僧侶を派遣してくれる【お坊さん便】どんな人が選ぶのか?評価や口コミも気になります。

 

葬儀の現場では、葬儀費用もさることながら、お寺さんとの関係に疑問の声があるのも事実です。

 

普段から宗教心が強いわけではない方が、葬儀の時だけお寺さんとの付き合いをすることに戸惑いを覚える方が少なくないのです。

 

  • 葬儀にお経は欲しいけれど、お布施の金額が定かでないこと。
  • お寺さんはお経を読んでもらうのだから敬うものだが、付き合い方に不安がある。

 

葬儀担当葬儀担当

このように感じている方が実に多いのです。

このような不安を解決するために【お坊さん便】のサービスが始まり、この考えに賛同する僧侶によって成り立っています。

 

僧侶を派遣してくれる【お坊さん便】選ぶ人 選ばない人

これまでに葬儀の経験がなく、いきなり喪主を務めることになったとしたら、どこのお寺さんにお経をお願いすれば良いのか迷うでしょう。

 

そもそも付き合いをしているお寺(菩提寺:ぼだいじ)がない場合には、相手が僧侶とは言え、人柄もわからないまま決めることはできませんよね。

 

そして、一度関わりを持つと、その後に「お寺への寄付金」や「檀家としての付き合い」が始まるのでと悩む方もあるでしょう。

 

実際には、本堂の改修工事や修復、さらにお寺の行事ごとに寄付を募るハガキが届くが、どうしたら良いものかと問い合わせをいただくこともあるのです。

 

ですが、お坊さん便では、「僧侶との付き合いは一度きり」が基本です。

 

葬儀にお経を呼んでもらったからといって「檀家」になり、付き合いが始まることはないのです。

 

お寺への寄付金はもちろん、葬儀後の法要を強制されることもありません。

 

あくまでも、あなたがその後の付き合いを望むのであれば、あなたが主体となって供養したいと思うタイミングで連絡をし依頼すれば良いということ。

 

 

ですから、葬儀にお経は欲しいけれど、どこのお寺に頼めば良いのかわからない。今後は深く関わりを持ちたくないと思う方がお坊さん便を利用しているのです。

 

そして、宗派によっても異なりますが、お坊さん便に登録している僧侶は、仏門に入り修行をした後に必要資格を取得しています。

 

このような理由から、第三者の視点で、全国から信頼できる僧侶の手配をしてくれるお坊さん便のサービスが定着しつつあるのです。

 

ですが、このような僧侶を派遣する仕組みに違和感を覚える人もあるでしょう。

 

確かに、お坊さん便のサービスがスタートした時には、我々葬儀関係者も驚きましたし、宗教界からの反発も大きかった記憶があります。

 

その他の派遣サービスでは、「このような人に来てもらいたい」「こういった人に依頼したい」というのが、ごく当たり前となっていますが、宗教や葬儀、僧侶が関係してくると「何となくタブー」なイメージが先行しがちです。

 

「いまどき」と割り切って、ビジネスとして受け止めることが依頼する前提となるのでしょう。

僧侶を派遣してくれる【お坊さん便】安心の定額制

 

葬儀のお布施を定額で表示しているこのサービスですが、実はとても斬新な取り組みです。

 

本来のお布施とは、「お寺の維持管理・布教活動」と位置づけられているため、お布施の金額に決まりがないのです。

 

お布施はお気持ちで」と聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

お気持ちでと言われても、相場もわからず金額の見当がつかないのは当然です。大多数の方が思うことでもあるでしょう。

 

ですから、お坊さん便ではお布施の金額を明らかにし、あなたの戸惑いを取り除くことができたのです。

 

そして近年では、葬儀のスタイルも小規模化していることから、それぞれの葬儀に合わせてお布施の費用も設定してあります。

 

費用 内容
火葬式(直葬) 35,000円 火葬場での読経
1日葬 65,000円 葬儀と火葬場での読経
家族葬 140,000円 通夜・葬儀・火葬場での読経

 

火葬式(直葬)の読経内容

火葬式(直葬)とは、通夜や葬儀という儀式(ぎしき)を省略し、火葬のみを行うスタイルです。

 

