葬儀費用の負担割合は兄弟で折半をするのか、やはり次男よりも長男が多く払いべきなのか。

 

葬儀代はだれが払うのかについて、法律上のルールはありませんよ。

 

葬儀については、宗教や地方の慣習などさまざまな事情がありますから。

 

葬儀担当葬儀担当

ですから、「葬儀という儀式をしなさい」とはどこにも書かれていないのです。

 

では、何もしなくても良いのか?

 

 

葬儀担当葬儀担当

何もしなくて良いのなら、葬儀代を誰が払うのかと悩むこともないでしょう。

 

そうではありません。「火葬をすることは義務」なのです。

 

火葬をするにもお金がかかること、ましてや葬儀をいう儀式を行うのであれば、なおさら葬儀費用の負担割合について、誰がどれだけ支払うことにするのか悩むでしょう。

 

 

長男、次男の2人兄弟だという方も少なくないことから、親が亡くなってしまった場合、葬式の費用はどのように分けるべきなのかを解説します。

 

 

「親の葬儀費用」葬儀代は誰が払うのか?

葬儀代は誰が負担をするのが一般的なのか?

 

喪主でしょう」、「長男でしょう」と声が聞こえてきそうですね。

 

お葬式には「喪主」と「施主」がある

聞きなれないかもしれませんが、葬儀という儀式をする時には、「喪主(もしゅ)」と「施主(せしゅ)」と呼ばれる人がいます。

 

 

喪主は遺族の代表として、儀式の中心人物となるのですが、

 

葬儀式の中で、「これよりは、喪主よりの焼香でございます」とアナウンスされ、遺族や親族の中で一番最初に焼香を行うのです。

 

その他にも、喪主が参列者に対してお礼のあいさつをしたり、返礼品の礼状にも、喪主の氏名が印刷されていますよね。

 

このように、喪主は遺族や親族の代表者でもあるのです。

 

 

では、施主の役割はというと、「葬儀費用を負担して葬儀式の運営に当たる人」を指します。

 

新人さん新人さん

えっ?葬儀代を負担するのは施主なのですか?

 

葬儀担当葬儀担当

そうなんです。

 

例えば、世帯主が亡くなった時に、喪主は長男が行い、施主は故人の妻であるケースはとても多く見受けます。

 

しかし、残された子供たちだけで葬儀を行うのであれば、親の土地や家も含めて財産を引き継ぐ人の中で、負担を分割することが必要でしょう。

 

喪主だからといって葬儀の費用を1人に負わせてしまうのは無理があるということ。

 

 

葬儀の打ち合わせとする時に、「施主はどなたですか?」と伺うことが増えています。

 

そして、最近の傾向としては、葬儀の打ち合わせに参加する人数が増えてきていることも。

 

喪主を務めるであろう長男はもちろんですが、長男の妻、次男と次男の妻。自分たちだけでは不安だからと叔父や叔母にも同席を求める方もあります。

 

葬儀の内容もさることながら、何にいくらかかるのか、一般的に見て、妥当な金額なのか知りたいと思うのが当たり前です。

 

だって、自分が支払いをする人だから。

 

このようなことから、喪主は1人、施主は複数人であることが多いということ。

 

 

葬儀担当葬儀担当

葬儀の打ち合わせをする際には、「お見積書」を作りますが、この用紙には施主のサインを頂く欄があります。

 

見積書とは、葬儀式をこの内容で行います、費用はこれだけかかりますよと明確にしたものなのですが、一番下の欄に施主からサインを頂いています。

 

広いスペースではありません。当然1人の氏名が書き込めるだけなのです。

 

経験上、施主欄に3人の名前が書き込まれたことがあります。

 

新人さん新人さん

とても仲が良いご兄弟だという印象の方がでした。

 

そうでしたね。支払いに揉めるであろう様子はない方々でした。

 

だからこそ、今後も仲良くするためにそれぞれの氏名を書いておくことにしますと教えてくださいました。

 

参考:葬儀費用がない?市役所の補助金制度で葬儀代が払えない不安を解消!

