葬式を安く済ませる方法はないものかと、どなたでも一度は考えることです。

 

しかし、普段から接することのない葬儀について、どのようにしたらお値打ちに済ますことができるのか、見当がつきませんよね。

 

これには、まず、

葬儀担当葬儀担当

あなたが、どのような形のお葬式をしたいのか?がポイントです。

新人さん新人さん

そうは言っても、お葬式の種類って色々あるんですよね?

そうなんです!

 

今では形式にこだわらない様々なお葬式の形がありますよね。ここではお葬式の種類を3つ説明します。

 

お葬式の種類を知ることによって、お葬式をお値打ちに済ます方法がまるわかりですよ。

 

葬式を安く済ませる方法3つ

葬式をできるだけ安く済ませる方法の近道は、お葬式の種類を知ることからです。

 

そのために、近年の代表的なお葬式の種類を紹介します。

 

難しくはありませんよ。イメージすることができればよいだけですから。最後には、あなたが希望するお葬式をお値打ちに執り行う方法がわかります。

 

家族や親類だけで葬儀をする

近年では、多くの友人知人や会社関係の参列をお断りするケースが増えています。家族や親族、ごく一部の親し友人のみで葬儀をするお葬式が増えているのです。

 

このようなお葬式を、

 

新人さん新人さん

家族葬ですね!

そう、そのとおり!

気兼ねの無い間柄の方ばかりが集まるわけですから、ゆっくりとお別れができますよ。

 

なかには、「一般的な葬儀から色々省略されてしますのではないの?」と心配される方もありますが、そんなことはありません。

 

お葬式の流れは一般的なお葬式と何ら変わりはありませんから。

 

お通夜も葬儀も執り行い、お寺さんにも来てもらってお経を読んでもらえます。規模を小さくすることによって費用を抑えることができるのです。

 

お通夜をしないで葬儀だけをする

通常は二日間かけて行うお葬式のお通夜を省略し、葬儀のみを執り行う形。

 

これを一日葬と言います。

 

新人さん新人さん

一日葬


まだ、聞きなれていないかもしれませんが、徐々に増えてきている形なんです。

 

一日葬が選ばれる理由は大きく分けて3つあります。

 

  • 親類が遠方のため2日間の日程では参列が難しいこと。
  • 親類が高齢者のため体力的に厳しいこと。
  • 式場費などが1日分でよいため費用の負担が減ること。

 

などが、主な理由です。

 

加えて、お寺さんのお経もありますので、1日だけとはいえ、きちんとしたお式を執り行うことができるので、選ぶ方も増えています。

 

お通夜も葬儀もしないで火葬だけをする

通夜・葬儀を行わず、火葬のみでシンプルにお別れするお葬式の形です。

 

新人さん新人さん

直葬(ちょくそう)
または、火葬式と呼ばれているものですね!

そうだね。

呼び方は色々あるけれど、「形式的なお式をしない」ということだよ。

 

お亡くなりになった方がご高齢であったり、生前にお付き合いされている方が少なかったりなど、呼べる親族・知人がほとんどいない場合や、お葬式の費用をできるだけ安く済ませたい方などに選ばれています。

 

私が担当をさせて頂いた方の中には、

 

「故郷が遠方にあるので、こちらでは火葬だけをして、故郷に連れて帰ってから骨葬をすることにします。」と、おっしゃる方もみえました。

 

そうですよね。故郷に帰ればご親戚が集まることもできますし、改めて故人様を偲んでいただけます。

 

「直葬でも、お寺のさんにお経を読んでほしいわ」と、思われるのでしたら、短かめのお経ではありますが、火葬場で読んでもらうことができますので、

 

心残りなく大切な人を送る一つの方法なのです。

 

「火葬だけ」とは言っても、ここにはドラマがあるんですよ。

 

【重要】お葬式の種類ごとの費用について

これまでに「家族葬」「一日葬」「直葬」の種類を説明しましたが、あなたが執り行いと思う葬儀の種類はイメージできましたか?

 

葬儀費用は地域や葬儀社によってもまちまちなのですが、

 

家族葬ならいくら位必要なのかしら?

一日葬ならどれくらい安くなるの?

直葬ならいくら準備すればいいの?

 

当然のことながら、それぞれの種類によって中身が違うわけですから、費用も違ってきますが、全国平均の葬儀費用が一説によると198万円とも言われてい中、葬儀の規模を縮小することによって、かなりお値打ちな価格になるでしょう。

参照:葬儀代に相場はあるの?家族葬の費用を安くして負担を減らす方法3選

 

いい葬儀社の見つけ方

希望する葬儀をできるだけ安く済ませたいと誰しも思うことなのですが、成功に導く方法は一つしかありません。

 

葬儀担当葬儀担当

いい葬儀社を見つけることです。

 

葬儀を依頼した葬儀社に「儀式の段取りや手配」を全て任せてしまうことになるのだから。

 

いい葬儀社とは、あなたの希望を叶えてくれる葬儀社のことなのですが、普段から接することがない葬儀社の見分けは付きませんよね。

 

葬儀社へ一社ごとに電話をして尋ねるのも一つの手ではありますが、時間がかかってしまいます。

 

このよう時は、葬儀社の紹介をしてくれるいい葬儀へ電話をしてください。

 

あなたに代わって、近所にある葬儀社の見積もりを調べてお伝えします。1件だけではなく2~3社は比較をするのに必要でしょう。

 

2~3社の葬儀社の見積もりが電話1本で済ますことができるのですから、利用しない手はないということ。

 

葬儀担当葬儀担当

安心してください、もちろん無料です。

 

どうして、いい葬儀を勧めるのか気になりますよね。理由は簡単です。私が勤務している葬儀社とも取引があるからです。

 

取引があるからといって、忖度(そんたく)しているわけではありません。なぜなら他にも葬儀社の紹介をしている会社があり、付き合いもある中で、やはりいい葬儀を利用することが一番良いと感じているからです。

 

いい葬儀が選ばれている理由は3つ。

 

  • 直接、葬儀社と話をする前に葬儀社の情報をもらえること。
  • あなたの近所にある葬儀社の比較が一度にできること。
  • わからない事や疑問にもすぐに答えてくれること。

 

電話をすると、2~3件の葬儀社の見積もりが届くわけですが、私が勤めている葬儀社もこの中の1社になることがあります。

 

だからと言って、弊社に葬儀依頼が来るとは限りませんが、このような時には「要望が叶う葬儀社が他にあったのだ」と、残念に思う反面、安堵する気持ちもあります。

 

短時間で葬儀社の比較をすることができるこの仕組みは、後悔しないお葬式を行うための始めの一歩なのです。

 


あなたの要望を叶えてくれる葬儀社は、創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介「いい葬儀」で見つかります。

 

葬儀担当葬儀担当

24時間、いつでも大丈夫ですよ。

まとめ

 

  • お葬式の種類は「家族葬」「一日葬」「直葬」の3種類。
  • あなたが希望するお葬式のイメージを持つことができればOK。
  • 資料請求をして、より具体的に葬儀費用を検討しよう。

 

葬儀担当葬儀担当

あなたが納得のいくお葬式の種類、お葬式の費用は見つかりましたか?
後悔しないお葬式をしていただきたいと願っております。