お葬式をしてはダメな日、してはいけない日があるのだと思っていらっしゃる方は多いですね。

 

お葬式を行う際、まず決めなければならないのが日取りなのですが、皆さん一応に、「友引」はお葬式をしないものだと言われますが、果たしてそうでしょうか?

 

葬儀担当葬儀担当

実は、仏教に関係はないのです。

ですが、なぜ友引が避けられるのか。お葬式を行う場合は前もって理由を把握しておきたいものです。

 

ここでは、友引本来の意味や、友引 が避けられている理由などについて説明します。

 

参考:【葬式の流れ】葬式の日数は亡くなってから何日後?日程の決め方ポイント5つ

 

お葬式がダメな日してはいけない日


お葬式をしてはダメだと思われていている「友引」ですが、中国から伝わったとされている暦のひとつである「六曜(ろくよう)」からの流れがあります。

 

これはあなたが、月曜日、火曜日、水、木、金・・・と順に連続していることと同じで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口が、繰り返されているだけなのです。

 

それよりも、友引の日は火葬場が休みになることがあり、従って葬儀がダメな日と言うよりは不可能な日と言えるでしょう。

 

では、なぜここまで友引を避けるようになったのでしょうか。

友引に葬儀が行われない理由

あなたは「友引」の葬儀は縁起が悪い?と思いますか。思いますよね。一般的に避ける傾向があるからですよね。

 

実は、六曜では、友引にお葬式をあげることが悪いことであるという考えがない。

 

現在お葬式を行う際に友引が避けられているのは、縁起の悪い出来事に友を引き寄せてしまうという迷信から来ています。

 

本来「友引」の意味は、共に引き分ける、という意味ですが、いつしか、「友を引く」という意味として捉えられるようになってしまったのです。

 

このような迷信が長く信じられていることで、現在では全国的に友引に葬儀が行われない地域がたくさんあります。

 

友引に関する扱いは暗黙のマナーとして認識されがちではありますが、あくまで迷信から来ているものですので、必ずしも守らなければいけないわけではありません。

 

現在は友引に関して柔軟にとらえる人も増えてきましたが、年配の方などはこの迷信を大切にしている人もいますので、友引人形を柩に入れると良いでしょう。

 

新人さん新人さん

友引人形?

葬儀担当葬儀担当

こけしのような形をしているもので、友を引かずに、この子を連れて行ってねという意味のものだよ。

 

商売のにおいがするけどね・・・

現在行われている葬儀の傾向

友引の通夜

先ほどからの話で、友引は縁起が悪いものではないとわかっても、葬儀の日が友引では、会葬する方が嫌がる可能性があるため、葬儀や告別式を友引に行うことは避けているという方は多くいらっしゃいます。

 

しかし、お通夜はどうでしょうか?これは全く気にする方がいらっしゃいません。友引にお通夜を行うことは、昔からの風習からみても問題も戸惑いもありませんよ。

 

お通夜を友引に行うことは日常的です

 

友引の火葬場

全国的に見ても、まだまだ友引の日を定休日としている火葬場が多いため、友引明けの日は火葬場が混み合う傾向にあります。

 

友引の次の日に当たりそうな場合は、希望の予約時間が取れない場合があるのです。

 

別の火葬場をあたってみるというのも手ですが、市外の方ということで火葬料金が高くなりますので、費用の調整が必要ですね。

 

友引の法要や法事

葬儀の後に行われる法事・法要ですが、故人が亡くなった日から49日目に執り行われる忌明け法要から始まります。

 

ですが、法事や法要では「友引の日」とは無関係に営まれているのです。

 

さらに、法要は休日に行われることが多いでしょう。

 

来て下さる方のためにも土日の休日を希望される方が多く、これに伴い、お寺さんも土日が忙しいとされているのです。

 

ですからお寺さんの都合を気にかけなくてはならないということ。一周忌以降に行われる法要でも、友引を気にすることはありません。

直葬なら友引がお勧め

このようなことから、友引の日であっても稼働している火葬場では、人が少なく落ち着いています。

 

直葬を希望される方の中には、

 

  • 少人数なので
  • 遺影写真を持っていないから
  • お寺さんが来ないから

 

などの理由から、火葬場で引け目を感じると言われる方もあるため、他のご葬家が少ない友引がお勧めなのです。

 

新人さん新人さん

引け目を感じることはないですよ。
送る気持ちの問題です!

もちろん、その通りです。

 

友引の火葬は火葬場が混雑していて、待合室も予約ができない状況を避けられるということ。

 

参考:【葬式をしない場合】葬式はくだらない何もしない暴言の裏には3つの本音

まとめ

  • 友引にお葬式が「ダメ」とは迷信である。 
  • 本来の友引の意味は「共に引き分ける」です。 
  • 友引を柔軟にとらえる人も増えてきている。 
  • 火葬場が休みであるところが多い
  • 法事・法要に友引は関係ない。 
  • 火葬場の混雑は避けたいものだ。

 

葬儀担当葬儀担当

あなたに代わって、近所にある葬儀社の見積もりを調べてお伝えします。いい葬儀へお電話ください。もちろん無料です。