 

葬儀費用の負担割合を考える【兄弟編】


では、親の葬儀費用を兄弟で負担する場合の割合はどのように考えたらよいのでしょうか。

 

  • 後々揉め事にならないためにも、兄弟でキッチリ折半する。
  • 喪主を務める兄が少し多めに負担をする。
  • 兄弟の年齢に関わらず、現在の収入が多い方が負担をする。

 

このように考え方は色々ありますが、「葬儀代の支払いをどう考えているのか」と単刀直入に聞いてみることから始めてみましょう。

 

葬儀の時点では、兄弟どちらかが経済的に余裕があったとしても、以降には収入が逆転してしまう可能性もありますよね。

 

とは言え、男兄弟は普段から、会話も少なく、それぞれの家庭を持てば尚更一緒に出掛ける回数は減る一方なのでは?住まいが遠方であればなおのこと。

 

 

そして、兄弟それぞれにも言い分があるでしょう。

 

兄は大学にも行かせてもらったが、弟の僕は高卒なんだ。」とか、「家を買う時に援助してもらっている」など、それぞれに、親にかけてもらったお金について差があった事を口にしたくなる。

 

だからこそ、兄弟たちがどのような費用分担をするのかを時間をかけて話合っておくことが理想です。

 

 

ある住職の説法に、このような行がありました。

 

一、仲良くすること兄弟

二、仲良くすること子供

三、仲良くすること親戚

四、仲良くすること夫婦(夫婦は仲良くして当たり前だ)

 

両親の亡きあと、一番の肉親は幼少期より共に過ごした兄弟なのだと。これは、両親が願うことでもあるでしょう。

 

遺産を相続するのは誰なのか?

ある調査によると、親世代の約8割の方が、葬儀費用を預金しておきたと思っていると回答しています。

 

  • 残された子供や家族のことを考えると負担をかけたくない。
  • お葬式の費用は残しておきたい。
  • 葬儀の規模や形にこだわってはいない。送り出す方の気持ちでいい。

 

このような考えからも、遺産を確認し、遺産の範囲内でできる葬儀を執り行うことが理想です。

 

故人の財産/預金を確認する

親の預金通帳を初めて見る方は少なくないでしょう。

 

いくら預金があるのか、どれくらいの年金をもらっていたのか知らなかったのではありませんか。

 

だからこそ、預金の残高を確認してほしいのです。間違いなく残金は相続できるお金だから。

 

もし、親が亡くなってしまった後であったとしても、銀行にて通帳記入ができます。

 

口座名義人が亡くなったことを窓口へ申し出れば、一旦は引き出しができなくなりますが、葬儀費用は、口座が凍結中であっても、葬儀の領収証を持参すれば、同額を引き出すことができるのです。

 

亡くなった両親の預金から葬儀費用を払うことは、可能なのです。

 

生命保険を確認する

こちらは、生命保険に入っていらっしゃるのかどうか。保険証券がある場合には、電話で確認をしてください。保険内容にも注目すべきなのですが、特に女性の場合は、入院費に手厚い方が多いそうですから。

 

家の壁に貼られているカレンダーや届いているハガキなどに、生命保険会社のものはありませんか。

 

親が保険に入っていたのか分からない時には、家の中にヒントがあるケースが多いのです。

 

そして、生命保険を申請するには、医師が発行した死亡診断書が必要になりますので、病院で頂かれた際には、数枚のコピーをしておくこと。

 

参照:葬儀費用がない?市役所の補助金制度で葬儀代が払えない不安を解消!

 

 

故人の遺産内で収まる葬儀にする

いつも聞くわけではありませんが、「故人の遺産で葬儀を行こなう」と、教えてくださる喪主さんが圧倒的に多いです。

 

現在では、葬儀も小規模化していますので、一般に言われている、葬儀の平均単価が200万円前後が必要などということはありません。

 

葬儀担当葬儀担当

家族葬で行うのであれば、目安として30万円から整う葬儀社もありますから。

 

ですから、お葬式の費用の負担について、兄弟のどちらかおひとりだけで見切り発車で進めることは危険です。お葬式を執り行っていく上で、事前に葬儀社との相談時間を取りましょう。

