四十九日には法要を行うのが一般的ではありますが、お布施の相場は?曹洞宗だといくらくらい包めばよいのか。

 

また納骨も同日に予定しているのなら尚更気になります。

 

曹洞宗に限らず、禅宗と呼ばれている臨済宗や黄檗宗も四十九日法要にはお布施を準備するのですが、

 

葬儀担当葬儀担当

禅宗の四十九日法要のお経料の目安は3万円~5万円ですよ。

 

この他にも、四十九日法要に際して、お花や僧侶への車代など、加えて考えなくてはならない費用もありますので、詳しく見ていきましょう。

 

四十九日のお布施の相場【曹洞宗】法要や納骨に必要な金額はいくら?


そもそも、四十九日法要とは、この世に残ったものが、故人が安楽になるように行う「追善供養」なのですが、故人の供養をすることで、先祖を敬い、自分たちが今あることに感謝する機会なのです。

 

」= 追加で
」= 善い行いを
」= お供えして
」= 亡き魂を養う

 

そして、故人となられた方は、四十九日間は歩いて、ご浄土まで旅をするのだとの云われがあり、

 

四十九日は命日からちょうど七週間目(49日目)

 

閻魔大王による裁きが行なわれ、 極楽浄土に行けるかどうかの判定が下される日。

 

日本昔話にでてきそうな内容ですが、曹洞宗は葬儀も含めてストーリーがあり、身近に感じられる宗派なのです。

 

四十九日のお布施の相場とその他の費用

葬儀の時と同じように、四十九日を営むときにも、僧侶へお渡しする「御布施」を用意しますが、どの宗派にも言えることですが、「御布施」「お車代(交通費)」「お食事代」の3つでしょう。

 

四十九日法要のお布施・・・3万円~5万円。

四十九日のお車代・・・3,000円。

四十九日のお食事代・・・5,000円。

 

さらに、寺院の本堂をお借りして法要を行う場合には、本堂使用料が必要になるのですが、目安は1~3万円です。

 

葬儀担当葬儀担当

しかし、本堂ですとお車代は不要ですよね。

 

もう1つ、法要の際に供養の意を込めて卒塔婆(そとうば)を立てます。

 

卒塔婆とは経文、戒名、没年月日を記した細長い板なのですが、こちらの塔婆料(とうばりょう)も費用になります。

 

寺院によって金額の差が大きいのですが、塔婆料は3,000円~1万円ほどです。

 

卒塔婆はお釈迦様の遺骨を納めた塔を意味していて、寺院で見かける五重塔の形になぞらえて作られたのだと言われています。

 

そして、自宅や寺院、どちらの場所であっても、法要花が必要でしょう。

 

四十九日の忌明け法要には、色の入ったお花で大丈夫です。お供えをする和菓子などもあると整います。

 

四十九日(忌明け)法要までに準備をすること

四十九日まで祭壇に飾っていた白木位牌は仮の位牌なので、塗り物のお位牌(本位牌)に変えるのですが、直接位牌に彫を入れるものですので、仏具店への早めの注文を心がけましょう。

 

この忌明け法要には本位牌を使用し、白木位牌は住職に引き取ってもらうのです。

 

位牌は没年月日、戒名、俗名(生前の名前)、享年などが書かれ、故人の分身のようなイメージになるでしょう。

 

曹洞宗を含む禅宗は「位牌」を大切にしている宗派なのです。

 

 

このように忌明け法要も含めて、亡くなってから1年後に、一周忌の法事、その後は、下一ケタが「3」と「7」になる年にも法要を行うのですが、これを「年忌法要」と呼びます。

 

年忌法要を、いつまで行うかについては、お寺や地方によって違いがあります。

 

50回忌までの年月を記載してある表(忌日表)が一般的ですが、年忌法要を営むにあたって33回忌を区切りとする、別名「弔い上げ(とむらいあげ)」とも言われますが、家族の話し合いや寺院との相談で、いつまで法要を行うのか決めましょう。

 

葬儀担当葬儀担当

亡くなってから50年経つと、生前の記憶が全てなくなり、仏になるという考え方からですよ。

 

法要といえば「お施餓鬼」という言葉はご存知ですか。

 

浄土真宗以外の宗派で行われている施餓鬼(せがき)法要といって、先祖の供養とともに餓鬼の供養もするというものです。

 

飢えと乾きに苦しんでいる霊や魂へ、食べ物や飲み物などの備えることで餓鬼の供養を行うというもの。

 

新人さん新人さん

やっぱり深い物語があるのですね~

 

亡くなった祖先や家族たちの供養を行うのと同時に、餓鬼の供養も行なって「徳を積む」ことで自分にも救いがあるということ。

 

四十九日(忌明け)法要と同日に納骨をする場合

四十九日法要を終えてから、墓地に移動し納骨の運びとなるのが一般的です。

 

納骨は四十九日行われることが多く、遅くとも1回忌までに済ませことが多いでしょう。

 

納骨時にも読経があることから、この時のお布施は1~3万円です。お墓用の供花や御供えものを置きますので、法要とは別に準備します。

 

参考:僧侶を派遣してくれる【お坊さん便】選ぶ人選ばない人 口コミから検証

まとめ


曹洞宗の四十九日法要に必要なお布施。

 

  • 法要のお経料・・・3万円~5万円
  • お車代・・・3,000円
  • お食事代・・・5,000円
  • 本堂使用料・・・1万円~3万円
  • 卒塔婆料・・・3,000円~1万円
  • 法要花代・・・3,000円~5,000円
  • お供え・・・3,000円

 

合計をすると約6万円~10万円程度になります。納骨費用が約1万円~3万円であることから、あわせて参考にしてください。

 

費用が心配な方は、僧侶を派遣してくれるお坊さん便を利用すると良いでしょう。

 

葬儀担当葬儀担当

お経料はもちろん、お車代やお食事代も含めて、35,000円の定額です。

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


冠婚葬祭ランキング