お経をあげない葬儀はできますか?

 

お坊さんなしの葬式だと、いったいどんな風になるのかイメージすることができなけど・・・」と、女性の方から尋ねられました。

 

お葬式と言えば、お坊さんを呼んでお経を読んでもらうシーンを思い浮かべる方がほとんどでしょう。

 

実際にも、お坊さんを呼ぶ葬儀の方が多いですから。

 

ですが、身内だけでアットホームに送る「家族葬」。自由な形式で故人を送りたい、宗教的な儀式は省きたい方には最適でしょう。

 

葬儀担当葬儀担当

そして、出棺までの時間はゆっくりとお別れをしていただけます。

 

日本では約9割くらいの方が仏式で葬儀をするのですが、天皇や皇族は神道ですしね。

 

新人さん新人さん

宗教の自由は憲法でも保証されています。

 

ですが、1点だけ注意が必要です。

 

あなたのご実家は「菩提寺」とのお付き合いがありますか?そしてお寺の境内にお墓が立っていますか?

 

そうなんです。お経をあげない葬儀だとお坊さんを呼ばないことになりますよね。

 

お墓が菩提寺に境内にある」このような方は、後のもめ事にならないように注意する必要があります。

 

もう少し詳しく見ていきましょう。

 

 

お経をあげない葬儀とは?お坊さんなしの葬式のやり方

お経をあげない葬儀やお坊さんなしの葬式をする時には、菩提寺に配慮することと、家族葬の内容

 

この2点がポイントになります。

 

菩提寺と納骨

菩提寺(ぼだいじ)とは、「長年に渡ってお付き合いのある寺院」または「お墓がある寺院」のことです。

 

寺院というのは、お寺の維持管理を共に支えていく人、つまり、檀家(だんか)さんがいることによって成り立っています。

 

あなたやあなたの実家がその1人である場合、お坊さんを呼ばないで葬儀をすることはトラブルになりかねません。

 

特に、お墓が寺院の境内にあるのかないのが最大のポイントです。

 

そのお墓へ納骨をするためには、「葬儀に来てもらって」「戒名(法名)を授かって」、それから「納骨」の流れになります。

 

どの場面にも僧侶は登場するのが一般的ですから、葬儀のことを知らせないで、納骨だけとなると快く思わない僧侶がほとんどです。

 

菩提寺がある場合は、遠方であっても声をかけ、あなたの考えをはっきりと伝えることから始めてください。

 

お経をあげない葬儀が増えている理由

お経をあげない葬儀が増えているのは、「特に仏教を信仰しているわけではないので、葬式にお寺さんを呼ばなくてもよいのではないか」と考える人が少なくないからです。

 

新人さん新人さん

相談に来てくださった女性もそのような考えのお1人でしたね。

 

ある調査では、「宗教的な葬儀がいい」「宗教儀式はいらない」この2つの意見よりも「こだわらない」と答えた方が50%以上であったとのこと。

 

葬儀を見ていても、菩提寺の住職と喪主さんが、何年ぶりですかね~と、話が始まる場に居合わせることがありますが、お坊さんを呼んで葬儀をされる方であっても、信仰心からではなくて、「葬式には僧侶が付きものだという、昔ながらの習慣」からなのかもしれません。

 

【家族葬】お経なしでもできること

家族葬であり、さらに無宗教葬となると、葬儀の1時間は全てお別れに使うことができます

 

故人の好きだった音楽を流し、耳を傾けながら、故人に対して一人ひとりコメントを述べるのもありですし、中には、ギターやエレクトーン、バイオリンなどを自ら演奏される方もあります。

 

新人さん新人さん

美空ひばりさんの「時の流れのように」を皆さんで歌われた時には、私が泣けました。仕事しなくちゃ~

 

そうでしたね。喪主の弟さんがアコースティックギターで独奏されました。

 

彼は少し長髪で口ひげ、このようないでたちから、雰囲気もかもし出されていたのです。世代でもある「神田川」もお上手でした。

 

お袋には、ギターなんか弾いてないで勉強しろってよく怒られたのに、そのギターで最後は送れて、今は喜んでくれてるよ。きっとね。

 

このように、一つ一つが全ての思い出につながる自由なお葬式ができるのです。

 

他にも、故人の好きだったお花を、お顔の周りに丁寧に飾ったりもしますし、写真のスライドショーを葬儀中に流したり、今では動画へと進化しています。

 

お坊さんを呼ばない葬儀を得意としている葬儀社と出会ってほしい。

 

参考:葬儀社の選び方探し方!葬儀屋のおすすめポイント決め方は7つ

 

【直葬】の後には食事会や偲ぶ会

お寺さんを呼ばない葬儀にはもう1つ「直葬」があります。

 

直葬は出棺までの限られた時間を人目を気にすることなく、自宅や葬儀社のご安置室で過ごすことができるのです。

 

日を改めて、故人との思い出を語らいながらの食事会や友人、知人を招いての偲ぶ会も、規模の大きいものからこじんまりしたものまで催されるようになっています。

 

お身内だけの「語る会」という名目の食事会でも良いと考えます。

 

まとめ

お経をあげない葬儀は、読経はもちろん、焼香といった宗教的な儀式はなく、決まりきった流れも存在しません。葬儀内容は家族や親族、そして葬儀担当者と相談しながら決めていきましょう。

 

無宗教の葬儀はプロの司会者に任せれば大丈夫だよ」と、言われる方もありますが、仏式のお式とはまるで進行が違うから、弊社の敏腕司会者、Mさんでも緊張するって言いますけどね・・・

 

 

そして、菩提寺にお墓がある場合には、寺院とあなたとの歩み寄りが不可欠です。

 

葬儀担当葬儀担当

せっかく素敵なオリジナル葬儀ができても、納骨でもめるのはもったいない。

 

 

 

ブログランキングに参加しています!記事の内容を気に入っていただけましたら、バナーのクリックで応援をお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 冠婚葬祭へ
にほんブログ村


冠婚葬祭ランキング