喪主は香典をいくら出すものなのか?喪主の妻や喪主の家族も、そして、喪主の兄弟の香典相場も気になるところです。

 

そもそも、葬儀に対して「香典」という仕組みがありますが、この香典とはどのような意味があるのでしょうか?

 

新人さん新人さん

お葬式があると、ご香典を持って行かなくちゃとなりますが、意味って聞かれると・・・?

 

香典とは、

葬儀担当葬儀担当

故人の霊前に供えるもので、お香や花の代わりであること。もう1つは、急な不幸で出費があるということへの、助け合いなのです。

 

この2つを意味していますよ。

 

しかし、葬儀費用への助け合いということになると、葬儀費用を負担する人が、香典を出すのも、いささか腑に落ちないところでですよね。

 

そして、葬儀費用を負担する人が誰なのかで、喪主であっても香典を出すケースがあるようです。どのような場合なのか見ていきましょう。

 

喪主は香典をいくら出すのか?喪主の妻や喪主の家族、兄弟の香典相場


お葬式にかかる費用は、葬儀社へ支払う葬儀代僧侶に渡すお布施が主な支出になるのですが、その他にも、香典、供花、親族の交通費や食事の振る舞いなど、後から計算をすると、以外に出費がかさんでいて驚くことがあるかもしれません。

 

このようなことから、香典は誰が、いくらくらいを包むものなのか知っておくと、心つもりができます。

葬儀には施主と喪主がある

あなたは、「喪主」という言葉に聞き覚えがあっても、「施主(せしゅ)」は聞きなれないのではないでしょうか?

 

施主というのは、「お布施をする主」という名前の通り、葬儀の費用を負担して、運営に当たります。

 

一方、喪主は、原則として跡取り(遺産継承者)または、祭祀継承者がなります。

 

祭祀継承者とは故人の遺骨を仏壇やお墓で管理し遺族を代表して弔問を受ける立場にある人です。古来より喪主は長男が務めることが多いのです。

 

現在では夫や妻が亡くなったときはその配偶者が、配偶者が亡くなっているときは子供、子供がいないときは親、兄弟が喪主を務める場合も増えてきているようです。

 

喪主は、必ずこの人が務めなければならないという約束事は有りませんので、義母の家系で喪主になる方がいないのであれば奥様が喪主となります。

 

現代の葬儀において喪主=施主という認識が一般的ですし、また、葬儀が小規模化しておりますので、このように、分けることが少ないでしょう。

 

このことから、香典を受け取る側、渡す側が誰なのかがわかります。葬儀費用を捻出する方であれば、香典を出すことはしないのです。

 

葬儀費用は誰が負担をするのか

規模の大きな葬儀になると、喪主、施主という分け方もありますが、一般的に葬儀費用は喪主が負担することが多いようです。

 

施主は葬儀費用を負担する人であり、喪主は葬儀を取り仕切る人であるとするならば、

 

例えば、お父様やお母様が高齢で喪主を務めることが出来ないときは、代理で長男又は次男が喪主を務める方場合がありますが、葬儀費用の支払いに関しては、ご両親が負担をするケースもあります。

 

喪主として、役割を果たされたとしても、葬儀費用を負担していない喪主であれば、仮に多少でも香典を出すケースがあります。そうでなければ、喪主の兄弟から不平等さを指摘されることになりかねませんから。

 

但し、施主側から、この場合ですと、お父様やお母様から、故人の預貯金(相続)から葬儀費用を支払うため、お子さん方の香典を辞退されるのであれば従ってください。後に、相続に関係した手続きを進めることになります。

 

故人の遺産で賄える場合は、喪主を含む相続者全員が一度は香典を包んだり、逆に香典は包まなかったりっと、それぞれのご家庭でも考えが違うので、一概には難いところもあります。

 

このようなことから、葬儀費用を負担するのが「喪主」であれば香典は出す必要がありません。加えて、喪主の妻や同一世帯の家族にも同じ事が言えます。

 

ただし、喪主の兄弟姉妹であっても、独立していて生計を別にされている方、又は嫁がれて喪主とは他家になっている方は、喪主に対して香典が必要です。

 

こちらのケースですと、ご両親のどちらかを亡くされた場合になりますので、別生計のお子様方からの香典金額相場は、5~10万円程度です。

 

 

さらに、祭壇にお供えをするお花についてですが、施主=喪主が葬儀の主催者でもあるわけですから、枕花や生花の名札に喪主名を書くことはありません。

 

お柩の一番近くに飾られる枕花であっても、

 

葬儀担当葬儀担当

親族一同

〇〇家一同

このような書き方になるのです。なぜなら、喪主はお供えをいただく側だから。

 

既にお答えにあるように、香典は(故人の為に)葬儀費用の足しにして頂く為に包むものですから、葬儀費用を負担する「喪主」が香典を包む必要はないと考えます。

 

参照:葬儀代は誰が払うのか?親の葬儀費用は長男が10割って?

 

まとめ

 

  • 葬儀には、「施主」と「喪主」があり、葬儀費用を負担する人は香典を出さないこと。
  • 喪主や喪主の妻、同一生計の家族も香典を出さないこと。
  • 喪主や喪主の家族(喪家)以外の親族は相互扶助の意味合いから香典を出しても良いこと。

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


冠婚葬祭ランキング