昔ながらの形態で葬儀式をしないわけですが、ほんの少しだけお経を読んでもらいたいと思う場合、火葬場で3~5分程度の読経を依頼することができます。

 

それぞれの火葬場ごとに仕様がありますが、お経を読んでもらう場所は、「告別室」であったり、「火葬炉の前」であることも。

 

葬儀担当葬儀担当

どちらにしても、最後にお別れする場所ですから、厳粛なムードであることに違いはありません。

1日葬の読経内容

1日葬とは、通夜を省略し葬儀のみを行う葬儀のスタイルです。言葉の通り、送る儀式を1日で執り行うというもの。

 

伴って、僧侶にお経をもらうタイミングも1日であり、葬儀のお経と火葬場でのお勤めが含まれています。

 

通夜をしないから、葬儀のお経も簡略化されるのではないか、短くなるのではと心配される方もありますが、そのようなことはありません。

 

葬儀式のお経は葬儀の中で完結する流れになっているのです。

 

葬儀担当葬儀担当

ですから、通夜があったのか無かったのかは、葬儀当日に影響しないということ。

 

火葬式(直葬)ではなく、儀式はしたいと思う方に1日葬が選ばれ、1日葬に慣れている僧侶がお勤めをしてくれるのです。

家族葬の読経内容

一般葬の規模を小さくしたスタイルが家族葬です。

 

葬儀の日程を広く告知することなく、家族や親族、親しい友人で送る葬儀を家族葬と呼ぶのです。

 

ですから、通夜・葬儀の流れは、これまであなたが参列をしたり、経験してきたものと変わりはありません。

 

家族葬のお経をお坊さん便に依頼すると、通夜・葬儀・火葬場の3場面でお勤めをしてもらうことになるのです。

お坊さん便に戒名を依頼

お坊さん便には、全国にある各宗派の僧侶が登録をしているため、葬儀や法要には、あなたの希望する宗派の僧侶に依頼できるのですが、戒名(法名)についても同じことが言えます。

 

ですから、あなたの家の宗派に沿うことができるのです。

 

日本全国で仏教の主要7宗派が手配可能であり、それは、浄土真宗(西・東)、臨済宗、真言宗、曹洞宗、浄土宗、日蓮宗、天台宗などです。

 

そもそも戒名(法名)とは、仏の弟子になった証として授かるものですが、戒名に含まれる文字によって費用が変わってきます。

 

戒名(法名)のランク 料金
院居士・院大姉 200,000円
院日信士・院日信女/院釋・院釋尼 160,000円
居士・大姉/院信士・院信女 60,000円
信士・信女/釋・釋尼 20,000円

 

特に「」です。

 

院号(いんごう)と呼ばれていて、戒名(法名)の中でも格の高さを指し、寺院への貢献や信仰の深さから授けられるものでした。

 

ですが昨今では、希望すればお金で買える時代です。

 

あなたが戒名にこだわりがないのであれば、「信士・信女/釋・釋尼」で良いでしょう。

 

葬儀担当葬儀担当

今後において、戒名のランクが原因で問題が発生することなどないのです。

僧侶を派遣してくれる【お坊さん便】 法事・法要の費用

葬儀を終えてからほどなくして法事・法要が始まります。

 

亡くなられた日から数えて49日目に当たる日が「忌明け法要(きあけほうよう)」になり、その後も1年後、2年後、7年後と法要は続きます。

 

宗派によっては、お彼岸(ひがん)お施餓鬼(せがき)なども年間の法事ごととなるでしょう。

 

ですが、いつ法要をすればよいのか、何を準備すればよいのか迷う時には、専門の相談員が無料で電話相談に応じてくれるお坊さん便は強い味方となります。

 

葬儀のお布施同様、法事・法要の費用も明確な点も安心なのです。

お坊さん便の四十九日法要

お坊さん便に四十九日の法要を依頼する時の費用は、初回でしたら35,000円2回目以降の利用なら45,000円です。

お坊さん便の四十九日法要の費用

お坊さん便 四十九日費用
初回 35,000円
2回目以降 45,000円

 

