家族葬を通夜なしで行うスタイルに「一日葬」と呼ばれるものがあります。

 

通夜を省略すると葬儀の流れはどうなるのかと疑問が湧きますね。

 

家族葬自体が小規模な葬儀を意味していますが、家族葬の流れは一般的に行われる葬儀と何ら変わりはありません。

 

そのため、通夜もあれば、翌日の葬儀・告別式の流れになります。宗教者の読経後にはお説法を聞き、親族への通夜の振る舞いとなるでしょう。

 

葬儀担当葬儀担当

そして一日葬では、家族葬の葬儀・告別式のみを行うということですよ。

 

通常の葬儀は2日間に渡って行われるのですが、体力的にも精神的にも負担を減らしたい方や、宗教者のお経は欲しいが簡略化したい方葬儀費用を抑えたい方などに選ばれる新しい葬儀スタイルなのです。

 

これから「一日葬」について4つのポイントを見ていきましょう。

 

参考:葬儀代に相場はあるの?家族葬の費用を安くして負担を減らす方法3選

 

家族葬を通夜なしで行う【一日葬】通夜を省略する場合の葬儀の流れとは?


家族葬の通夜なしで行うと、「お通夜の時間はどのように過ごせばいいの」と、時間に余裕ができたものの、手持ち無沙汰な感じに思う方もあります。

 

ですが、ご自宅で故人様を安置されているのであれば、一緒に過ごすこともできますし、葬儀社でお預かりをしている場合ですと、翌日の葬儀に備えて準備をする時間にもなるでしょう。

 

一日葬で行う場合は、葬儀式場も1日のみの利用となりますので、葬儀当日に、ご自宅から式場へお連れするための搬送車がお迎えに伺うのです。

 

良いとこどりの一日葬

家族だけで送る葬儀スタイルには、「直葬」もあります。

 

直葬とは、通夜も葬儀も省略して火葬のみでお別れする形なのですが、火葬にのみでは故人様とゆっくりお別れする時間が無かったり儀式らしさも少ないこと、そして、周囲の理解も得られなかったりと、のちに心残りになる方もあります。

 

その一方で、会葬者を招いての葬儀になると、参列者の対応に追われたり、親族への細かな配慮などで、慌ただしいまま時が過ぎてしまい、納得のいくお別れができないことも。

 

ですが、一日葬は、古来からの葬儀儀礼に従った部分もありつつ、故人との最期を家族や親族、親しいご友人と一緒に送り出せる画期的な葬儀スタイルと言えるでしょう。

 

これから先も高齢化は進むでしょう。

 

参列してくださる方もご高齢のケースが多くありますので、負担を避けてお別れしてもらえるスタイルなのです。

 

親しいご友人も参列ができる

一日葬の葬儀当日の流れは、一般葬や、家族葬と変わりがないため、ご親族や故人様の親しいご友人の皆さんには、葬儀が始まる1時間前までに式場に到着をしていただきます。

 

家族葬同様、葬儀の案内は広く告知をしないことを前提としているプランではありますが、希望があれば家族以外の方でも参列することができるのです。

 

 

最近の傾向では、一般葬であってもお通夜に弔問者が集中するため、翌日の葬儀・告別式には家族や親族のみの参列となり、せっかく広い式場で葬儀をおこなっても、空席が目立ってしまうことがあります。

 

このようなことになるのなら、はじめから葬儀・告別式のみにしておけば良かったと感じる方も少なくないということ。

 

告別式でのお別れは、家族や親族を含めて最後のお別れの場となります。

 

せっかくなら、最後の出棺時に来てもらいたかったというお声も聞こえてくるのです。

 

葬儀費用が抑えられ時間にも余裕がでる

では、お通夜を省略することで葬儀費用はどれくらい変わるのでしょうか。

 

葬儀に必要な品目の中でも、祭壇やお棺、遺影など、一日であっても二日間であっても必ず必要なのですが、一日分で済む項目が4つあります。

 

①式場利用料:一日のみの利用となることから葬儀社によってはお値打ちになるでしょう。

 

②スタッフの人件費:通夜の晩にスタッフを配置しないためです。

 

③通夜振る舞いの会食費:お身内のお食事費用です。

 

④通夜返礼品:通夜に弔問してくださった方へのお礼品です。

 

このように通夜がないことによって、省くことができる項目があるため葬儀費用を抑えることができるのです。

 

宗教者へのお布施費用も軽減される

菩提寺がある方は、あらかじめ一日葬で行う旨を住職にお伝えください。

 

お布施に関しては、菩提寺ごとに対応が違いますが、今では、一日葬のお布施価格を表示しているところもありますので、相談されると良いでしょう。

 

そして、葬儀当日の30分前には導師も式場に到着されますが、中には、葬儀開式の前に、「ご家族がお揃いでしたら、通夜のお経を読みますよ」と声をかけてくださることもあります。

 

浄土真宗なら「阿弥陀経(あみだきょう)」ですね。

 

葬儀開式から告別式も含めて、予定される時間は1時間です。この出棺時間を遅らすことができないため、通夜のお経は葬儀の開式前なのです。

 

葬儀担当葬儀担当

そのまま葬儀式が連続して始まることもありますよ。

 

新人さん新人さん

「只今より、葬儀式開式でございます。」とタイミングをみて案内すれば良いのですね。

さらに、葬儀式のお経の後に初七日法要のお経もいただくこともあります。

 

本来は、葬儀が終わり、火葬後に収骨をしてから初七日法要の運びとなるのですが、葬儀式の中で初七日のお経も読んでもらうということ。

 

これを「式中初七日」と呼びます。

 

全ては時間の短縮につながることから、遺族や僧侶の負担を軽減する方法でもあるのです。

 

そして、お布施を考える時には、導師に何回足を運んでもらったのかもポイントになることから、費用にも影響するということ。

 

一日葬プランのある葬儀社探し

通夜をしなし「一日葬プラン」をあなたが希望したとしても、全ての葬儀社が扱っているわけではありません。

 

昔ながらの形式に則った葬儀を推奨している葬儀社では、一日葬を否定されるケースもあるのです。

 

葬儀担当葬儀担当

あなたの近所にいい葬儀社がありますよ。

 

一日葬プランがあり、費用が明確で、安心できる葬儀社を紹介してくれるサービスです。

 

業界は異なりますが、引っ越し業者を探す時に「引越業者の一括見積り」を利用することがあるでしょう。葬儀業界にも同じ仕組みがあるのです。

 

ですから、葬儀社を選ぶ時にも、1社に決めてしまう前に、2~3社の葬儀内容や見積もりを比較した方が良いということ。

 

しかし、あなたが1社ごと聞いて回るのは大変ですよね。

 

だからこそ、後悔しないためには、電話をするだけで見積もりを取り寄せることができるサービスを利用するべきなのです。

 

葬儀担当葬儀担当

もちろん無料ですよ。

 

問い合わせ先:創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介「いい葬儀」

まとめ

  • 一日葬は直葬よりも丁寧に、一般の葬儀よりも体力面・精神面において負担なくお別れができること。

 

  • 家族、親族、ご友人と最後のお別れができること。

 

  • 葬儀費用は家族葬の約8割程度に抑えられること。

 

  • 宗教者へのお布施はあらかじめ確認をすること。

 

葬儀担当葬儀担当

今後、家族葬よりも一日葬が主流になるかもしれませんね。

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
にほんブログ村


冠婚葬祭ランキング