密葬の流れやマナーについて。密葬だとお通夜はするのか?

 

もし、しないのであれば、直葬と呼ばれるお通夜、葬儀をしないスタイルとどこが違うのか疑問に思う方もあるでしょう。

 

密葬とは、言葉の通り、「他人に知らせず、密かに行われる葬儀」のことです。

 

 

葬儀担当葬儀担当

ですから、「密葬」は、限られた人によって行う葬儀の総称だと考えればよいのですよ。

 

つまり、直葬スタイルで行ってもの良いですし、通常の儀式のように、お通夜や葬儀を行っても良いということ。

 

では、なぜ「密葬」という言葉があるのでしょうか。それは密葬の流れから紐解くことができます。

 

【密葬の流れやマナー】密葬に通夜はあるの?直葬の流れと比較して違いは3つ

密葬の流れやマナーについてお話する前に、そもそも密葬とは?

 

最近では単に小規模葬儀のことを密葬と呼ぶ場面を多く見かけます。

 

密葬と直葬や家族葬はよく混同されがちですが、大きく違うところが3つあるのです。

 

密葬と直葬はよく似ている

葬儀のスタイルも多様化しており、「〇〇葬」というさまざまな呼び名が世間では溢れています。

 

全てに共通していることは、、それらすべてが縮小化や合理化に向かっているということです。

 

そのため、小規模葬儀がひとくくりで語られ、「密葬」と直葬や家族葬は混同されがちです。

 

正式には次のように分けられています。

 

  • 密葬
    家族や親族やごく親しい人たちだけで執り行われる葬儀であり、儀式をするしないは自由であるが、後日「お別れ会」を行うことが前提

 

  • 直葬
    お通夜、葬儀・告別式というセレモニーを執り行わず、火葬だけする葬儀

 

このことからもわかるように、密葬は火葬をするまでの葬儀スタイルに決まりはないのですが、日を改めて、密葬を知らされなかった人に声をかけてお別れ会を催すということ。

 

密葬の流れと直葬の流れは同じ

密葬の流れは、火葬のみの葬儀スタイルを選んだのであれば、流れは直葬と同じですからこのようになります。

 

  • ご逝去
    息を引き取った病院や施設に、寝台車を依頼し、葬儀社がお迎えに伺います。

 

  • ご安置
    ご安置は、ご自宅、あるいは葬儀社や斎場の霊安施設所へお連れして安置します。

 

  • 火葬
    翌日、又は翌々日に火葬場へご出棺します。

 

 

密葬であっても、僧侶を呼んでの儀式を希望される場合は、火葬の前に下記の内容が盛り込まれることになるでしょう。

 

  • 通夜(火葬前日の夜)
    僧侶を招き、通夜のお経中、遺族や親族が焼香をして故人を偲びます。

 

  • 葬儀・告別式
    葬儀では、通夜同様に儀式が執り行われ、葬儀後に連続くして行われる告別式では、最後のお別れ時間となるのです。

 

  • 初七日法要
    本来であれば亡くなってから七日後に読まれるお経を、最近では、葬儀当日に行うのが一般的です。

 

密葬で準備すること2つ

亡くなったことを知らせる人を限定すること

通常、亡くなったことを知らせる訃報は密葬を終えて、本葬の日程などが決まった段階ではじめて伝えます。

 

葬儀担当葬儀担当

亡くなったことが外に漏れないように注意が必要ですね。

 

ですから、本葬までは故人の死亡そのものを伏せておくということ。

 

参列者があふれる葬儀は、喪主や家族にとって大きな負担になることもありますから。

 

このことが、小規模な葬儀が選ばれているようになった大きな要因でもあるのです。

 

密葬を執り行うことで、心を落ち着けて、故人と向き合い、親しい方のみで送り出すことができるのです。

 

お別れ会や偲ぶ会の準備

お別れ会や偲ぶ会といった、後日に行う催しは、亡くなってから30~49日前後に計画されることが多いのです。

 

これだけの準備期間があれば、お別れ会のプランや予算、場所の選定にも余裕が持てるでしょう。

 

そして何よりも、会に参加してほしい方々にも案内が行き届くというもの。

 

お別れ会には、宗教スタイルを組み合わせる場合もありますし、また、さまざまな宗教観を持っている人たちが参加するわけですから、無宗教的なお別れ会にしても良いのです。

 

このように聞くと「お別れ会をするのは大変手間がかかるのでは」と感じるかもしれませんが、十数名の内輪で行うお別れ会でしたら、食事会をメインに計画されることをお勧めします。

 

密葬を行う時のマナー

あなたが密葬を選択したのであれば、亡くなったことを知らされなかった人に対して、何らかの配慮が必要でしょう。訃報を知らせなかった経緯について、きちんと伝えるということ。

 

そして、お別れ会や偲ぶ会といった案内になる訳ですが、こちらの会では、香典を受け取るのか、会費制なのか、招待なのかなど、一般的にお別れ会への参加に不慣れな方もおみえですので、参加する時に困らないような内容を盛り込むと良いでしょう。

 

参考:葬儀社の選び方探し方!葬儀屋のおすすめポイント決め方は7つ

まとめ

  • 密葬は直葬や家族葬といった小規模な葬儀の総称であること。

 

  • 密葬の流れは、葬儀を行った後で、改めてお別れ会をすることが前提であること。

 

  • 密葬を行う際には、一切の他言をしないこと。

 

 

密葬とは、直葬や家族葬と比べてはっきりと参列者を区切ることになりますから、お別れ会の時点ではすでに火葬が済んでおり、一般会葬者の方は故人と対面することができないのです。

 

故人の人間関係なども踏まえた上で、本当に密葬でよいのか遺族や親族と相談し、了承を得てから決めてください。

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
にほんブログ村


冠婚葬祭ランキング