お坊さん便の四十九日法要の費用に含まれているもの

四十九日法要の費用が35,000円だと聞くと「お経を読んでもらう費用だけ」だと思う方もあるでしょう。

 

ですが、お坊さん便ではお経料だけではないのです。

 

四十九日法要を営む際に35,000円に含まれている内容は次の通りです。

 

  1. 法要のお経料
  2. 僧侶のお車代
  3. 僧侶のお食事代
  4. お仏壇の開眼供養(お仏壇に使い始める時に読まれるお経)
  5. お墓に納骨する時に読まれるお経

 

 

では、僧侶を派遣してくれるお坊さん便以外の寺院で四十九日法要を営んだ場合の費用は、いくらになるのでしょうか。

 

  1. 法要のお経料・・・3万円~5万円
  2. 僧侶のお車代・・・3,000円
  3. 僧侶のお食事代・・・5,000円

 

1~3までを合計すると、38,000円~58,000円になります。

 

新人さん新人さん

えっ?四十九日の法要にも結構な費用がかかるのだと思われて方もあるのではないでしょうか。

 

そうですよね。葬儀のお布施もそうですが、四十九日法要のお布施もわかりずらいことから、二の足を踏んでしまうのです。

 

しかし、お坊さん便ではお車代やお食事代不要です。ですから35,000円だけを考えれば良いのです。

 

新人さん新人さん

ちょっと待ってください!お仏壇や納骨にもお経が必要なんですよね?

 

4.お仏壇の開眼供養(お仏壇に使い始める時に読まれるお経)
5.お墓に納骨する時に読まれるお経

 

そうなんです。四十九日を目安にお仏壇を購入されたり、お墓に納骨をする方が多いことから、四十九日法要の当日に行うことが多いのですが、通常では別に費用がかかります。

 

 

  • お仏壇の開眼供養(仏壇開き)・・・1万円~3万円
  • 納骨する時のお経料・・・1万円~3万円

 

寺院によっても異なりますので、少し幅をもたせて書きましたが、無料でよいと言われる僧侶はかなり少ないイメージをもっています。

 

お坊さん便では、四十九日法要の費用にはじめから含まれているのですから、やはり35,000円を準備すればよいということ。

お坊さん便 初盆・一周忌法要

法事・法要は四十九日法要以降も続きます。

 

命日から1年後には、一周忌法要があり、その翌年には3回忌法要となり、50回忌まで、法要の一覧表(忌日表:きびひょう)には連なっているのです。

 

法事・法要の費用は四十九日法要と同様であり、含まれる項目も同じです。

 

お坊さん便 法事・法要費用
初回 35,000円
2回目以降 45,000円

 

法事・法要の費用に含まれるもの

  1. 法要のお経料
  2. 僧侶のお車代
  3. 僧侶のお食事代
  4. お仏壇の開眼供養(お仏壇に使い始める時に読まれるお経)
  5. お墓に納骨する時に読まれるお経

 

いつのタイミングでお仏壇を購入するのか、お墓を持つのかは人それぞれであることから、その時々に費用が発生しないように考えられています。

 

  浄土真宗のお経をお坊さん便に依頼したら

葬儀の依頼を受けたご当家さんから伺った内容です。

 

こちらの喪主さんは、菩提寺(ぼだいじ:お付き合いがあるお寺さん)がなく、弊社から葬儀の僧侶を紹介し葬儀式に臨まれました。

 

葬儀は無事に終わったものの、紹介した僧侶とは今後の法要でお付き合いをしたくないと言われてしまいました。

 

理由はただ1つ。「僧侶の声」でした。力強いお経ではなく、歌のようにお経を読んでほしかったのだと。

 

こちらの僧侶は、ご希望の宗派であることはもちろんですが、寺院の場所も住職の人柄も、私としては申し分ないと判断したからこそ紹介をしたのですが、声までは眼中にありませんでした。

 

このように、僧侶との出会いもご縁であり、お気に召すのかは本当に難しいのです。

 

ですが、四十九日法要は営みたいとの要望があったため、お坊さん便を利用してみることになったのです。

 

お坊さん便のホームページの一番下には、申し込みフォームがありますが、まずは「資料請求」をして家族で話し合いから始められました。

 

葬儀担当葬儀担当

賢明だと思います。

 

資料の受け取り方法は、メールと郵送の2種類がありますので、どちらにしても手元に資料を持ちながら家族の意見を集約すると良いでしょう。

 

お坊さん便の資料請求はこちら

 

 

新人さん新人さん

そ、それで、ご要望は叶ったのですか?

