 

葬儀担当葬儀担当

安心してください、もちろん無料です。

 

どうして、いい葬儀を勧めるのか気になりますよね。理由は簡単です。私が勤務している葬儀社とも取引があるからです。

 

取引があるからといって、忖度(そんたく)しているわけではないのです。だって他にも葬儀社の紹介をしている会社があり、付き合いもある中で、やはりいい葬儀を利用することが一番良いと感じています。

 

いい葬儀が選ばれている理由は3つ。

 

  • 直接、葬儀社と話をする前に葬儀社の情報をもらえること。
  • あなたの近所にある葬儀社の比較が一度にできること。
  • わからない事や疑問にもすぐに答えてくれること。

 

電話をすると、2~3件の葬儀社の見積もりが届くわけですが、私が勤めている葬儀社もこの中の1社になることがあります。

 

だからと言って、弊社に葬儀依頼が来るとは限りませんが、このような時には「要望が叶う葬儀社が他にあったのだ」と、残念に思う反面、安堵する気持ちもあります。

 

短時間で葬儀社の比較をすることができるこの仕組みは、後悔しないお葬式を行うための始めの一歩なのです。

 



24時間、いつでもお電話ください。

 

まとめ


葬儀費用を故人の貯金から、事実上引き出しができる場合がありますが、もし、手元の現金に余裕がないなら、やはり生前に引き出しておいた方がよい

 

  • 金融機関が亡くなった事実を知らない場合は、故人の預金を引き出すことができる。
  • 金融機関が亡くなった事実を知れば、口座は凍結をする。
  • 葬儀費用は、凍結が解除される前でも「請求書」や「領収書」があれば、同額を引き出すことが可能である。

 

葬儀担当葬儀担当

故人の預金から引き出す場合には、何に使ったのかをはっきりさせておくことでトラブルを回避できますよ。