 

故人の財産+香典=葬儀費用

 

この計算式を基準にしたとして、それでも、「故人の財産は無い」ということでしたら、兄弟で持ち出す分を最小限に抑える努力をしましょう。お二人の日々の生活が脅かされては意味がありませんから。

 

いい葬儀社の見つけ方

 

親の葬儀費用を故人の遺産から支払うにしても、兄弟で負担して行うにしても、結局支払うことに変わりはないのです。

 

希望する葬儀をできるだけ安く済ませたいと誰しも思うことなのですが、成功に導く方法は一つしかありません。

 

葬儀担当葬儀担当

いい葬儀社を見つけることです。

 

いい葬儀社とは、あなたの希望を叶えてくれる葬儀社のことなのですが、普段から接することがない葬儀社の見分けは付きませんよね。

 

葬儀社へ一社ごとに電話をして尋ねるのも一つの手ではありますが、時間がかかってしまいます。

 

このよう時は、葬儀社の紹介をしてくれるいい葬儀へ電話をしてください。

 

あなたに代わって、近所にある葬儀社の見積もりを調べてお伝えします。1件だけではなく2~3社は比較をするのに必要でしょう。

 

2~3社の葬儀社の見積もりが電話1本で済ますことができるのですから、利用しない手はないということ。

 

葬儀担当葬儀担当

安心してください、もちろん無料です。

 

どうして、いい葬儀を勧めるのか気になりますよね。理由は簡単です。私が勤務している葬儀社とも取引があるからです。

 

取引があるからといって、忖度(そんたく)しているわけではないのです。だって他にも葬儀社の紹介をしている会社があり、付き合いもある中で、やはりいい葬儀を利用することが一番良いと感じています。

 

いい葬儀が選ばれている理由は3つ。

 

  • 直接、葬儀社と話をする前に葬儀社の情報をもらえること。
  • あなたの近所にある葬儀社の比較が一度にできること。
  • わからない事や疑問にもすぐに答えてくれること。

 

電話をすると、2~3件の葬儀社の見積もりが届くわけですが、私が勤めている葬儀社もこの中の1社になることがあります。

 

だからと言って、弊社に葬儀依頼が来るとは限りませんが、このような時には「要望が叶う葬儀社が他にあったのだ」と、残念に思う反面、安堵する気持ちもあります。

 

短時間で葬儀社の比較をすることができるこの仕組みは、後悔しないお葬式を行うための始めの一歩なのです。

 



24時間、いつでもお電話ください。

 

香典は当てにはしない

葬儀には香典がつきものですし、香典返し品を引いた残りを、葬儀費用にあてるのももちろん良いでしょう。

 

香典とは、もともと、葬儀費用の足しにしてくださいと言う意味合いのものですから、当然なのですが、当てにはしないこと。

 

なぜなら、香典は正確な金額が保証できないためです。

 

そして、両親を亡くされた場合に、費用が掛かるのは葬儀だけではありません。今後の供養にもお金が必要です。

 

中には、「香典としてもらったお金は、49日法要や納骨費用として別にしておく」と言われた方もあります。

 

葬儀費用を工面でき、香典が残ったということなら、こちらを兄弟で折半されてはどうでしょうか?

 

参考:葬儀は香典でまかなえるのか?葬儀費用の赤字を黒字にする方法2選

 

まとめ

 

葬儀担当葬儀担当

長男だから次男だからという時代は過ぎたように感じています。

 

最期の時であるお葬式を豪華にしたいというご両親は少ないように思います。それよりも自分が亡きあと、子供たちが力を合わせて生きてくれたらと願う気持ちの方が大きいのではないでしょうか。

 

このようなことを避けるには、両親が生きているうちに葬儀の事ついて、面倒で後回しになりがちですが、後々もっと面倒になる前に兄弟で話し合う時間を作くりましょう。

 

  • 葬儀費用を誰が負担するかについては法律上ルールはないこと。
  • 親の遺産を把握すること。
  • 兄弟で遺産の範囲内の葬儀内容を検討すること。
  • 兄弟が仲良く生活していくことを親は一番望んでいること。