家族葬と一般葬の費用はどれくらい違うの?平均相場では50万円もの差が生まれると言われています。

 

どちらにも葬儀社が告知している葬儀のプランがあります。

 

「一般葬プラン一式80万円」

「家族葬プラン一式50万円」といった具合です。

 

葬儀担当葬儀担当

そのそも、検討を始めるスタート時点の金額が違うのですよ。

 

家族や親族、ごく一部の親しい友人など、参列者を限定して行う家族葬とは違い、一般葬は、近親者に限らず、ご近所や故人の会社関係者、喪主の関係者などにも広く告知をすることになります。

 

 

参列者の人数が増えると言うことは、「多くの方を収容できる式場」「式場の広さに見合った祭壇と備える花の量」何より、「対応するスタッフを増員」することになります。

 

さらには、参列者の人数分だけ、飲食費や返礼品にかかる費用も上乗せされます。

 

では、家族葬と一般葬について、かかる費用を比較して、どれくらい違いがあるのか見ていきましょう。

 

家族葬と一般葬の費用はどれくらい違うの?平均相場では50万の差!

亡くなった方と近親者のみで行う比較的小規模な葬儀のことを「家族葬」と呼びます。

 

家族葬と一般葬の一番の違いと言えば、「参列する人数」でしょう。

 

葬儀社などによって想定人数はさまざまですが、10名から多くても30名程度で行われるお式を「家族葬」それ以上になる場合は「一般葬」と区分けをしています。

 

参考:葬儀代に相場はあるの?家族葬の費用を安くして負担を減らす方法3選

家族葬でも一般葬でもかかる費用

まず、家族葬であっても一般葬であっても必要になる項目が4つある中、葬儀費用と呼ばれる項目2つについてです。

 

①「火葬費用」・・・火葬場の費用

「葬儀プラン費用」・・・葬儀を行うために必要な品目の費用

「飲食接待費・返礼品費用」・・・参列者へのおもてなし品

④「寺院の費用」・・・葬儀のお経料

 

②「葬儀プラン」③「飲食接待費・返礼品費用」の2つの項目の合計が葬儀費用と呼ばれるものになります。

 

家族葬と一般葬の費用差は間違いなく、この葬儀費用の中身の違いからです。

 

家族葬プランと一般葬プランの差額品目

祭壇・棺・位牌・人件費・遺影写真・寝台車・霊柩車など、葬儀を行うにあたっての基本となる費用です。

 

葬儀社によって打ち出し方は違いますが、「〇〇葬 セットプラン」「〇〇葬 一式プラン」といったように案内がされている葬儀の本体といえる費用です。

 

ですから、家族葬であっても一般葬であってもこれらの品目が減ることはないのですが、1つ1つの品目の費用が違ってくると考えてください。

 

費用差のウエイトが最も大きいのは「祭壇料」でしょう。

 

多くの参列者がある場合には、式場自体も広さを確保しなくてはなりません。並行して小さい祭壇では式場との釣り合いが取れず、貧弱に見えてしまうからです。

 

祭壇をほどよい大きさのものにするということは、飾るお花の量も増えるでしょう。お花が増えれば値段も上がるといった具合です。

 

広めの式場を利用するので、こちらも式場利用料が高くなるでしょう。

 

 

そして、葬儀社のスタッフを増員し、参列者の誘導にあてる必要があります。限られた時間の中で、多くの方に配慮するには、それなりの人数で対応しなくてはなりません。

 

 

中には、「祭壇も小さくて、式場も狭くて、スタッフも少ないままでいいよ」と言われる方もありますが、葬儀社をしての評判を落としかねませんから、葬儀の内容に準じたプランでないと依頼を受けられないこともあるのです。

 

飲食接待費と返礼品の費用

こちらの項目は、葬儀の基本プランには含まれていないことから、プラスして費用を考えます。

 

飲食接待費というのは、参列していただいた方や、お手伝いをしてくださった方へ、お通夜後の食事を振る舞う費用や、葬儀当日の遺族、親族の食事と伴う飲み物代を指します。

 

そして返礼品や香典即返し品といった、お式に足を運んでくださった人へのお礼品を用意する地域がまだ多くあるのです。

 

飲食費やお礼品は、どちらも人数によって費用がかさむことはおわかりでしょう。

 

家族葬であれば、参列者を限定しているわけですから、あらかじめ予算配分もできるのですが、一般葬のように広く葬儀日時を告知した場合には、葬儀が終わってみないといくらかかったのか把握できない不安がある。

 

 

このようなことから、家族葬と一般葬の差が広がる要因は参列をする人数からだと言えるでしょう。

 