葬儀担当葬儀担当

お坊さん便も苦労したようですが、お応えできる僧侶が見つかったと教えていただきましたよ。

 

元々は真言宗のご実家であったそうですが、嫁がれて浄土真宗になり、そもそも記憶にあるお経とは違っていたという落ちもありましたが、今後も耳にするお経ですから妥協はできませんよね。

お坊さん便の評判や口コミ

では、実際にお坊さん便を利用した方は、どのような感想をお持ちなのでしょうか。

四十九日法要

こちらは、57歳という若さで他界をされたご主人の四十九日法要でお坊さん便を利用した、東京都のS様の口コミです。

お坊さん便はどのようにお知りになりましたか

最初は葬儀とともに手配いしました。

 

主人の方の菩提寺は名古屋方面にあるためお坊さんに来ていただくことも難しい状況でしたので、お坊さん便にお願いすることにしました。

お坊さんを派遣するということに抵抗はありませんでしたか

私は、お坊さんを派遣するサービスがあると知って「抵抗」という思いよりも、「とても新鮮」に感じました。

 

さすが現代なのだなと。

 

来ていただいたお坊さんは、檀家を持たないお寺さんでした。

 

昨今では、檀家という仕組みも徐々に変わってきていて、お坊さん便のような派遣サービスがあるととても助かると思います。

 

そういう意味で「こんな仕組みがあるのだ」と非常に感心しました。

お坊さん便を実際にご利用いただいた感想はいかがでしょうか

来ていただくお坊さんは、さばさばしていて「ビジネスライク」に進めていく方かと思っていました。

 

読経が終わったらさっさと帰ってしまうとか、法要の度に違うお坊さんが来るとか…。

 

しかし、実際来ていただいたお坊さんはとても素晴らしい方でした。

 

年齢は30代後半から40代位の比較的若いお坊さんで、現代のお話も分かるすごくさばけた感じの方でした。

 

法話も堅苦しいだけはなく、常に悲しみに寄り添われるという印象を持ちました。

 

おかげさまで四十九日法要はとても心に染み入るものになったのです。

法要で印象に残ったことはありますか?

実は法要にあたって悩みを抱えていました。

 

ある時友人から「何事も取り掛かかるのは、故人の四十九日法要が済んでから」と言われたのですが、私は法要の前に、友人と飲食に行ったりしてしまいました。

 

そのことをとても悩んでいました。

 

それをお坊さんにご相談したところ、お坊さんは四十九日法要の意味などを話された上で、

 

昔のようなムラ社会と現代は違ってきている。中にはそのようなことを言う人がいるかもしれないが、まずは生きている人が元気になることが一番。そんなことを気にして引きこもっている必要はない。

 

と、お話しいだただきとても心が軽くなりました。

 

今後の法要も同じお坊さんをお願いしようと思っています。

七回忌法要

こちらは、奥様の七回忌法要でお坊さん便をご利用した、神奈川県のI様の口コミです。

どのようにお坊さん便を知ったのでしょうか。

息子がインターネットでいろいろ調べていたら、お坊さんの派遣サービスがあったらしいです。

 

同様のサービスはいくつかあったらしいですが、料金や内容を比較して「お坊さん便」に決めたと言っていました。

 

これまでお付き合いがあったお坊さんには申し訳ないと思い、七回忌前にお寺に伺って事情を話し丁重にお断りしてきました。

 

