火葬のみ時の香典は金額に悩みます。身内ならいくらくらいが相場なのか、やはり服装は喪服がマナーなのかと、いくつもの疑問が湧いくるでしょう。

 

直葬とは、ごく一部の親しい人だけで火葬のみを行うお葬式のことを言います。 最近では直葬を選ぶ人の割合が増えているため、直葬での香典マナーは知っておきたいですよね。

 

葬儀担当葬儀担当

直葬ですと香典を辞退される喪主さんも増えていますよ。

また、はっきりと香典は辞退をすると聞かされていない場合や、火葬場で香典を渡すタイミングなど、葬儀の時のように場所が整ってはいませんので、こちらも判断が難しいところです。

 

新人さん新人さん

そうなんですよ~。お身内様だけではなくて、ご友人や会社関係の方がお見えになると、私に聞かれることがありますから。

また、普段のスーツ姿でよいのか、礼服なのかも前もって尋ねられることが多いため、今から、わかりやすく解説します。

火葬のみ時の香典金額 身内の相場や服装は喪服か平服か


火葬のみを行う葬儀の形があります。こちらの場合ですと、時間に限りがあるため、喪主からの意思表示がはっきりしないと火葬当日に慌てることになります。

 

とは言え、聞きずらいこともありますので、ある程度を想定して準備をしておくと良いでしょう。

直葬の香典有無と金額の相場

最近の傾向としては、香典を受け取る・受け取らないは喪主の判断に委ねられていますが、香典を辞退される方が増えています。

 

これは、気遣いをいただくことへの遠慮や、後々の香典返しといったわずらわしさからでしょう。もともと、香典を受け取らない地域もありますし、親族関係においてお付き合いで変わってくことです。

 

事前に喪主から香典辞退という連絡があった場合は、無理矢理渡すことは避けたほうが良いでしょう。

 

前もって連絡が無い場合、香典は故人様への供養に使っていただきたいとするものなので、準備だけはしておくと安心ですね。ただし、渡そうとした際に断られた場合は、さっと引いてカバンにしまいましょう。

 

身内に不幸があり、親族の中でもどなたが香典を出すものなのか、お身内の方でも香典を出す方、出さない方があるのはご存知ですか?基本的には身内と称される方々を2つに分けて考えます。

 

喪主を務める家族(夫や妻、未婚の子供のように喪主と戸籍が同じ場合)を遺族と言います。

 

こちらのご遺族の方は香典を出しません。しかし、あなたが嫁がれたり、結婚をしていて家庭を持っている場合には別世帯と考えられるので、香典は必要になります。

 

喪主と同一世帯でない方は、香典を持参しても良いということ。

 

香典の金額相場なのですが、故人様と関係が深い方ほど金額も高くなります。

 

故人様があなたの祖父母であった場合:1万円

故人様があなたの両親であった場合:5~10万円

故人様があなたの兄弟姉妹であった場合:1~5万円

 

こちらの金額は一般的な相場ですので、これまでのお付き合いと同等な金額にされることをお勧めします。

 

直葬で香典を渡すタイミング

では、香典をいつ渡せばよいのか、渡すタイミングも時間に追われるような気持になりますが、そのようなことはありません。

 

もし、お身内の方でしたら、前日にご自宅へ出向ける方もあるでしょう。故人様のお顔を見るためにも伺われたタイミングで香典を渡せば良いのです。

 

最近では、葬儀社の安置室で過ごされる方もありますが、こちらの場合ですと、喪主様が葬儀社の安置室にいるタイミングであれば、香典を渡していただけます。しかし、喪主をはじめとするご遺族が、どなたも席を外されている時間ですと、葬儀社では香典を預かることはしませんので、明日の火葬当日までそのままお持ち下さい。

 

 

では、火葬当日はどのような動きになるのでしょうか。

 

火葬場の火葬時間はあらかじめ決まっておりますので、親族の方には直接火葬場に集合していただく場合があります。時間は厳守なのですが、あまり早く到着をされても、待ち時間が長くなるかもしれません。

 

霊柩車をと共に喪主様とご遺族が到着をされますが、到着直後から、火葬許可証の確認やお柩の移動と火葬へ向けての準備が着々と進みますので、まだこの場では香典を持ったままでいて下さい。

 

火葬炉前の告別室で最後のお別れを済ませ火葬炉へ。この後は、約1~2時間ほど骨上げまでお待ちいただく時間になりますので、皆さんで待合室、又は火葬場のロビーへ腰をおろされた時。

 

このタイミングで香典を差し出してみてください。

 

そして、少人数であっても一般の方やご友人が火葬場へお見えになることがあります。この場合も、霊柩車が到着してから、一連のお別れが済み、喪主様が待合室でホッとされるまでは、香典を手渡すことはやめましょう。

 

葬儀担当葬儀担当

喪主さんの顔を見つけると、つい渡したくなる気持ちはわかります。

 

ですが直葬では、火葬炉前のこの最後の時間を本当に大切にしたいのです。

 

直葬は喪服か平服か

直葬は、ほとんどが家族のみで行う事も多くそこまで服装を気にする必要はありません。必ずしも喪服である必要はありませんが、派手な服装は避けて黒っぽい服装を着用するようにしましょう。

 

ダークなスーツに黒のネクタイをされても良いでしょう。女性の方でしたらリクルートスーツのような方もいらっしゃいますよ。火葬場という普段は来ることのない特別な場所ですので、目立たない服装を心がけてください。

 

参考:直葬にお経や戒名は必要?納骨や散骨まで考える直葬の選べる3プラン

まとめ

 

  • 火葬のみを行う直葬の時には、喪主の意向で香典を辞退するケースもある。
  • 喪主がから香典辞退を言われたら、無理強いはしないこと。
  • 親族の香典額は、関係の深さから高くなるが、香典相場を参考にすること。
  • 直葬の場合香典を渡すタイミングは、前日、もしくは当日火葬炉から出てきてからである。
  • 火葬場での服装は、喪服またはダークな色の服装に心がけること。

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


冠婚葬祭ランキング