葬儀を安く済ませる。家族や親族で温かく送りたい、導師にもお経を読んでもらたいと思った時の「家族葬」の節約術がわかると良いですよね。

 

家族葬をお値打ちに、さらには、納得のいくお葬式にしたいと誰もが望むことでしょう。

 

一口に家族葬と言っても、家族葬を行う場所や、参列人数などそれぞれの方の思いは様々ですし、また、明確な家族葬の定義がないのも実情です。

 

では、家族葬ならいくらで葬儀ができるのか、目安にする金額はどれくらいなのかと言うと、

 

葬儀担当葬儀担当

家族葬の費用は、ズバリ30万円です!

この30万円を目安に、家族葬をお値打ちに行う方法を今から解説します。

 

葬儀を安く済ませることができる家族葬


実は、あなたの市区町村にある葬儀社の中にも、豪華なお葬式を得意としているところもあれば、お値打ちな葬儀をメインとしている葬儀社もあるのです。

 

葬儀担当葬儀担当

どちらを選べばよいのかはおわかりですよね。

まずは、家族葬とはどのようなものなのか、どうすれば葬儀社選びを間違わないのかを見ていきましょう。

家族葬とは

そもそも、家族葬とは、

 

「家族などの近親者だけで行い、近親者以外の儀礼的・社交辞令的な弔問客の参列を拒否する葬式のこと」

 

と、言われていますが、定義されているわけではありません。

 

しかし、こちらで言う家族葬に則って、葬儀を行った場合は、やはり、一般的な葬儀に比べ、お値打ちになることは間違いありません。

家族葬の費用の目安

では、家族葬の平均的は費用はどれくらいなのでしょう。

 

一説には、総額120万円ともいわれているのですが、あるところでは、広い敷地に、豪華な一軒家風の式場、もちろん貸し切りの式場がありますが、こちらでは「家族葬プラン70万円~」と表示してあります。

 

また違う葬儀社では、こじんまりした建物で、必要な設備が整っている式場ですと、「家族葬プラン30万円~」と書いてあります。

 

これらのことから、あなたが一目で安さを見分ける方法は、葬儀式場の外観でわかるということ。

 

そして、家族葬プランの価格の目安は30万円です。家族葬に必要な品目を整えるとやはりこれくらいの値段になるでしょう。

 

参考:葬儀代に相場はあるの?家族葬の費用を安くして負担を減らす方法3選

 

家族葬に含まれているもの

こちらでは、家族葬に必要な品目を見ていきましょう。

 

あなたが目にされる広告などで、家族葬の値段を目にする時に、「この金額で全部できるのだ」と思ってしまうことがあるかもしてませんが、これには注意が必要です。

 

なぜなら、家族葬に含んでいる品目は、葬儀社ごとに決めていている事柄ですから、統一感が無いのです。

 

一例をあげると、

 

家族葬プラン○○万円
※この中には、式場費が含まれておりません。

 

家族葬セットプラン○○万円
※霊柩車は別途費用が必要です。

 

など、葬儀費用の金額が記載してある近くに注釈がある場合は、総額でいくらになるのかを知ってからでないと、安易に葬儀社を決めしまっては、後悔することにもなりかねませんから。

 

追加になる品目として、もっとも多いのは、病院から葬儀社へ直接ご安置した場合の、「安置料金」そして、もう1つは、お通夜までの日数が延びた場合の「ドライアイス」です。

 

葬儀とは、あらかじめ予測してできるものではありませんので、伴って追加費用があることは、念頭に置いていただきたいのですが、葬儀社の見積もりを取る際には、

 

葬儀担当葬儀担当

家族葬プランの金額と追加費用が発生する金額も含めて、見積もりをして下さい。

と、はっきり伝える必要があります。

 

新人さん新人さん

さらに、何人くらいで家族葬をお考えなのかも教えて頂けると、より、正確なお見積もりができますね。

 

その通りです。あなたの希望に沿った家族葬を近所の葬儀社から探して紹介することができますよ。

 

葬儀担当葬儀担当

こちら葬儀社の紹介へお電話下さい。

 

直葬の費用が明確で、安心できる葬儀社を選ぶ時には、1社に決めてしまう前に、2~3社の見積もりを比較する必要があります。

 

あなたが1社ごと聞いて回るのは大変ですよね。

 

だからこそ、後悔しないためには、電話をするだけで見積もりを取り寄せることができるサービスを利用するべきなのです。

 

葬儀担当葬儀担当

もちろん無料ですよ。

省略できるもの

ここでは、どの葬儀社でも、家族葬プランに含んでいないものを紹介します。

おもてなし品」と呼ばれる、

 

  • 香典に対してのお返し品
  • お通夜や葬儀後に振る舞うお料理関係

 

こちらは、実際に参列される人数や、香典辞退など、喪主様の意向で大幅に変わってくる品目であるため、プランの中には含めないものなのですが、行う場合には、こちらの費用をプラスして考えなくてはなりません。

 

しかし、最近では、この香典を辞退する傾向が強まってきています。

 

もともと香典には、

故人様のために、何かお好みのものをお供え下さい

ご家族の金銭的負担が減りますように

 

と、いったような、故人への哀悼から始まったものですが、

親族間でお互いに香典の受け渡しを止めましょう」や「香典をいただくとお返しが大変」などという理由から簡略化が進んでいます。

 

 

では、食事関係はどうでしょうか。

 

こちらも、少人数の家族葬であれば、葬儀当日の予定を終えられてから、皆さんで外食をされ方が増えています。

 

費用はご予算にあったところが選べますし、時間を気にすることなく過ごしていただけることがメリットです。

 

新人さん新人さん

私の携帯電話には、近くの食事処の番号が入っています!お申し付けください。

宗教者へのお布施

あなたには、お付き合いのある宗教者の方がありますか?ある場合は、前もって、お布施の金額を確認しておかれると良いでしょう。

 

よく、「曹洞宗だと、お布施はいくらくらいですか?」と聞かれるのですが、お布施は宗派に関係なく、その宗教者が決めていることなので、葬儀社から、具体的な金額を伝えることができないのです。

 

但し、お付き合いがなく、導師を紹介してほしいと言われる場合には、明確な金額をお伝えできますよ。お通夜・葬儀の読経と戒名(法名)を合わせて、こちらですとお坊さん便16万円です。

 

参照:葬儀費用の負担割合は兄弟で折半したいけど親の葬儀代は香典が頼り?

まとめ

葬儀を安く済ませるための家族葬について説明しましたが、葬儀費用を考える時には、

 

  • 家族葬の基本的なプラン金額
  • 家族葬プランに追加される品目の確認
  • 香典のお返し品や食事関係の費用
  • 宗教者へのお布施

 

これら4つの項目を足すことで初めて「家族葬」の総額がわかります。

 

 

葬儀担当葬儀担当

あなたに代わって、近所にある葬儀社の見積もりを調べてお伝えするサービスはこちらのいい葬儀へお電話ください。