四十九日は前倒して法要は早めに営むことが多いのですが、49日を過ぎても大丈夫なのか。

 

やむを得ない事情が重なることもあるでしょう。

 

四十九日とは、亡くなった人が、次の世に生まれ変わるまでの期間のことです。

 

次の世に到達するためには「この七日間を七回繰り返さなくてはならない」というものです。

 

そして、四十九日目にして極楽往生をするのか、もしくは地獄に落ちるのか決まるのだという思想が根付いているため、四十九日法要を後倒ししたり、遅らせたりしない方が良いとされているのです。

 

葬儀担当葬儀担当

ですが、年末年始や、寺院の都合により遅れる場合も見てきましたよ。

 

宗派にもよりますが、四十九日間の旅をしない、「臨終と同時にお釈迦さんの弟子になる、お浄土へ往生する」このような教えもあるのです。

 

ですから、意図して法要の日を遅らすのでなければ、致し方ないことではないでしょうか。

 

とは言え、法要を前倒して行う方法があれば解決するわけですから、対処法を見ていきましょう。

 

四十九日は前倒して法要は早め!49日過ぎでも大丈夫と言えない理由


法要の段取りをする時には、やはり、あなたやあなたの家族の都合もありますが、何といっても住職の都合を優先しなくてはなりません。

 

法要を希望する日の2・3日前になってから連絡をしても、予定が入っているようなら、やはりどうにもなりません。

 

さらに土日は、どなたも考えるように法要の希望が多いのです。

 

早い方ですと、葬儀当日の初七日法要後には、「四十九日の忌明け法要日を予約した」と言われる方もありますから。

 

葬儀担当葬儀担当

土日ですと、住職へ通夜、葬儀の依頼をしても都合がつかず、葬儀が日延べする事態になるのです。

 

決めた日程で四十九日法要を行いたい方は、僧侶を派遣してくれる【お坊さん便】選ぶ人選ばない人 口コミから検証を参考にしてください。

 

四十九日(忌明け)法要が当日に行えない場合

四十九日は、亡くなった日から正確に四十九日後に執り行うことが望ましいのですが、法要に出席する人の都合により、四十九日目に近い、前週の土・日・祝日に行われることが多いのです。

 

会社勤めの方や学生さんがお身内におられたら、平日では難しいでしょう。

 

しかし、地域の習慣によって、四十九日当日ではなく前日に法要を営むこともあるのです。

 

忌明け法要は、四十九日の前日の午後(お逮夜)から当日の午前中にかけて行う。

 

「逮夜(たいや)」とはもともと、葬儀を行う日の前夜の事で、再びその身を見ることができなくなる「大切な夜」という意味から、法要にも使われるようになったのです。

 

ですから、四十九日の当日が難しいようであれば、前日の夕方からの都合を考えてみてください。

 

四十九日(忌明け)法要が遅れてしまいそうな場合

地域によっては、「四十九日の期間が3ヶ月に渡るとよくない」といういわれがあるのですが、

 

四十九日が三か月に渡ると、四十九(始終苦)が三月(身に付く)

 

このような語呂合わせなのですが、1ヶ月の間で、15日以降に亡くなられた方なら誰しも三か月をまたいでしまうのは当たり前。

 

ですから、迷信も相まって、三十五日(五七日)の忌明け法要を希望する方もあります。

 

とは言え、やはり三十五日の当日が平日では、皆さんが揃えないこともありますので、三十五日から四十九日の間というように、幅を持たせて法要の日程を検討すれば良いでしょう。

 

四十九日(忌明け)法要を遅らすしかない場合

この喪主さんの職業はケーキ屋さんです。クリスマスシーズンともなれば、「休日返上でスタッフ全員でケーキを作り続けるのですよ」と、教えてもらいました。

 

このような時期に法要となれば、やはり日にちを選びたと思うのは当然なのですが、前倒して法要を営むことも検討はしたものの、日程調整がつかず、四十九日は1日遅れの12/26の平日に営まれました。

 

もちろん住職も納得をされ、家族以外は集まることはできませんでしたが、亡き人を偲び「人生の真実を教えてくださる諸仏に手を合わせる」ことができました。

 

新人さん新人さん

法要のお供えは、もちろんケーキですよね?と聞いたら

いやいや、ケーキは売れてしまって、もうないですよって。

 

四十九日とは「亡くなられた方が成仏できずに迷っている期間」ではなくて「私たちが仏法に出会える大事な期間」なのかもしれません。

 

葬儀担当葬儀担当

住職もこちらのケーキ屋さんのファンなのですよ。

 

四十九日(忌明け)法要に親族の都合がつかない場合

葬儀もそうですが、やはり仏事ごとに、どなたの予定も合わせることは困難です。

 

ましてや、ご高齢の方ですと体調面でも配慮が必要になりますから。

 

通夜、葬儀を慌ただしく終えて、さらに四十九日までもあっという間に時が過ぎるものなのです。

 

四十九日後には「年忌」と呼ばれる法要が、一周忌や三回忌、七回忌と続くのですから、このような節目で再度ご親戚が集えるように考慮されてはいかがでしょうか。

 

三回忌といっても、3年後ではなく2年後なのです。三回忌までは親族間でも互いに交流を続けることが多いのです。

 

参考:49日のお布施の相場【浄土真宗】49日法要までに準備することは?

 

まとめ

  • 四十九日法要の当日が難しいなら前日で検討をすること。

 

  • 法要を三十五日から四十九日の間で日にちに余裕をもって検討をすること。

 

  • やむを得ず四十九日法要が遅れてしまう場合は、できるだけ早い日にちで検討をすること。

 

  • 親戚の都合も考慮しながら、家族や寺院の都合を優先すること。

 

  • 年忌法要は、50回忌までに12回、これからもあるということ。

 

仏教界に関わる方からは、公に「四十九日が遅れても大丈夫」とは言えませんが、事情により理解はされいます。

 

新人さん新人さん

故人が極楽浄土に行けなくなってしまう、なんて言われる方もありますが・・・

葬儀担当葬儀担当

住職の口からは、未だに聞いたことはありませんよ。