菩提寺と檀家の関係でしたら、このような形をとるのが難しかったと思います。その辺はよかったと思います。

インターネットでお坊さんをお願いするのに不安はありませんでしたか。

法要の1週間前に来ていただくお坊さんから直接電話をいただきました。とても感じの良い方で、これならお任せできるなという印象でした。

 

息子は、お坊さん便から送られてきた書類に記載があったお寺の名前や、お坊さんのお名前をインターネットで調べたり、グーグルマップを使ってお寺の位置なども確認していましたが、「しっかりしたお寺で、しっかりしたお坊さんだから安心して大丈夫」と言っていました。

 

私に紹介した手前、心配だったのでしょうね。私は、それほど心配ではなかったのですが。

実際に来られお坊さんはいかがだったでしょうか。

当日は午前11時からの法要だったのですが、20分ほど前に来ていただきました。

 

年齢的には40代半ばの方で、とても優しい感じのお坊さんでした。

 

既に家族全員が揃っていたので、11時少し前に法要を始めていただくことにしました。

 

読経もとてもしっかりしていて、こんな言い方をしたら大変失礼ですが、普通にお坊さんにお願いするのと何らおとらない法要を執り行うことが出来たと思っています。

 

読経、説法も含めて時間的には40分弱ぐらいでしたかね。しっかり供養していただきました。

お坊さん便は3万5千円というパック料金なのですが、この金額はいかがでしょうか。

とても安いと思います。

 

やはり通常お坊さんに法要をお願いすると、お布施のほかに車代やお膳代なども必要です。

 

息子に「本当にこの料金でいいのか?」と聞いたほどです。お坊さんに予定していた金額が低く抑えられたので、その分、家族での食事にお金をかけることができました。

 

妻も喜んでいると思います。

十三回忌法要

こちらは、お母様の13回忌法要でお坊さん便を利用した、茨城県のT様の口コミです。

お坊さん便を利用するまでの経緯

母は取手で亡くなったため、こちらから少し離れたお寺で7回忌法要までやっていただいていました。

 

13回忌法要もそのお寺にお願いしようと命日の約2か月前にお寺に伺ったのですが、既に10月はスケジュールが詰まっていて、さらに11月も命日(命日は11月12日)過ぎの13日以降しか都合がつかないということでした。

 

一方、法要の出席者のスケジュール調整をした結果、結局全員が集まれるのは10月19日しかなく…。

 

このため法要の日程を先に決めてしまいました。

お坊さんの手配に不安はありませんでしたか。

近くにもお寺はありますが宗派が違っていました。

 

父も途方に暮れていましたので、私がすぐにインターネットで検索してみると「お坊さん便」のサービスが出てきたのです。

 

お坊さん便を見るまで「お坊さんの手配」というサービスはまったく知りませんでした。

 

3、4社ありましたかね。その中でもお坊さん便は、まずホームページがとてもしっかり作られていると思いました。

 

もちろん利用者の声もしっかり読ませていただきました。

 

様々な点を考えてご連絡をしたのはお坊さん便だけで、その他には連絡をしていません。

ご連絡いただいた際のスタッフの対応はいかがでしたか。

ご連絡いただいたスタッフの方の対応は非常に良かったです。男性の方でとてもきっちりしていてこれなら信頼できると思いました。

 

前にもお話ししましたが、私どもは「10月19日に法要行う」ということを先に決めていて、場所も茨城です。

 

こちらとしては本当にお坊さんの手配をしていただけるのかと不安だったのですが、窓口の方は「お任せください」と断言されました。

 

その辺も不安を持っていた私たちからみてとても好感を持ちました。

お坊さんの派遣サービスに抵抗はありませんでしたか?