家族葬と一般葬では寺院費用にも差がある

葬儀を行う時には、仏式であれば僧侶が付きものです。

 

僧侶には、お経料や戒名料のお礼をする「お布施」を支払うことになるのですが、家族葬であっても一般葬であっても同じなのではと思いがちですが、ここでも、人数が影響します。

 

家族葬であれば、式場も小さく、家族だけの少人数であれば、僧侶1名でお勤めをされることが多いのですが、一般葬ともなれば、葬儀の時には、1名ではなく2~3名と僧侶を増やす傾向があります。

 

僧侶が1名増えるごとに、5万円のお布施をするのが通例ですから、費用がかかるということ。

 

 

一般葬・家族葬・一日葬・直葬の平均相場

弊社の平均費用はこのようになっています。

 

  • 一般葬プランとおもてなし費用合計:約120万円
  • 家族葬プランとおもてなし費用合計:約76万円
  • 一日葬プランとおもてなし費用合計:約47万円
  • 直葬プラン費用合計:約15万円

 

どのような葬儀プランを選ぶのかによって、金額の差は歴然であり、家族葬と一般葬の差額は50万円近くになるといって良いでしょう。

 

葬式には金が要る」「葬式代くらいは残しておかなければ」というのが、ご高齢の方の口癖だと聞いたものですが、近年では葬儀の小規模化に伴い、費用も精神的負担も少なくなっているのが実情なのです。

 

いい葬儀社の見つけ方


希望する葬儀をできるだけ安く済ませたいと誰しも思うことなのですが、成功に導く方法は一つしかありません。

 

葬儀担当葬儀担当

いい葬儀社を見つけることです。

 

葬儀を依頼した葬儀社に「儀式の段取りや手配」を全て任せてしまうことになるのだから。

 

いい葬儀社とは、あなたの希望を叶えてくれる葬儀社のことなのですが、普段から接することがない葬儀社の見分けは付きませんよね。

 

葬儀社へ一社ごとに電話をして尋ねるのも一つの手ではありますが、時間がかかってしまいます。

 

このよう時は、葬儀社の紹介をしてくれるいい葬儀へ電話をしてください。

 

あなたに代わって、近所にある葬儀社の見積もりを調べてお伝えします。1件だけではなく2~3社は比較をするのに必要でしょう。

 

2~3社の葬儀社の見積もりが電話1本で済ますことができるのですから、利用しない手はないということ。

 

葬儀担当葬儀担当

安心してください、もちろん無料です。

 

どうして、いい葬儀を勧めるのか気になりますよね。理由は簡単です。私が勤務している葬儀社とも取引があるからです。

 

取引があるからといって、忖度(そんたく)しているわけではありません。なぜなら他にも葬儀社の紹介をしている会社があり、付き合いもある中で、やはりいい葬儀を利用することが一番良いと感じているからです。

 

いい葬儀が選ばれている理由は3つ。

 

  • 直接、葬儀社と話をする前に葬儀社の情報をもらえること。
  • あなたの近所にある葬儀社の比較が一度にできること。
  • わからない事や疑問にもすぐに答えてくれること。

 

電話をすると、2~3件の葬儀社の見積もりが届くわけですが、私が勤めている葬儀社もこの中の1社になることがあります。

 

だからと言って、弊社に葬儀依頼が来るとは限りませんが、このような時には「要望が叶う葬儀社が他にあったのだ」と、残念に思う反面、安堵する気持ちもあります。

 

短時間で葬儀社の比較をすることができるこの仕組みは、後悔しないお葬式を行うための始めの一歩なのです。

 


あなたの要望を叶えてくれる葬儀社は、創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介「いい葬儀」で見つかります。

葬儀担当葬儀担当

24時間、いつでも大丈夫ですよ。

まとめ

家族葬と一般葬の費用に差が生まれる原因は人数です。

 

多くの人が集まる場所には、受け入れるだけの準備や、見栄えが求められるでしょう。伴って、接待する側にも人を配置しなくてはなりません。

 

平均的な相場から家族葬と一般葬の費用差が50万円ほどであるとお伝えしましたが、葬儀には、お互いに助け合う意味合いから「香典」を受け取ることもあるでしょう。

 

初めから当てにして葬儀プランを決めることは危険ですからお勧めはできませんが、少なからず助けになってくれるでしょう。

 

葬儀担当葬儀担当

香典についてはこちらをどうぞ。

 

参考:葬儀は香典でまかなえるのか?葬儀費用の赤字を黒字にする方法2選

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
にほんブログ村


冠婚葬祭ランキング