家族葬の費用を比較すると、「同じ家族葬でもこんなに中身が違うの~?」と見えてきます。

 

葬儀費用の平均相場は約200万円と言われている中、家族葬だと割安感はあるけれど、家族葬こそ費用の幅が大きいのは事実です。

 

葬儀担当葬儀担当

だからこそ1社で決めてしまうのはとても危険なのですよ。

 

家族葬の費用を2社で比較してみて、さらにそこから安心でお値打ちな葬儀社を探す方法を解説します。

 

家族葬の費用を比較!葬儀費用の平均相場は?どうしたら安くなる?

家族葬の費用を「小さなお葬式」と「よりそうお葬式」の2社で比較をしてみましょう。

 

こちらの2社は、全国統一価格の家族葬を紹介しているサイトです。葬儀費用の透明化を図り、どこの地域であっても葬儀費用が変わらず行えることをアピールしている会社です。

 

葬式費用の相場は約200万円

 

新人さん新人さん

葬儀費用の相場がは200万円もするのですか?

 

こちらの費用は「日本消費者協会」が定期的に発表している金額なのですよ。

 

ですが、こちらの金額は、葬儀社へ支払う請求額だけではないのです。葬式代と呼ばれているものは主に3つ。

 

  • 葬儀に必要な品目を揃えた「葬儀の基本費用」
  • 参列者をもてなすための「飲食接待費・返礼品」
  • お坊さんへお経のお礼をする「お布施」

 

これらを全て含めた金額の平均相場が約200万円なのだという結果発表なのです。

 

もっと言えば、多くの参列がある「一般葬」から「家族葬」やお通夜を省略して行う「一日葬」。

 

このように、葬儀のカタチも多様化しているにも関わらず、まとめて平均をした相場金額だということ。

 

では、家族葬だけにスポットを当ててみるとどうでしょうか。

 

参考:葬儀代に相場はあるの?家族葬の費用を安くして負担を減らす方法3選

 

家族葬の費用/相場は112万円

エンディングデータバンクの調査によれば、家族葬の費用相場は112万円だと発表しています。

 

この費用の中身も、さきほどの3項目が含まれています。

 

  • 葬儀の基本的な費用
  • 参列者(親族)のおもてなし費用
  • お坊さんのお布施

 

新人さん新人さん

家族葬であってもこちらの3項目は必要なのですね。

 

そうですね、家族葬は規模を縮小化したとはいえ、何かを省略することではないからですよ。

 

家族葬では、多くの人に葬儀日程を知らせないため、「人が少ない葬儀」というイメージがあるでしょう。不特定多数の人が来ないことこそが、費用の削減につながっていると考えて良いのです。

 

 

近年では「葬儀費用をできるだけ抑えたい」「遺族に負担のない小規模な葬儀にしたい」といった考えから、家族葬を選ぶ人が増えているのです。

 

身内だけで行う家族葬であっても、お通夜や葬儀はきちんと行えるのですね。

 

葬儀担当葬儀担当

もちろんですよ!

 

知った方ばかりのお式には、一体感も生まれ温かいお式になることが多いのです。

 

新人さん新人さん

でも、112万円もかかるのですよね?

 

だからこそ、家族葬の費用を比較してみましょう。

 

 

小さなお葬式とよりそうお葬式の家族葬を比較

 

小さなお葬式やよりそうお葬式とは、葬儀社を紹介するサイトです。特徴としては、

 

  • 独自で葬儀プランや価格を決めている。
  • 葬儀を自社で行うのではなく、全国の提携している葬儀社へ施行を依頼する。
  • 依頼を受けた葬儀社が直接遺族と話をして葬儀の段取りをする。

 

このような仕組みは、葬儀費用が明確であること、遺族が地元の葬儀社を探さなくても良いことから近年、事業を伸ばしているのです。

 

この形態の葬儀費用を比較するとこのようになります。

 

よりそうお葬式 小さなお葬式
家族葬費用 438,000 488,000
搬送車
ドライアイス
ご安置料金
枕飾り一式
役所手続き代行
お棺・布団
納棺
仏衣一式
移動車
式場料金 〇上限5万円 〇上限10万円
遺影写真
白木位牌
焼香用仏具
受付セット
司会スタッフ
運営スタッフ
正面看板
霊柩車
火葬料金
骨壺
後飾り段
会葬礼状

 

新人さん新人さん

あら?それぞれの家族葬費用は違うのに、内容は同じですか?

 

そう、含まれている品目は同じなのですが、大きく違うとこが1点、式場費です。

 

葬儀担当葬儀担当

高品質な式場を望む方は、「小さなお葬式」へ依頼し、価格を重視する方は「よりそうお葬式」ということでしょう。

 

家族葬の費用を安くするには

では、家族葬を安く執り行うとしたら?