特に抵抗はなく、非常に面白いビジネスだと思いました。

 

親の世代と違って私たちの世代はお寺とお付き合いするということに慣れていません。

 

心付けの金額も明確ではないですし。

 

父は柔軟なのでお坊さんの派遣というのに抵抗はありませんでした。

 

ただ「ネットで頼んで本当にお坊さんが来るか」と思っていたようです。

 

親戚もお坊さん便のようなサービスがあることにとても驚いていました。

来られたお坊さんはいかがだったでしょうか。

私が好感持ったのは良い意味で「ビジネスライクだった」ということです。

 

ビジネスライクと言うと何となく冷たい感じがしますが、約束の時間に来て、着替えて、お経をあげて、説法をいただいて、着替えて帰るという流れに一切の無駄はありませんでした。

サバサバし過ぎているという感じはしませんでしたか。

菩提寺のお坊さんが来る場合は、お経をあげていただく前にお茶を出し、いろいろお話をして、その後法要がスタート。

 

そしてお経が終わったらお食事…という流れになるかと思います。

 

「お坊さんと何かをしゃべらなければいけない」などを考えるととてもストレスを感じます。

 

今回もこのような流れがあった場合、「何をしゃべればいいのか」ということが私も親戚もすごく不安でした。

 

しかし、お坊さん便で来ていただいたお坊さんの動きには一切の無駄がなく、「何か話さなければいけない」ということもありませんでした。

 

良い意味で「ビジネスライク」に法要を進めていただき本当に感謝しています。

特に問題点はありませんでしたか。

お坊さんがこちらに来て着替えるということは想定していなかったので、着替え場所がなくてご迷惑をおかけしてしまいました。

 

事前に着替えの件はお話しいただいておけばよかったかと思います。

3万5千円という料金についてはいかがでしょうか。

とても安いですね。

 

今までは法要のたびに5万円をお支払いしていましたし、そのほか食事代や車代なども。

 

ご提示されていたのは3万5千円だったのですが、父がこれまでの習慣から別に「心付け」を用意してお渡ししようとしたのですが、お坊さんは「決まりなので」ということでご辞退されました。

 

ですから、お支払いしたのは3万5千円のみです。

お坊さんでお悩みになっている方が多いかと思います。何かアドバイスがあればお願いいたします。

法要でのお経をきっちりあげてもらう必要はありますが、どちらかと言えば主眼は「皆さんに集まっていただいて母の話題でひと時を過ごしていただくこと」だと思います。

 

法要にかけられる全体の費用が決まっているのであれば、むしろ私たちとしては、その来ていただく皆さんへの食事などに費用を多く配分したいと考えます。

 

そういう意味では、私たちが考えるような法要を実現できるお坊さん便はとても良いサービスだと思いました。

「お坊さん便」の利用に向いている人

  • お布施代を節約したいがお経は読んでもらいたい人

 

  • お布施の相場がわからないので、料金が明確あることに安心する人

 

  • お寺と付き合う気がないので、その場限りのお坊さんに来てもらいたい人

 

  • 今後、何回か法事・法要の予定がある人

葬儀の日時にあわせて僧侶を手配【お坊さん便】葬儀社も重宝している理由

突然起こりうる可能性が高い葬儀ですが、あなたの希望する葬儀の日程に応じて、僧侶の手配をしてくれます。

 

葬儀担当葬儀担当

通常はどのようにして葬儀日程を段取りするのかご存知ですか?

葬儀日程を決める時のポイントは主に3つあります。

 

  • 希望日する日の火葬場の空き状況
  • 葬儀を行いたい葬儀式場の利用状況
  • 葬儀のお経をお願いする僧侶の都合

 

こちらの3つが決まれば、葬儀全体の8割が計画できたと言っても過言ではないのです。

 

それくらい、前もって段取りをすることができない葬儀では重要な項目なのですが、この中に「葬儀のお経をお願いする僧侶の都合」がありますよね。

 

あなたが希望する日時に、火葬場も葬儀式場も空きがあったとしても、僧侶の都合で日にちが変わることも日常的にあり得ます。

 

ですから、日程を決めてから僧侶の依頼ができる「お坊さん便」は、葬儀社にとってもありがたい存在なのです。

 

葬儀担当葬儀担当

突然の日程に対応できるように、多くの僧侶が登録しているということですね。

 

まずは資料請求がお勧め

どのようなことも慎重を期すことが大切です。

 

葬儀担当葬儀担当

葬儀も法要も1度しかない営みですから。

 

お坊さん便のホームページからWEBで簡単に資料請求ができます。

 

お坊さん便の資料請求はこちらからどうぞ