遺体搬送を県外にで、さらに長距離だと気になるのは、その方法と搬送料金です。

 

元気だった家族が、遠い出張先や旅行先で事故や急病などで突然亡くなってしまった、などということは、あってはいけませんが。起こらないとは限りません。まずは「自宅に連れて帰りたい」と思っても、

 

 

新人さん新人さん

どのような方法があるのか?いくらかかるのか?

 

これから、遺体搬送を考えているあなたに、落ち着いてもらえるように、わかりやすく話します。

 

遺体搬送が県外や長距離になる場合の料金


遺体搬送が県外や長距離になる場合、搬送業者を探さなくてはなりません。

 

遺体の搬送を事業として行えるのは、貨物自動車運送事業法に基づき、国土交通大臣から一般貨物自動車運送事業の許可を受けた事業者に限られています。

 

そのため、遺体搬送を行うには葬儀社または遺体搬送を専門とした会社に依頼する必要があります。

 

国から許可された運送業者として、霊柩車または寝台車には緑ナンバーの装着が義務付けられています。

 

要するに、遺体搬送をしてお金をもらってもいいのは、国からの許可がある緑ナンバーの車であること。白ナンバーの自動車が遺体を搬送することは法律違反です。

 

 

では、タクシーも同じように緑ナンバーを装着していますが、遺体は法律によって人ではなく物(貨物)として規定されているため、旅客自動車運送事業の許可があっても遺体を搬送することはできないのです。

 

一方、身内の遺体を自家用車で運ぶことについては、法律違反ではありません。しかし、注意する点が2つあります。

 

  • 必ず医師から渡された「死亡診断書」を携帯すること。
  • 安定性や安全性を考慮すること。

 

距離にもよりますが、ドライアイスが必要な場合があります。

 

搬送距離ごとの料金

どのようにして、搬送料金を決めているのかというと、この、搬送業者の事業所がある地点から、遺体を搬送する先までをトータルで距離換算しますので、遺体に近い場所にある葬儀社、または搬送専門会社に搬送を依頼するのが望ましい。

 

葬儀担当葬儀担当

搬送業者の事業所から、遺体の場所までが遠ければ遠いほど、料金が上乗せされていまうということ。

 

遺体の搬送料金は、許可事業のため、それぞれの会社で届け出を行い、その額が適用されていますが、こちらがその概算です。

 

東京から、水戸や前橋、熱海くらいまでが概ね100㎞

料金:4万円~5万円。

 

200㎞だと約8万円。300㎞だと約10万円。

 

東京から、仙台、名古屋までが概ね400㎞

料金:11万円~12万円。

 

東京から、盛岡、大阪までが概ね500㎞

料金:15万円~16万円。

※500㎞を超えると、交代のドライバーが必要になるため追加費用あり。

 

これらの距離は、搬送業者もグーグルマップを使って、実際の走行距離から導き出します。

 

このように、長距離搬送の場合、ドライバーが2名必要になったりすると、その分人件費の追加料金も発生しまし、さらに、夜間や深夜、早朝など依頼する時間帯によっても割り増し料金が適用されることがあります。

 

必要なもの

この他にも、必要なものがあります。

 

高速道路などの有料道路の料金、フェリーなどの運賃は実費

 

  • 防水シート
  • 白布団
  • ドライアイス
  • 必要に応じて棺

 

これらの4項目についての料金は、約4万円~6万円が目安です。

 

飛行機も考えてみる

陸路か空路かと悩む場合の目安は、遺体搬送距離が500㎞を超える場合です。

 

空輸の方が料金を抑えられる傾向にありまが、空輸となると、実際に空港へお連れする時間指定があったり、そのための梱包方法がありますので、知見のある搬送業者、又は葬儀社に依頼をしなければなりません。

 

東京から北海道、福岡までが、約20万円~25万円。

 

葬儀社と連携する

あなたが、遺体搬送をしてくれる業者を探し、さらには、お住まいに近い葬儀社を探がすのでは、大変、手間がかかることですから、お住まいに近い葬儀社へ長距離搬送の業者探を含めて、葬儀を一括で依頼すること。

 

なぜなら、搬送時間がどれくらい必要で、こちらに到着する時間が何時になるのか搬送を依頼された業者はどこまでを準備してくれているのかなど、結局のところ、搬送業者と、こちらで待機している葬儀社は連絡を取り合うことになるから。

 

だったら、初めから葬儀社に任せてしまった方が、搬送業者探しも、しいては、数件を見積もった中から、安心でお値打ちなところを見つけてもらった方が良いですよね。

 

葬儀担当葬儀担当

決めている葬儀社が、搬送業者探しを断ってくるのなら、その葬儀社に依頼することをやめたほうが賢明です。

 

 

まとめ

  • 遺体搬送できる事業者は国からの許可があり、緑ナンバーであること。
  • タクシーでは、遺体搬送できないこと。
  • 自家用車で搬送する際には「死亡診断書」が必要。
  • 搬送業者は遺体がある場所から近い事業所を選ぶこと。
  • 500㎞を超えるのであれば、空輸にすること。
  • あなたの近所にある葬儀社に搬送業者の手配も依頼すること。

 

参照:病院から遺体搬送を家族が自家用車で行う場合の料金と5つの注意点

 

葬儀担当葬儀担当

いい葬儀は、あなたに代わって、近所にある葬儀社の見積もりを調べてお伝えします。もちろん無料です。