 

上記の結果では、「よりそうお葬式」を選ぶことになりますね。

 

ですが、あなたの近所にある葬儀社の中に、よりそうお葬式と同じ内容で、さらに安い葬儀社はないのでしょうか。

 

よりそうお葬式の438,000円を目安に探してみる価値はあります。

 

新人さん新人さん

でも、何社も聞いて回るのはちょっと大変ですよ~。

 

そんな方には、あなたに代わって、近所にある葬儀社の見積もりを無料で調べる創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介「いい葬儀」を頼るという方法もあります。

 

最低でも3社の葬儀社も見積もりを手元に集めることができるのです。

 

葬儀担当葬儀担当

ここでは楽をしてください。電話をして希望している家族葬を伝えるだけで見積書が届きますから。

 

家族葬のデメリットとメリットに変えるには?

家族葬のメリットは3つあります。

 

家族葬であれば葬儀費用が抑えられること。一般葬に比べて、祭壇や式場をコンパクトにできますし、参列者が少ないことから、おもてなし費用の削減にもつながります。

 

また、会葬者の多い一般葬では、喪主や遺族が参列者へのあいさつや気配りに追われることでしょう。このような精神的な負担を少なくするのが家族葬です。

 

なによりも、故人との時間を有効に過ごせることが一番のメリットになるのです。限られた時間の中で最後の時間をどのように向き合うのかが重要でしょう。

 

 

ですが、家族葬にはデメリットもあります。

 

家族葬のデメリットといえば、葬儀の取り決めをする時に、「どの範囲まで声を掛けるのか」と悩むことではないでしょうか。

 

家族葬といっても、家族だけと限った事ではありません。故人が生前親しくしていた友人や知人が参列するケースを見受けます。しかし、故人の友人関係者を把握できていないこともあるでしょう。

 

これには、常日頃から、年賀状や暑中お見舞いといったやり取りなどから話すきっかけを作ることが重要で、家族が把握しておくことでかなり前進します。

 

どのような葬儀のカタチを取れば良いのかも見えてくるのです。

 

いい葬儀社の見つけ方


希望する葬儀をできるだけ安く済ませたいと誰しも思うことなのですが、成功に導く方法は一つしかありません。

 

葬儀担当葬儀担当

いい葬儀社を見つけることです。

 

葬儀を依頼した葬儀社に「儀式の段取りや手配」を全て任せてしまうことになるのだから。

 

いい葬儀社とは、あなたの希望を叶えてくれる葬儀社のことなのですが、普段から接することがない葬儀社の見分けは付きませんよね。

 

葬儀社へ一社ごとに電話をして尋ねるのも一つの手ではありますが、時間がかかってしまいます。

 

このよう時は、葬儀社の紹介をしてくれるいい葬儀へ電話をしてください。

 

あなたに代わって、近所にある葬儀社の見積もりを調べてお伝えします。1件だけではなく2~3社は比較をするのに必要でしょう。

 

2~3社の葬儀社の見積もりが電話1本で済ますことができるのですから、利用しない手はないということ。

 

葬儀担当葬儀担当

安心してください、もちろん無料です。

 

どうして、いい葬儀を勧めるのか気になりますよね。理由は簡単です。私が勤務している葬儀社とも取引があるからです。

 

取引があるからといって、忖度(そんたく)しているわけではありません。なぜなら他にも葬儀社の紹介をしている会社があり、付き合いもある中で、やはりいい葬儀を利用することが一番良いと感じているからです。

 

いい葬儀が選ばれている理由は3つ。

 

  • 直接、葬儀社と話をする前に葬儀社の情報をもらえること。
  • あなたの近所にある葬儀社の比較が一度にできること。
  • わからない事や疑問にもすぐに答えてくれること。

 

電話をすると、2~3件の葬儀社の見積もりが届くわけですが、私が勤めている葬儀社もこの中の1社になることがあります。

 

だからと言って、弊社に葬儀依頼が来るとは限りませんが、このような時には「要望が叶う葬儀社が他にあったのだ」と、残念に思う反面、安堵する気持ちもあります。

 

短時間で葬儀社の比較をすることができるこの仕組みは、後悔しないお葬式を行うための始めの一歩なのです。

 


あなたの要望を叶えてくれる葬儀社は、創業33年の経験から間違いのない葬儀社紹介「いい葬儀」で見つかります。

葬儀担当葬儀担当

24時間、いつでも大丈夫ですよ。

まとめ

家族葬の費用を比較すると、葬儀費用の平均相場よりも約80万円も安くなることがわかります。

 

さらに、家族葬と一括りに言っても価格の差はさまざまであることも。

 

家族葬の費用を安くするには、それぞれの価格を比較しなくてはなりませんが、多くの時間や労力を要することでもあります。ですから、一括で数社の見積もりを取り寄せることができるいい葬儀のサイトと利用しない手はないということ。

 

地元の葬儀社の中から、あなたの要望に応えてくれる葬儀社を紹介してくれますので、手続きにも詳しいため安心です。

 

しかも、紹介料は必要ありません。

 

1社で決めてしまってからでは、「あれ?ほかの葬儀屋さんに頼んでいたらいくらになったのかしら」と思っても遅いのです。

 

葬儀担当葬儀担当

葬儀は1回キリ。後戻りはできませんから。

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
にほんブログ村


冠婚葬祭ランキング