火葬と葬儀の順番は一部地域において違います。これに伴い、お葬式の流れや日数、日程も変わってくるのです。

 

葬儀担当葬儀担当

葬儀・告別式を終えてから火葬を行うのが当たり前と思っている方も多いかもしれません。

 

先に火葬をして、収骨後に葬儀を行うことは「前火葬」と呼ばれています。

 

前火葬とはどのような流れになるのか、また、火葬場での所要時間についても解説します。

 

火葬と葬儀の順番は地域によって違う?お葬式の流れや日数日程を解説


日本の葬儀では、祭壇の前にご遺体を安置して、お通夜、葬儀・告別式を行い、その後に出棺、火葬となるのが一般的な順番として捉えられています。

 

しかし、場合によっては、お葬式の前に火葬を行い、祭壇の上にお骨を置いてお葬式をすることがあります。

 

これは、「前火葬・骨葬」とも呼ばれているのですが、この骨葬は、特別なことではなく、一部地域によっては、一般的な流れとなっているところもあります。

前火葬と後火葬の違い

東北や北海道の一部地域では、葬儀によりも先に火葬を行う「前火葬」があります。

 

  • 納棺の儀→出棺→火葬→通夜→葬儀
  • 納棺の儀→通夜→出棺→火葬→葬儀

 

このように、2つのパターンあるのですが、どちらにしても葬儀の前に火葬を行うことから、一般的な火葬の順番とは違います。

 

こちらの地域では、基本的に、宗教・宗派に関わらず、火葬をしてからのお通夜、葬儀となります。

 

このため、知らせを受けてから遠方よりすぐに駆けつけても、葬儀まで数日間滞在しなければならないこともあるのです。

 

火葬から葬儀までに最低3日を要するでしょう。

 

また、葬儀にあわせて予定を組む場合は、事前に火葬の日取りを知らせることが重要です。

 

葬儀において、火葬が先に行われることをご存知ない方のみえますので、火葬を終えた後では、最後の対面ができずに後悔が残ってもいけませんから。

 

新人さん新人さん

なぜ、葬儀の前に火葬が行われるようになったのですか?

 

そうですね。諸説ありますが、戦前には衛生環境面を配慮したためですとか、また戦中では、人々が集う集会を禁じたため、葬儀を簡素化したのだとも言われています。

 

葬儀は地域に根付いた形式で今も行われているのです。

 

葬儀担当葬儀担当

昨日の葬儀後に、ある会葬者の方から、「葬儀屋さん、香典の領収証をくれないのか?」と尋ねられ・・・

 

いえいえ、香典は葬儀社ではなくて、喪主様が受け取るものですのでと説明をすると、喪主様からの助け舟がありました。

 

この方は北海道のご出身で、香典には領収証が付くのが当たり前のことだと教えて下さいました。

 

ところ変わればですが、風習は重んじるべきです。

 

 

そして、「後火葬」では、言葉の通り、葬儀後に火葬をすることを指します。

 

納棺の儀→通夜→葬儀→出棺→火葬。

 

このような流れですが、前火葬であっても、後火葬であっても、火葬場においての流れは共通する部分が多いでしょう。

 

続いて、火葬場についてです。

出棺後の火葬の流れと所要時間

火葬の時間はどこの火葬場(斎場)でも決まっているため、守らなくてはならない時間ですから、出棺時間はここから逆算をされます。

 

告別式を終えて、霊柩車に喪主様が同乗され、その他の遺族、親族の車の手配が済み次第ご出棺の運びとなるのです。

 

人数が多ければマイクロバスが手配してあったり、また、自家用車で向かう方もあるでしょう。これらの供車もそろうことで、出棺が整います。

 

火葬に同行するのは家族や親族のみが一般的ではありますが、火葬場との併設式場でのお式であったり、また、故人と特に親しい関係にあったご友人も同行されるケースも見受けます。

 

程なくして火葬場(斎場)へ到着しますと、火葬場の職員さんの手により、お柩を専用台への載せ替え、火葬炉前の告別室へと移動をします。

 

この告別室では、最後にお顔を見ることができるところと、できないところがありますが、希望によりお線香を手向けることが叶うかもしれません。

 

導師が同行をした際には、勤行を読むところでもあります。

 

そして、お柩は火葬炉の中へと移動し扉が閉じられ、火葬が始まるのです。

 

これよりは、各火葬場によっても異なりますが、約1時間~2時間程度の待ち時間となるのですが、時間帯によっては、精進落としなどの食事を振る舞うこともあるでしょう。

 

そして火葬が終わると、職員さんから連絡が入るため、喪主を先頭に遺族、親族揃って、収骨室へ向かいます。

 

収骨(骨上げ)は火葬場の職員さんの指示に従い喪主より行いますが、用意をされた骨壺の大きさによって、収骨ができる量がかわります。

 

骨壺の底には足の部分を収め順に頭までを積み上げます。

 

最後に喉仏(のどぼとけ)を収めるのですが、宗派によっては別のお舎利箱を利用することもあるでしょう。

 

葬儀担当葬儀担当

喉仏(のどぼとけ)と呼ばれている骨ですが、実は、喉仏ではなくて、背骨の第二頚椎(だいにけいつい)なのですよ。

新人さん新人さん

女性に喉仏はありませんものね。

 

ご収骨を終えられますと、再度式場に戻られて、初七日法要をされる方もあれば、この場で散会をされる方もあります。

 

「前火葬」をされた方であれば、この後、葬儀が始まります。

 

出棺をされ、火葬場で滞在する時間は約2~3時間なのです。

 

地域の風習に詳しく、細かな気遣いができる葬儀担当者に出会っていただきたい。

 

参考:葬儀社の選び方探し方!葬儀屋のおすすめポイント決め方は7つ

まとめ


葬儀前に火葬をする地域もあれば、火葬後に葬儀する地域もあることがおわかりいただけましたでしょうか。

 

どちらの形であれ、亡き人を送る気持ちに変わりはなく、風土に従い送ることが、供養にもなるでしょう。

 

あなたの地域の風習と火葬の順番が異なる場合には戸惑いがあることでしょう。

 

そんな時には、葬儀社のスタッフに遠慮なく聞いてください。

 

新人さん新人さん

私が、葬儀の流れを個別にお伝えしますから。